The greatest Super Bowl


まず最初に言うこととしまして、この試合をライヴで見られたのは非常に素晴らしいことでした。
一昨年のラグビーワールドカップのニュージーランド戦を見逃したのがここ数年最大の失態でしたが、この試合のために午前を休みにしたのは最大の成功だったと言っていいかと思います。

仮に何か不慮の事態で近々にあの世に行ったとして、閻魔大王に「おまえはあの試合を見たからもう死んでもいいだろう」と言われたら、「まあ、確かにあれを見たのだから死んでもそんなに悔いはないか」と納得できるかもしれないくらいのゲームでありました。

続きを読む

寒冷四天王


何の気なく気象庁サイトを見ていて、ふと気になって月別の暑さ寒さの記録というものを調べてみました。
で、暑さについては中々バラエティに飛んでいる形で、
1月名瀬、2月石垣島、3月名瀬、4月米子、5月秩父、6月熊谷、7月山形、8月江川崎、9月熊谷、10月糸魚川、11月那覇、12月西表島(南鳥島は除く)
となっています。沖縄、日本海側、北関東という印象ですが、地点が散らばっています。

寒さの方はというと、かなり偏っていて、
1月旭川、2月旭川、3月帯広、4月帯広、5月沼川、6月根室、7月根室、8月沼川、9月帯広、10月帯広、11月旭川、12月帯広(富士山は除く)
と、旭川、帯広、根室、沼川の4地点で月別トップを独占。
最近の傾向では陸別が一番寒いというのはありますが、記録だけ見ると寒冷四天王という感じになるのでしょうか。
ただしこれらの記録は大抵が大分昔のもので当時は陸別や幌加内といった現在の強豪(?)は未参戦でした。当時これらの地点にアメダスがあればもっとすごいことになっていたのかもしれません。

それにしても帯広がここまで寒いというのはちょっと予想外でした。
むしろ北海道が暑い日に上位をうかがっているイメージが強かったですので。

スーパーボウルウィーク


来週の月曜はいよいよスーパーボウル。
今年もこれだけは観なければいけないということで、月曜午前は休みにしています(笑)

さて、今年はペイトリオッツとファルコンズの試合ということになりますが、どちらの試合もハイライトすら見ていません。それでもペイトリオッツはブレイディとエデルマンが健在なのでどちらかというとペイトリオッツの方が分かるかなと思っていたら、ファルコンズもライアンとジョーンズのコンビ健在でしたのでこちらもメインコンビは分かるようです。
残念なのはグロンコウスキーが負傷離脱しちゃっているのと、ヘスターがカットされてしまっていたことですかね。ヘスターは引退するということでお疲れさまでした。

さて、ド素人のうえにほとんど試合を見ていないわけですので、予想というよりはどちらをより応援するかという方向で見てみます。
とりあえずどちらのチームに対しても特別好印象も悪印象もありません。マニング兄がブイブイ言わせていた時は「マニングよりはブレイディ」というのはありましたが(笑)、もうマニング兄いないし。

ブレイディは勝てば花道を飾れるということで引退するかもしれませんが、前述の通り「マニングよりは」というだけでブレイディ個人を特別応援したい感じでもありません。ならライアンかというと、こちらも特別応援しているわけでもない。
街という点で考えるとボストンはレッドソックスとかもあっていけ好かない場所であるのに対し(コラ)、アトランタは一時期応援していたブレーブスもあるところ。なので、強いて言うならファルコンズの方がちょっと応援しようかなという感じになりそうです。

ただま、どちらが勝ってもいいので面白い試合になってほしいものです。

国民と国家


フランスで日本人留学生が行方不明になっていて、チリ人の男が指名手配されているものの、チリが積極的に捜査をしないという事件が現在進行形で進んでいます。

被害側にいる日本側としては、チリの煮え切らない態度にイライラしているところがあるわけですが、これ、逆の立場だったらどうなるんだろうというのも気になるところです。
日本人がそういう感じで潜伏している場合とか。

この場合、日本政府がどうするかというのは正直分かりませんが、少なくとも世論的には「そんなとんでもない奴は相手に引き渡してしまえ」という風になりそうな気はしますし、仮に政府が「正式な手続きがない以上、日本国民を引き渡すことはしない」と毅然と言った場合にも「日本の恥だから渡してしまえ」みたいな文句が結構出てきそうです。

と言いますか、チリの公的機関の返事などはニュースになっているわけですが、チリの世間はどう考えているのかというのも気になるところではありますね。そもそも知らんというのが多いような気もしますが、仮にアンケートを取った場合に政府や警察と同じく「同国民を理由なく引き渡すなんてナンセンスだ」という矜持を示すことになるのか、「えぇ~、そんなはた迷惑な奴いらないよ」という風になるのか。

そういう国民性がどうなっているのかというのも調べだすと面白いかもと別の方向に考えがいきがちな事件ですが、なるべく早く解決してほしいものです。

適正な契約年数は?


唐突に暖かくなったり、また寒くなったりと中々落ち着かない1月も本日で終わり。
そろそろ今年の夏に向けての準備をしておかないとというところですかね(カーニバルを待つブラジル国民か[笑])。

さて、セビージャに移籍してそんなに悪くないプレーをしている(らしい)日本代表の清武ですが、外国人枠等の問題もあって全く出場機会に恵まれず、移籍の話が出てきております。今年からJリーグも多少お金に余裕が出てきたので、日本復帰の話も出てきているようで。
ただま、移籍金を巡る交渉で苦労しているということで、そのあたりはヴィッセルとポドルスキもそういう話が出ています。

確か数年前に本田圭佑がミランと合意した時にCSKAフロントが移籍金引下げに一切応じずに残ったという話がありました。似たような話はヴィツェルとゼニトの間にもあったようで、この時はロシア側が結構批判されたりもしましたが、まあ何ともいえないところではあります。
もっともヴィツェルは夏にユーヴェに行きたくてもめてたはずなのに中国に行ってしまいましたが(笑)

といいますか、そもそも出場機会の流動性が非常に激しいこの競技において選手の適正な契約年数というのは何年なんだろうというのはあるところです。清武にしても4年契約を結んでいるらしいという話ですが、初挑戦のリーガでこの長期契約はいかがなものなのだろうという疑問はぬぐえないところです。理屈のうえでは4年間出場機会がなくてもそこにいなければならないということにもなるわけですので。
もちろん、ケガも非常に多い競技なので1年契約というのはリスキーというのもありますが、一般にスポーツ選手の契約に言われる「額よりも契約年数」というのが果たしてサッカーとかでもあてはまるのかな~という疑問はどうしても出てきます。

MLBではオプトアウトみたいな契約破棄条項がありますので、そういうものとかをしっかり結んでおかないとというのはあるのでしょうけれど、何だかんだでリーガ初参戦の選手は行けることがまずうれしいのでしょうから、そこらへんしっかり考える機会は少ないのかもしれませんね。
プロフィール

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる