FC2ブログ

レスターの悲劇


レスター会長のウィチャイ・シーワタナプラパー氏のヘリコプターが墜落したというニュースはビックリしましたが、やはりというか当然というか会長本人も搭乗していたようで死亡が発表されました。億万長者の会長のヘリがメンテ不足とかそういうことはまずありえないと思うだけに、競技面だけでなく航空安全という点からもちょっと衝撃的な話でした。

競技面という点では優勝して以降はちょっと燃え尽き症候群のきらいもあったレスターですが、こういう衝撃的な事件を経て、チーム一丸となる可能性も高そうで侮れない存在になってくるかもしれませんね。
中長期的にはキングパワーがどうなるのか、レスターの経営権がどうなるのかという大きな問題は出てきそうではありますが。

ともあれ、R.I.P.

ロペテギは半年ももたず

ノーゴール記録を作ったりと散々だった白組は監督のクビがかかったクラシコでも5-1と惨敗。
ロペテギ監督はあえなく解任となってしまいました。スペイン代表監督を解任されてから半年経たずということでまさに諸行無常といった有様です。
後任監督についてはさしあたり見つからないということでソラーリ氏がやるということですが、ジダンも耐えられずに出て行ったわけですし、ロペテギもあっけなくとなりますと中々なりても少なくなってきそうな感はあります。

もちろん、私なら一日で解任されるとしても引き受けますけどね(爆)

U19、アジアを制す
数年前ならそういう試合は欠かさず見るようにしていたのですが、今やこういう試合を見る時間はほとんどなくなってしまいました。悲しいことです。

ドラフト雑感


プロ野球のドラフト。
上位は見事なほど高校生野手に指名が集中しました。ライオンズ以外全チームが根尾君、小園君、藤原君に行っていましたからね。

で、スワローズは根尾君を外して、上茶谷君を外して、国学院大の清水君を指名。すみません、全然知りませんでした(爆)
国学院大というと先輩の杉浦が故障ばかりしているうちにファイターズにトレードされたというのがありまして、本人と関係のない部分でちょっと不安な部分もあります。コンディショニングに注意して頑張ってほしいものです。
2位以降の選手についても、正直言いますとよく知らない選手が多いので彼らの指名がいいのか悪いのかというのは何とも言えないのですが、とにかく頑張ってほしいものです。

全体としては、高校生の指名が多かったようで、社会人では有力な選手が指名されないというようなケースもあったよう。
パ・リーグは若手を育てるケースが増えてきていますし、巨人も岡本という成功例が出てきたことでちょっと若手回帰というのがあったのかもしれません。即戦力になりそうな選手を複数取ったのは虎くらいかな、というような印象があります。

今年は大物選手が大勢引退していくという寂しいシーズンにもなりましたが、新しく入る選手にはそうした選手達を忘れさせるくらいの活躍を期待したいものですね。

名探偵と国家警察


本日はドラフト会議もあったわけですが…まあ、それは後日機会があればということにしましょう。

本題ですが、昨日たまたま『金田一37歳の事件簿』を買いました。
つい最近までは『金田一少年の事件簿』だったわけですが、どういうわけかいきなり20年経過してしまうというかなり大胆な展開を迎えたこのシリーズ。かつてバンバン殺人犯を挙げまくっていた金田一少年ですが20年経過し、中小の旅行代理店主任として活動中…

…というところで心の中で大きな突っ込みが。

いや、何で金田一君警察に入ってないのよ

犯人検挙率にこれだけ貢献できる人というのはほとんどいませんし、普通に考えたら警察入って当たり前でしょうと。明智警視と剣持警部は何をしていたんだ、と。地方の警察にも彼のこと評価している人は大勢いるわけで、少なくとも誘ったり推薦くらいはすべきものでしょうがと。
もっとも、最初の段階では実は入っていたけれども何かの事件をきっかけに彼が辞めたという考え方も成り立ちえたわけですが、2巻の明智警視のコメントからするともう何か最初から警察という方向性はなかったような話です。

何故だ警察。何故これだけの逸材を放置しておくんだ…。

となりますが、ただ、実際のところ彼は犯人逮捕にはすごい才能があるわけですが、それ以外の成績はというと微妙というか低めという設定になっております。
で、現実世界にこういう人間がいたらどうなるんだろうとなるわけですね。
尚、名探偵というとコナン君もいるわけですが、彼の場合は犯人を解明しても自分の手柄にしないので、警察内部や世間的な評価を得ていない可能性があるので除外しました。

公務員試験というと、とりあえずペーパーがあり、次に論文面接などがあるということのようです(wikipedia参照)。
論文面接…特に面接であれば金田一少年のような人間が来れば点数をある程度操作しても問題はないでしょう。ただ、ペーパー試験の部分で点数が足りないのに上乗せをしてしまうというのは公務員試験においてはかなり問題となりそうです。公務員試験たるもの公平・平等でなければならんということになりそうですし。
金田一少年クラスになると犯人逮捕への貢献から内部の賞を受けている可能性もありそうですが、5点10点くらいならともかく50点くらい離れていると厳しいといえるでしょう。

恐らく、彼が警察官になっていないのは、ストーリー的な伏線もありそうですが試験を通らなければ公務員になれないという部分をクリアできなかったところにあるのではないかと思われます。実際にこういうフィクションの人物がいる可能性は限りなく低いですが、そういう才能が正しく使われない可能性が高いと考えると何とも悲しい話ではありますね(笑)

では、次にコナン君のケースとか、あとは同じフィクションの中で冴羽獠のようなケースはどうなるのでしょうか。

すなわち事件逮捕に非常に高い貢献度を誇る毛利探偵事務所(本人の能力によるものではないけど)とか、シティハンターとしての活動などです。彼らの業務はかなり浮き沈みがありそうで毛利探偵事務所はそれほどでもなさそうですが、シティハンターは時々困窮しております。仮に彼らが餓死してしまったり、別の地域に行ってしまうとそれは警察活動のうえでマイナスになる可能性もあります。
ということで、彼らのような組織に援助金なり補助金をあてることができるのかと。まあ、警察のプライド的にそういうのをやらなさそうというのはありますが(苦笑)、市内でドンパチをやるシティハンターはともかくとして少なくとも毛利探偵事務所には与えても差しさわりはなさそうではあります。

もっともこの場合に世間の目がどうなるかというのはあるかもしれませんね。
一介の私立探偵に補助金を支給していたと分かると世論が黙っていなさそうです。毛利探偵事務所(とコナン君)を知るものからすれば事件逮捕のための必要経費ではあるのですが、中々そう証明するのは難しそうですし、証明できたとしても「それなら警察は何をやっているんだ」という話になりそうです。そもそも普通に考えると捜査情報を一般人に教えるという時点で署長が議会などからつるし上げをくらいかねないわけで、警察としてこういう組織を援助するというのは非常に難しいと言えるのかもしれません。

少し前に山口県の島で行方不明になった二歳児を救出したボランティアの人がいましたが、行方不明の人を探すくらいなら許されても、例えば未解決事件の指揮権をそういう人達に与えたら大変なことになるでしょう。

ということで、真に才能があっても一般的な公務員試験に通らないと警察に入れず、在野ではほとんど関与もできないというのが現実になりそうです。犯罪組織は才能さえあればそこんところは良さそうで、何だかそれだけ見ると犯罪組織の方が警察の上をいくのはそんなに不思議ではないのかもとも思えてきます。

世間に埋もれているそうした才能を何とか掘り出せないかということになりますが、実際にそうした才能を正しく生かすというのは難しそうで、例えば半分やらせみたいなテレビ番組になってしまうのが関の山というところでしょうかね。

と、すごくどうでもいいことを割に真面目に考えるという、昔よくやっていたことを久しぶりにやってみました(笑)

移籍先はどこだ?

このエントリはフィクションであり、実在の団体・人物とは関係ありません。

佐賀県・鳥栖市

小林ゆう三「かつてd-YOUの一角を担っていたのも遠い昔、今はチームの財政状態を心配する一DFさ。というか、マリノスも財政難でここなら大丈夫と思ってやってきたのに…」
権田しゅう一「メインスポンサーがいなくなるときついよ。トーレスだっているのに」
師匠トーレス「おい!」
二人「わっ、何か用か?」
師匠トーレス「面白い話を見たぞ。これがあればチームの財政難を解消できるかもしれない」

場所は一気に変わってイベリア半島。
ホアキン・カパロス「頼む。そこを何とか」
テオ「いいや、売らないね!」
ホアキン・カパロス「畜生。とりつくしまもなしか」
セビージャ幹部A「ショウヤは売らない選手として名高いですからね。それこそ白組とか青赤でないとダメだとか」
ホアキン・カパロス「だが、ショウヤは欲しいんだよなぁ」

???「待ちたまえ君たち」
ホアキン・カパロス「誰だ?」
金崎ムー「私はムー。ポルティモネンセOBであり、神秘を起こす存在」
ホアキン・カパロス「はぁ…」
金崎ムー「ショウヤ・ナカジマは売らない選手として知られているが、私なら買うことができる。私はポルティモネンセOBであり、日本人の先輩で代理人契約を結んでいるからな」
ホアキン・カパロス「何?」
金崎ムー「これでどうだ?」
ホアキン・カパロス「40億…。高い、だが出せない金額ではない」
セビージャ幹部B「手をこまねいている間にもっと活躍したら、本当に白組とかに行きかねませんからね」
セビージャ幹部A「だけどムーは本当にショウヤの代理人なんですかね?」
金崎ムー「そんな疑問もあるだろうと思って、契約書を持ってきた」
セビージャ幹部B「日本語だから全然読めない」
セビージャ幹部A「けど透かしが入っていたりすごく立派なつくりだ。重要な契約に使われそうなものに見えるな」
ホアキン・カパロス「よし。ショウヤと実際に話が出来たら契約することにしよう」

一方、ポルティモネンセでは。
ジャクソン・マルティネス「ショウヤ。国際電話だよ」
中島翔哉「?」
師匠トーレス『やあ、ショウヤ。僕は師匠トーレスだ』
中島翔哉『えっ、師匠トーレス?』
師匠トーレス『実はディエゴから連絡があってね。アトレティコが君を取りたいらしいのだ』
中島翔哉「マジですか?」
師匠トーレス『ああ。ついては直接相談したいからスペインまで来てもらえないだろうか?』
中島翔哉「わ、分かった」

ワンダ・メトロポリターノ
師匠トーレス「こんにちは」
警備員「あ、トーレスさんお久しぶり」
師匠トーレス「彼は僕の知り合いだ」
警備員「あー、どうぞ(どこかで見たような。移籍関係の話かな)」

金崎ムー「では、こちらで」
ホアキン・カパロス「何でワンダ・メトロポリターノで話をするんだ?」
金崎ムー「サンチェス・ピスファンだと色々メディアがうるさいですから」
セビージャ幹部A「それもそうか」

地面師ならぬ人面師も渦巻く(?)移籍の世界。
でも実際、偽代理人とかも結構横行しているんだろうなぁ(コラ)


サウジ、記者死亡を認める


自国大使館で反体制派ジャーナリストのジャマル・カショギ氏が行方不明になった事件で、サウジアラビアが死亡を確認し関係者18人を逮捕したとありました。逮捕というからには殺人も認めたということになるのでしょうね。

恐らく皇太子下の指示で、しかも生きたまま斬首したらしいというような話は何とも恐ろしいですが、一方で工作というには色々ずさんな感もします。
殺害については本人が所持していた時計に録音機能があったということで、それで丸わかりになってしまったという話で時計の機能が凄いと思われる反面、そこらを全く調査しなかったのはうかつな感もあります。また、例えばイタリアのマフィアだと硫酸につけたりとか、日本の暴力団だと完全に細切れして一切身元を分からないようにするとかいう話もありまして、恐らくサウジ大使館ではそういうことはやってなさそう。

これは単純に慎重さや緻密さがないということなのか、あるいは「バレても何とかなるわ」みたいなある種の傲慢さがあったところなのかは気になります。まあ、前者ならいいとかそういうことでもないのですけれど(汗)

アメリカ軍基地もあるわけですし、多少のことなら許される的な部分があったサウジアラビアですが、今回の件は完全無視というのも難しいでしょうし、どのあたりで落としどころをつけるのか、どの程度関係が悪化するのかは気になるところではあります。
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる