FC2ブログ

カタールは強かった


カタールの選手の帰化内容に不備があったかもしれないという点についてまだしばらくかかるでしょうから、このアジアカップの王者になる可能性はまだあるのかもしれません。
決勝が終わりましたがタイトルをあきらめるにはまだ早いです(爆)

試合については完敗でした。
まず日本は何となくイランに完勝して優勝できる気分になっていたところもあったようにも思えました。吉田が「油断を律することができなかった」とコメントしていたそうですが、何といいますか、前日会見自体も油断があったんじゃないかなぁと。
「フェアプレーで行こうぜ」と呼びかけること自体は悪くないのですが、これ、例えば韓国やイランが決勝の相手だった場合にも言ったのかなぁと。相手を選んでコメントしているというのならちょっといただけないことになってしまいますね。

一方カタールは上位二チームからなる編成だということは聞いていましたが、確かにしっかり組織されていました。スピードもありましたし、日本に油断がなくても簡単に勝てる相手ではなさそうでした。

その二チームの一つに中島が移籍することになりそうですが、これ、カタールの戦略から通してみると結構大きなことなのかもしれませんね。日本のエースの実力をまとまった期間間近で見ることはカタールの選手達に大いにプラスになるでしょうから。
そういうことも踏まえて本気で取りに行っていたのかもという気がしてきます。
中島にとっても、そうした国家戦略も入ったプロジェクトの中でプレーができるという点で有意義な部分もあるでしょうし、日本が普通にカタールに負けたという点も鑑みれば、下手なプレミア・ブンデスのチームに行くより遥かにいいのかもしれませんね。年俸もいいみたいですし。

ちょっと話がそれてしまいましたが、大会前に書いたように、この大会は優勝できるに越したことはないですが、タイトルが絶対でもないと思っていましたし、それなりに相手に研究されたりする中で決勝まで進めたことはよかったのではないかと思います。
個人としても吉田のパートナーとして富安に使えるメドがたったという点でも有意義だったんじゃないですかね。


香川はベジクタシュに移籍
結局かねてからラブコールを向けられていたらしいトルコの名門に移籍することになりました。
本人としては色々思うところもあるでしょうけれど、「入れてください」で入団するより、求められていく方が有意義だとは思いますし、気を取り直して頑張ってほしいものです。

大迫復帰でイランに快勝


アジア最強と目されていたイランとの準決勝。
私が見ていた前半は0-0でしたが、後半大迫が爆発して終わってみれば3-0の圧勝でした。
大体イランとは接戦になる、という予想は見事に外れてしまいましたね(苦笑)

まあ、前半にしても点を取れなかったというのはありますが、別にダメだからというわけではないように思いましたし、少なくとも批判されるような戦いぶりではなかったですね。
もちろん大迫が復帰したということが大きかったのだろうとは思いますが、スカウティングの真剣度が違ったような感じもしました。イランはやりたいプレーがどんどんできなくなってどんどんフラストレーションを貯めていったんでしょうね。見てないですが、ベトナムについては軽く見ているということはないのでしょうけれど、代表の試合くらいの分析で全員を所属チームまで追って徹底分析とかそこまでは行かなかったんじゃないかと思います。
ただ、イランに勝てたのは大きいですが準決勝で満足しきるには早いのも確か。もう一度気を引き締めて決勝に向かってもらいたいものです。

イランはカルロス・ケイロス監督が退任するということで、負けたこと以上にこちらの方がショックが大きいかもしれません。
何だかんだでイランはそれなりに強いですが、しっかりまとめられる監督ともなるとそうはいないでしょうし。

中島はカタールに移籍?
スポーツ報知にアル・ドゥハイルへの移籍が決定的だという話が。
いかんせん報知なのでどこまで信用したものかは分かりませんが他の記事見ていたら欧州のチームは移籍金20億前後という話が出ていてアルドゥハルが44億円出すとなるとクラブ側としてはそちらに出したいというのはありますかね。
24歳という年齢はこれからビッグリーグに挑戦するには微妙ですし、より若手がいる場合には優先順位が下がる可能性もあります。
失敗してドサ周りとなる可能性を考慮したら早いうちに高い年俸出してくれる方に行くというのは堅実な考えではあります。やりたいようにプレーできるでしょうしね。

まあ、あくまでそうなる可能性があるということですが。

全豪、大相撲初場所


大坂なおみ、全豪も制する
決勝戦の第一セットだけ見ていましたが、パワーで押す大坂と技術で対応するクヴィトヴァという印象でした。二度ほどブレークされそうなピンチがありましたがそこを何とかキープするのが強さなのでしょうね。ここ数年群雄割拠なイメージがありましたが、全米に続いて制覇ということで一つ抜け出すチャンスが出てきたかもしれませんね。

男子はジョコヴィッチが制覇して、一強時代到来かというようなタイトルもありました。
ただ、元々圧倒的に強かったのが一時期調子落として四強みたいになっていたところもありますので、第二時代というような感じなのかもしれませんね。


玉鷲が優勝、貴景勝は大関を逃す
稀勢の里引退後、何だかんだ白鵬が行くのかなぁと思っていたら途中三連敗からの休場。白鵬もさすがにきつくなってきましたかね…というあたりからここ二年は逆襲しているので三度目があることも期待したいところではありますが。

そんな中気づいたら一番前にいたのが玉鷲。結局終盤しっかりと取り切って初優勝となりました。
玉鷲っていつの間にか上位にいて、で、白鵬や朝青龍その他みたいに華々しく活躍って感じでもなく、エピソード自体も少ないので番付で何となく見ているはずなのですが、二年くらい前までモンゴルの人だということを知りませんでした(笑)

ここに来て世代交代という話も出てきていますが、彼らが出てくる前までは玉鷲も十分大関候補なわけでして、少し遅くなりましたが花が開いたというところでしょうか。

新世代というと期待された貴景勝は最後豪栄道に一気に出されて11勝。現状だと大きなケガでもしなければそのうち上がるとは思いますので、一回見送るというのはいいんじゃないですかね。

今場所は怪我人も大勢出たということで「体重増で怪我人が増えているのではないか」というような話も見ました。
もちろんそれもあると思いますが競技力が上がっているのもあるんじゃないですかね。関取より小さい人しかいない野球やサッカーも毎年バカバカ怪我人が出ているわけで体重はそこまで関係ないような気がします。
今まで競技の特殊性故にそこまでする必要性のなかったのがそうでもなくなってきたので増えているんじゃないですかね。そもそもあれだけ大きな人が沢山いますが平均競技年数は野球の投手よりは長いでしょうし。

ただ、怪我人がそれほど出ないことを前提にあまり多くない人数にしているわけなので、場所が成り立たなくなってくるとそれこそ野球の投手みたいに毎年何十人と取る必要が出てくるのかもしれません。あ、もちろん場所数を減らすとかいう方法もあるはありますが、今それをやることは多分なさそうなので(苦笑)
新弟子の人数は毎年一ケタくらいと聞いておりまして、こちらが今後飛躍的に増えることがなさそうということは外国人力士への門戸拡大ということになるのでしょうか。


イラン戦は総力戦
相手もそう思っていそうですが、逆に言うとお互い勝った場合に決勝へろへろという可能性も(苦笑)

その間隙を縫ってカタールが優勝し、シャビさんが「アジア王者のカタールを語ーる」となるのかもしれません(寒)

プレミアでまたも航空事故


関東は今週末にかなり強い寒波が来るらしいとか。気を付けたいものです。

移籍直後に航空事故
リーグアンのナントでプレーするエミリアーノ・サラについては、ハリルホジッチ監督が「冬に放出したら辞めるぞ」とチームに要請していたという話を先週くらいに見ていました。
その次に見たのが今回の事故ということで、最初は「レスターの件があったのに飛行機の整備とかしてなかったのか」と驚きましたがどうも本人が「自分で行く」と選んだみたいですね。時々、「本来事故を起こした飛行機に乗るはずだったけど何かのきっかけで乗らずに九死に一生を得た」という話を見ますが、その逆版ということでしょうか。

何とも残念ではあります。

日本はベスト4に
サウジアラビア、ベトナムにそれぞれ辛勝したというような話で、中島がいないとは言っても真剣勝負の舞台になるとそうそう簡単には行かないということでしょうね。
サウジに完全にボールを支配される等パッとしない勝ち方については何とも言いづらいですが、ワールドカップになると相手を支配してガンガン攻めまくるというのが難しいのも事実。アジアだけで華麗な勝ちを目指すよりかは重心低めのやり方になれておくというのは一つあるのかもしれません。
次はイランということで、イランは大体日本戦の前で凄い試合をすることが多く「うわこれは勝てんわ」と思わされます(カリミとか最初見た時はとても止められる気がしなかった)が、実際に試合となると接戦になることが多い印象があります。

今回もイランは中国に圧勝したということですが、おそらくは一点を争う胃が痛い試合になりそうです。

第二シード同士の対戦に


カンファレンス・チャンピオンシップはどちらも凄い試合になりました。
私はラムズとセインツの試合の途中で起きて見始めて、4Q途中でラムズが1ydまで進みながらFGに終わった時に正直セインツが勝んじゃないかと思って出勤しました。着いたらオーバータイムの末にラムズが勝っていて「おぉー」と。

AFCのチーフスとペイトリオッツは逆にパッツが序盤から点を取っていたようで、twitterでチラチラ見つつ、「経験の差でパッツかな~」と思っていたらチーフスも後半追い上げていきついには逆転。そこから二転三転しつつもOTに行ってパッツが勝利。

ベアーズが負けた時には「マホームズとブリーズを見たいな~」と思っていましたが、残念ながらどちらもスーパーには到達することはありませんでした。というか、パッツはここに来て3年連続スーパーに出ていてちょうどその前くらいから「いい加減ブレイディも衰えてくるのかなぁ」と思っていたのですが、これまたとんだ見込み違いでありました。凄いですねー。

さて、スーパーですが、どちらも特に応援しているということはないのですが、経験ではパッツが上で戦力ではラムズが少し上って感じでしょうかね。もちろんガーリーがどのくらいまで戻っているかというのはありますが。
最近はかなり白熱したゲームになっているので、そういう流れになるのか。はたまた、意外とあっさり決着がついてしまうのか。

ただ、休みを取って観戦するつもりなのでできれば面白いゲームになってほしいですね。
プロフィール

川の果て

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる