大谷、最後は4番で完封


先週から咳が酷い状態が続いておりまして、中々のんびりする暇はありませんでしたが、今日は少し時間があったので大谷の日本ラスト登板を見ていました。4番というのもありましたしね。

打つ方でも決勝点につながるヒットを打つ等しましたが、投げる方が圧巻で途中までは「うわ、これはどこも打てないわ」みたいな感じの代物。終盤はさすがにバテが来たのと、あとは完封を意識してしまったか力んだりするシーンもありましたが、ピンチらしいピンチもないまま完封してしまいました。
う~ん、昨年の1番ピッチャーでホームラン打った時もありましたし、今回の4番ピッチャーといい、新しい刺激を与えることで更に上のレベルに上がっていくんですかね。で、もう日本ではこれ以上上を望むというのは無理そうな感じです。こういうのを感じたのは他はイチローとダルビッシュくらいですかね。

まあ、その一方で戦力外などの話も出てきていて、今回はスワでは竹下、ドラゴンズでは野村とつい最近指名されたばかりの1巡選手が戦力外となるような話が出てきています。話題性という点では京大出身の田中もそうでしょうか。東大の宮台投手が指名されそうということで、東大京大の投げ合いとかあるのかな~と思ったりしましたが、そうはいきませんでした。

入れ替わりが激しい世界だな~ということを改めて感じさせられます。

凱旋門賞その他


今、気づいたのですが、最後にトラックバック受けたのは2年以上前でした。
かなりマイペースになったのと、ニュース系のブログが少なくなった(他のSNSに流れたっぽい?)ことなどが影響したのでしょうか。
まあ、今更トラックバック受けたいとかそういうわけでもないですけれど。

閑話休題。
今しがた凱旋門賞を見ていたのですが、本命だったエネイブルが普通に勝ちました。それほど競馬を見るわけではないので包囲網とかはよく分からなかったのですが、最後ポーンと出てそのまま逃げ切りで注文通りだった感はありましたかね。

サトノダイヤモンドは若干期待も低いという感があったようですけれど、あまり見せ場もなく終わった感があったのは残念でしたかね。

遂にワースト記録
残念というと、スワローズはチームワーストの95敗目を喫しました。記録を出した時に比べるとシーズン試合数が増えているとはいえ、今年に関しては連敗記録ばかりて騒がれていて、ワースト記録にふさわしいシーズンだったといえるのかもしれません。ここから来年どう手をつけていくのか正直見当もつかない感じです(泣)


リーガで最後の試合?
カタルーニャの独立投票の影響でバルセロナが無観客試合をすることになったのだそうで。
実際に独立まで行くというのはさすがにないと思いますが、万一ということはありえるわけで、それが起きた場合にはリーガにきちんと所属している試合としては最後になるのかもしれないと考えると中々シビアです。

2017高温選手権都道府県別回想③


今夏の振り返りも今回が最後です。

鳥取(最優秀地点:鳥取16p 30位タイ)
西日本優勢でしたが、鳥取はやや乗り遅れてしまった感もありまして鳥取にしろ米子にしろ思ったほどには点を伸ばせずでした。

島根(最優秀地点:益田18p 21位タイ)
例年は鳥取の陰に隠れることが多く、たまに津和野がポイントを稼ぐ的なのが島根の立ち位置でしたが、今年は台風の影響もあって益田が年間最高39.3度を記録。そのまま県内トップも確保しました。

岡山
西日本優勢の中で、岡山はまさかのノーポイント。全体的な気温は高めながら高梁が中堅的な位置でいる以外には勝てる地点が少ないというのがあるようです。

広島(最優秀地点:大竹6p)
岡山と同じく広島もバランス良く高いのですが、最高気温で突き抜けた地点はなく例年苦労する印象。
今年も県全体として振るいませんでした。

山口(最優秀地点:萩13p 41位タイ)
同じく山口も最高気温という点では突き抜けた感がないのですが、今年は萩や山口を中心に健闘しておりました。特に萩は38度以上も記録して飛躍のシーズンとなりました。

香川(最優秀地点:財田13p 41位タイ)
高松も最低気温の高さでは定評がありますが、最高気温というと財田がちらほら出ることがある程度というイメージ。
今夏は高松もランキング入りしましたが、県内トップはやはり財田でした。

徳島
意外なことに徳島がノーポイントでした。
ただま、地点でいうと木頭以外は中々出てこない印象で、やむをえない結果でしょうか。今夏は南の方が強かったですが、日和佐や海陽は途中経過でも出てくることがなく得意パターンはやや違うようです。

愛媛(最優秀地点:御荘10p 55位タイ)
愛媛は高知に御荘がくっつくパターンと、新居浜が四国山脈フェーンで勝つパターンの二つがイメージされますが、今夏は新居浜は完全不発。御荘がトップでした。

高知(最優秀地点:江川崎116p 1位)
今夏地点別。都道府県別で二冠を達成した高知。江川崎は二度目の戴冠となりましたが、40度超え連発でボーナス稼ぎまくりの2013年と異なり今夏は堅実にポイントを拾っていっての勝利でした。中村も5位に入り、勝つ時は勝つ高知佐賀や、高知、須崎なども地味にポイントを稼いでおりました。

福岡(最優秀地点:久留米42p 6位)
毎年確実に中位には入るものの、特定のエースがいないという不思議な県が福岡。
ここ二年久留米が強かったですが、前原、飯塚、朝倉、大宰府あたりと持ち回りしているようなイメージもあります。

大分(最優秀地点:日田101p 3位)
昨年は二冠だった大分でしたが、連覇はならず。日田は豪雨に猛暑と大変な一年でしたが、ここ二年上位に入っていた犬飼が少しおとなしめだったのが順位に響いた印象。ただし、日田・犬飼以外の地点も頻繁に顔を出すなど県としてはより活発だった印象もありました。

佐賀(最優秀地点:嬉野34p 8位)
地点が多くないので九州でもあまり存在感を見せない佐賀ですが、今夏は中盤嬉野が奮闘し、そこに佐賀が加わって例年よりは健闘を見せました。

長崎(最優秀地点:大村20p 18位タイ)
近くに海ばかりで伸び切らないことの多い長崎も九州では地味な部類ですが、今夏は大村が予想外に躍進。佐世保も加わるなど西日本優位の風に乗った印象がありました。

宮崎(最優秀地点:宮崎32p 9位タイ)
南国優位なら宮崎も黙っていません。今夏も都道府県別で3位に入りました。
ただ、過去確実にポイントを稼いでくれた西米良が移転もあって沈黙してしまい、今夏はたまたま宮崎がキャプテンの意地を見せましたが今後は赤江頼みになっていきそうです。

熊本(最優秀地点:岱明30p 11位)
昨年は菊池・岱明・熊本が上位躍進を果たしましたが、さすがに2年連続同じパターンとはいきませんでした。
それでも都道府県別で6位。目立たないけど堅実に戦ってきます。

鹿児島(最優秀地点:喜界島17p 28位タイ)
地味に稼ぐ名瀬か、鹿児島や川内あたりが一、二回、ランキングに入って稼ぐかというのが鹿児島の例年の戦いぶりでしたが、今年は肝付前田が出てきたりと意外な地点が目立ちました。その最たるものが県内トップだった喜界島でしょうか。9月10日くらいでポイント追加をやめたので実際にはもう少しポイントを稼いでいたかもしれません(笑)

沖縄(最優秀地点:石垣島8p)
32.5度以上1p制はほぼ沖縄のためのルールな感もありますが(笑)、今夏は石垣島が100年ぶりかに地点最高記録を塗り替えたり一度も聞いたことがなかった宮城島が入ってきたりと通常ルールでも健闘しておりました。
このあたりの海水温などは上がっているようで、来年以降も伏兵的に出てくるということは多そうです。

以上、ざっと見てきましたが、今夏は東日本が完全に沈黙してしまい、ただ西日本も際立って強かったわけではなく、ややもすると地味だった感はありました。都道府県トップは高知でしたが、ポイント200は記録をきちんととりはじめた2013年以降で一番低い記録で2013年の江川崎の209pにも及ばない状態でした。
もっとも、だからこそランキング自体は白熱したとも言えるのも事実です。

来年はどんな夏の姿になりますかね。

皆で反対すれば怖くない?


ベアーズはWeek3でようやく初勝利をおさめました。
サタデーナイトだったジャガーズも初勝利をおさめましたが、如何せん試合をやってくれません(苦笑)

ダゾーンとかGAMEPASSではやっていますが、ガッツリ見られるほどの時間はないしプレーオフまで行けばBSでも見られるしどうしたものかというのはあります。

ただ、今週のNFLはそんな試合以上に「国歌斉唱に選手たちが異を唱える姿勢を見せた」というのが話題になりました。国歌というよりもトランプ大統領の偉そうな姿勢への反発という感が大きいようで、この辺りは何か教育委員会の偉い衆に従うのが気に入らん的な日本の教員の態度とも何となくかぶるところはあります。最初にケイパーニックがやり始めた時には「また大胆なことを」と思ったりしましたが、今や先端を走った的な評価もあるようで何でも最初に始めてみるということは大きな意義があるようです。

トランプ大統領への反発はNBAにもあるようで、ウォリアーズとかステフ・カリーとは表敬訪問を巡ってトラブルを起こして結局取りやめになりましたし、レブロンも言いたい放題な感じなのだとか。
となってくるとMLBあたりがどうなってくるかというのは気になってくるところですね。これからプレーオフを迎えるわけですし。

ドジャースあたりは非常にトランプに反抗的なところにありますから、ダルビッシュや前田もこれまでにない経験ができたりするのかもしれませんね。いいのか悪いのかは分かりませんが。

2017高温選手権都道府県別回想②


9月も20日を過ぎるとすっかり秋になってしまいました。2013年は10月に35度が出たりしましたが、中々そういうのはなさそうです。

さて、それでは今回は北信越から関西にかけて。

新潟(最優秀地点:三条・大潟11p 50位タイ)
広さと日本海フェーンの影響で強い年はとても強い新潟ですが、今年は山陰の方が強かったため、出番はほとんどありませんでした。
例年は中条とか新津が目立ちますが、今年は三条と大潟がトップでした。

富山(最優秀地点:富山18p 21位タイ)
新潟と比べると前半は比較的姿を見せていた富山。ただ、中盤以降は埋没してしまいました。

石川(最優秀地点:かほく16p 30位タイ)
石川というとほぼ小松と金沢のツートップですが、今年はどちらも冴えない出来になってしまいました。
代わりに大いに存在感を示したのが独身税でも騒がせたかほく。台風の影響で39.1度という年間2位の高記録を叩きだしました。

福井(最優秀地点:美浜2p)
冴えなかった東日本勢を象徴するのがこの福井でしょうか。例年は小浜、美浜といったあたりが時々38度前後の高温を出してくるのですが、今年はさっぱり。順位がないのは、最近になって離島勢のポイントをつけていないため、正確な順位が分からないためです(爆)

山梨(最優秀地点:甲府18p 21位タイ)
東日本が苦しい中で、山梨県は比較的善戦していた、ような気はします。途中まで上位にいる日がちらほらとはありましたので。
しかし、最強クラスのツートップ甲府・勝沼がそれぞれ20pに満たないというのはやはり厳しいという他ありませんでした。

長野(最優秀地点:南信濃4p)
長野で一番高温になりやすいのは南信濃で、今年も南信濃が県内1位ではありましたが、僅か4p。しかも、それが唯一のポイントでした。

静岡(最優秀地点:静岡29p 12位)
静岡で強いのは西部にある佐久間、天竜で、たまに川根本町が出てくる。あとは清水が年に1回くらい勝つ、というイメージでしたが、今年に関しては県庁所在地静岡が奮戦。2位に1.3度差をつけ38度を叩きだす怒涛の強さで東日本では館林に続く2位でした。

愛知(最優秀地点:豊田6p 94位タイ)
中部地方が強い日に下手すると多治見を食うこともあるのが愛知のエース豊田。
でしたが、今年に関しては中部が勝つ展開が一度もなかったと言っても過言ではなく、全く存在感を見せることはありませんでした。

岐阜(最優秀地点:多治見38p 7位)
多治見を筆頭に揖斐川、美濃、美濃加茂と38度をガンガン出してきても不思議ではない地点を擁する岐阜ですが、今年は他と同様にさっぱり。7月の段階では多治見はまだ頑張っていましたが、8月は僅か4pと完全に失速してしまいました。
ただ、それでもこれだけ不利な条件の中で多治見は全体7位。苦しい時こそ強い地点は真価を発揮するのかもしれません。館林と比較したら大分控えめですが(笑)

三重(最優秀地点:熊野新鹿18p 21位タイ)
中部が勝つ条件というより、台風などが来た時に尾鷲などが勝つというパターンが多い三重ですが、今年も若干中心はズレども似たような展開となりました。県内一位は熊野新鹿。例年はほとんど出てこない紀伊長島も二度ランクインしました。

滋賀
東近江以外にポイントをあげたことのないのが滋賀。今年はその東近江が沈黙してしまったので、西日本では唯一ノーポイントの県となってしまいました。

京都(最優秀地点:京都17p 28位タイ)
例年京都と京田辺が強い京都でしたが、今年は福知山、宮津あたりも存在感を発揮。逆に従来のツートップはイマイチでした。例年20位前後にいますが、今年はこの順位ですからね。

奈良(最優秀地点:上北山2p)
盆地なのにイマイチ存在感が薄いのは県の狭さゆえか。好調西日本の中で奈良も乗り遅れてしまいました。
まあ、奈良がたまに出るのと、上北山がたまに出るくらいですから、それほど不思議でない結果だったともいえるのかもしれませんが。

大阪(最優秀地点:大阪18p 21位タイ)
豊中、堺、枚方、大阪が満遍なく点を稼ぐことのできるのが大阪。どちらかというと豊中が一番になることが多いですが、今年は大阪がキャプテンの意地を見せました。

和歌山(最優秀地点:新宮27p 14位)
40度地点かつらぎを擁するとはいえ、どちらかというと地味なことが多い和歌山。
しかし、今年は終盤になって新宮がポイントを伸ばしてきました。南が有利な状況になれば、新宮にもチャンスが出てくるようです。

兵庫(最優秀地点:豊岡75p 4位)
2012年以来となる強さを見せつけた豊岡。地点別4位というのは立派というよりほかありません。
しかし、県としては全ポイントが豊岡によるものでワンマン体制を打破するには至りませんでした。

リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる