CL初の連覇


白組、ユーヴェを蹴散らし連覇達成
最後の方だけ見ましたが、その時点で白組の圧倒的優勢で結局スコア同様に完勝という感じでした。
白組が際立って強かったかというとクラシコは負け越していますし必ずしもそうではなかったと思いますが、一年通じての戦い方がうまかった感じでしたかね。来季はベイルあたりをうまく使ってくるのかもという気はします。

ブッフォンはまだ一年続けるとは思いますけれど、もう一度決勝まで戻ってくることができるでしょうか。

巨人が10連敗
開幕当初はチーム打率1割台とかマリーンズが悲惨極まりない状態でしたが、回復してきた頃に巨人がドツボにはまってしまったようで。
菅野が滅多打ち…というか、毎回のようにイーグルスに打たれた試合あたりから歯車が決定的に変わってしまったような感じはあります。火曜日は菅野だと思いますが、ここで止めないといよいよやばそうな感はありますかね。
とはいえ、それでもスワよりは上にいるわけですけどね。高橋監督が批判されまくっておりますが、スワはチーム打率も防御率も巨人よりいいのにより下の順位にいるわけで、そういう点では高橋監督は可哀想な気もします(苦笑)


清宮君が高校通算100本塁打
というか、すごい勢いで練習試合重ねてる感がありますね。
早実がすごいペースで試合をしているのか、あるいは実際として有力校はこのくらい試合をしているのだけど彼のように話題にならないだけなのかがちょっと気になるところです。

日本人で一塁メインとなると中々出番がない…という声もありますが、ぶっちゃけスワは畠山の代わりがいないわけですし、巨人にしても阿部の次に苦しんでいたりということで下位チームならポジションはありそうな気配もあります。
まあ、下位チームが育てられるのかとか、そもそもプロに進むのかという話もありますし、まだまだ先のことを話すのは早そうではありますけれど。

ハイペースな5月(2017高温選手権)


5月が終わりましたが、今年はかなりハイペースに争いとなっております。

1.館林(群馬)  18p ☆1 ◇6 ◆1(5月) ★35.3
2.津和野(島根) 10p ☆1
3.日田(大分)  1p
3.所野(沖縄)  1p
3.竹田(大分)  1p
3.新津(新潟)  1p

館林が早くも猛暑日を達成したうえに、津和野も30日に35度に到達。5月の首位は独走ポイントに加えて、32.5度以上の1pを2回積み重ねた館林のものとなりました。津和野は時々ポンと出てきて1位をゲットすることのある地点ではありますが、始まったばかりとはいえ2位につけるのは初。山陰勢も条件さえそろえばかなり来ますが、津和野がその先鋒となれるでしょうか。

2013年から5月スタートとなりましたが、5月の段階で2地点が猛暑日を達成したのは初めてのことです。
もちろん5月の暑さと7月以降の暑さには関連性はないですが、ちょっと憂鬱にもなってきます(笑)
せめて夜だけでも涼しくあってほしい。。

あなたの知っている●×人③

ということで、第三弾です。

ガーナ:マイケル・エッシェン
クワメ・ンクルマを差し置いて先に出てきたのは、チェルシーの爆買いの先駆け的な選手でした。

カーボベルデ:ごめんなさい
場所は分かりますがそれが限界で。
アミルカル・カブラルは名前だけは聞いたことがありました。

ガイアナ:ごめんなさい
「確かここで集団自殺したカルト教団(人民寺院)あったよね~」くらいのことしか出てきませんでした(汗)

カザフスタン:アレクサンデル・ヴィノクロフ
ここはサッカー選手よりもヴィノクロフはじめ違う競技の選手が出てくることが多そうです。

カタール:シェイク・マンスール
シティを超富豪チームにしたオーナーがいの一番に出てきました。

カナダ:ウェイン・グレツキー
ウィンタースポーツの強い地域ですので、ここもサッカー以外の選手の方が知名度高いかもしれません。私の場合はNHL選手でした。多分彼とかルミューくらいしか知らない(笑)

ガボン:ピエール・エメリク・オーバメヤン
の名前が出てきましたが、本当にガボンの人かどうか自信がなく、念のため確認することになりました。

カメルーン:サミュエル・エトー
カメルーンを代表するサッカー選手となれば、とりあえずエトーになりそうです。

ガンビア:ヤヒア・ジャメ
と言っても名前が出てきたわけではなく「確か国庫持ち逃げした大統領がいたよね」という程度でした。
その国の名前聞かれて、「国庫持ち逃げした人いたよね」というのも何ともその国の人達にとっては失礼な話ではありますが(汗)

カンボジア:ノロドム・シハヌーク
この人かポル・ポトあたりがまず出てくる人ということになるでしょうか。歴史好きならスールヤヴァルマン2世とかかもしれませんけれど。

ギニア:ごめんなさい
Wikipediaにも著名なギニア人として2人の名前しかありませんでした。。

ギニアビサウ:ごめんなさい
国の名前は知っている程度でした。。

キプロス:ミハイル・コンスタンティノー
それなりに歴史もある地域ですが、個人名としてはサッカー選手しか出てきませんでした。

キューバ:フィデル・カストロ
ここはこの人か野球選手かになりそうです。

アフリカの政治家となると数名を除いてほとんど目に触れる機会もないですし、サッカー選手の方が多くなりがちであります。

白鵬、38度目の優勝


白鵬が38度目も全勝優勝

既に優勝は決めていましたが、千秋楽も日馬富士との競った取り組を制して全勝で38度目の優勝を決めました。12年連続で年1度は優勝しているということでこれもまあ凄いものです。
強さという点では一時期に比べると明らかに落ちていますが、ここしばらくは序盤をうまくごまかしつつ中盤以降ペースアップという形で優勝をもぎ取っている感はあります。この辺は自分の型にこだわる他の関取衆とはやはり違う感はありますかね。
とりあえず来場所は1047勝という最多勝利数がかかっているようですが、これはさすがに突破しそうです。優勝40は今場所のように行けば簡単に達成できそうではありますが、順当なら優勝という時代ではなくなったのでタイミングを逃すと苦しいかもしれません。

来場所は稀勢の里が戻ってきて、高安も大関になる等より熾烈な争いを期待したいものです。


U20は決勝トーナメント進出
試合を見始めたのが前半10分でその時点でイタリアが2点取っていて、「おいおい」という感じでしたが、そこからの展開は日本がほぼ支配しておりました。特に後半はほぼ一方的で、イタリアはチャンスらしいチャンスも一度か二度くらいしかなかったイメージです。なので欲を言えばもう少し点を取りたいところではありましたが、そこら辺も日本らしいといえばそうなのかもしれません。

しかし、2-2になった終盤に「このまま両方決勝トーナメントに行こうぜ」という暗黙の合意ができたのはいいのですが、もう少し最後まで頑張って試合しているよ的な風にはならなかったものなんですかね(笑)
特にイタリアはユーロでスウェーデンとデンマークが2-2で勝ちあがった時には「恥ずべきことだ」とか言っていたわけですし(コラ)


1勝対10勝
今年の巨人は完全にカープにカモにされていて、今日も負けて巨人から見るとこんな対戦成績になりました。
歴史的に強いチームですので、巨人にこのくらいカモにされるチームとかは時折見かけるような気もしますが(特に関東の青系ユニフォームの2チーム)、その逆というのは中々ない気がしますね。


事件の映画化


昨日新宿駅の地下街を歩いていたら、ボストンマラソンでのテロ事件についての映画の広告が出ていました。
調べてみたら昨年の映画だったようですが、3年前の事件についての映画を作るというのはすごいな~と思うと同時に、「逆に日本ってこういう感じの映画はあまりないな~。というか、できないか」とも思いました。

例えば、『オウム』とかいう映画を作ったりしようものなら、かつてオウムだった組織からも、おそらく被害者からも大クレームが来そうです。宗教絡みがやばすぎるということで『秋葉原の史上最悪の一日』みたいなものを作ってもこれまた大変なことになりそうです。
もっとも、大分昔に起きた三億円事件とか阿部定事件などに関してはそういうのを取り上げた映画があったと記憶しておりますので、そういうものを映画にする意欲が全くないというわけでもなさそうで、やはり関係者の記憶が生々しい状態で取り上げるというのは問題だという認識なのだろうと思います。
考えてみれば私も以前やっていた世界史ワールドカップに関して近現代は関係者もいるのでなるべく取り上げないようにするみたいなことを言っていました。

なので、リアルに存在するであろう他人の不幸のことはあまり考えずに映画などにしてしまうというのはどうだろうと思う部分はありますが、反面、出獄した犯人が手記を書いてそれが大ヒットしたりして犯人が儲けてしまうというような事態もありえます。
また、世田谷事件など犯人が捕まらないまま時間が経った事件について取り上げる時に「風化が怖い」というような話もよく見かけるところ。
アメリカのようにバンバンエンタメにしてしまうのもやりすぎな気もしますが、全く手をつけないというのもそれはそれで問題なのかもしれません。

リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる