裏切り?(J-League series)


このエントリはフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。

中村北斗「久しぶり登場の北斗だよ。いよいよJ2も大詰め。大変な時期にさしかかってきているけど、リラックスも必要だし刺激も受けたいから野球とかフィギュアを見ることにするんだ」
城後寿「…誰に言っているんだ?」
中村北斗「…むっ? こ、これは…何だと!?」
城後寿「どうした?」
中村北斗「急いで横浜に行かなければ!!」

北斗、いきなり駆け出す。
横浜


ボンバーゆうじ「俊さん、月間MVPおめでとうございます」
Y150俊輔「うん? ああ、先月は良かったね」
中村北斗「社長ー!」
Y150俊輔「おや? 北斗。福岡からわざわざ祝いに来てくれたのか?」
中村北斗「そうじゃない! これを見てよ!」
Y150俊輔「これは…今やっている野球のスタメン表?」 

けげんな顔で眺める俊輔、突然目を見開く。

Y150俊輔「!!」

プエルトリコ戦・日本のスタメン
(中)秋山
(右)中村晃
(二)山田
(DH)中村剛也
(左)筒香
(一)中田
(三)松田
(遊)坂本
(捕)中村悠平

Y150俊輔「サッカーより人数が2人少ない野球の日本代表で、中村が3人…」
中村北斗「これはアレだよ、きっと…」

北斗の回想
アナザーナカムラ・ケンゴ「もう私は絶望しました。争いを嫌いなあなあ主義ばかりで過ごしたザック、体脂肪率のことにしか興味のないハリさんみたいな人しか選べない日本サッカー界に…」
小久保監督「サッカーは大変やな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「日本人の小久保監督なら、派閥の結束というものがいかに大切かお分かりでしょう?」
小久保監督「もちろん。俺も大久保、久保と一緒にトリプル・クボーをやりたかったんやが、あれだけ理解のある王さんからも『それだけはやめてくれ』と言われてしまった。派閥を組めん悔しさはよう分かる」
アナザーナカムラ・ケンゴ「サッカー界からも間接的に支援をしますので、どうか有能な中村をそろい踏みさせていただければ」
小久保監督「お安い御用や。そのかわり、デーブ大久保と、久保(康生)さんをうまくコラボで乗せてくれな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「もちろんですとも」
二人「ククククク、アハハハハ、アーッハッハ」


中村北斗「遂に自棄になって、野球界の方に乗りだしてしまったんだ!」
Y150俊輔「今回も完璧に一姓一人制度を踏襲しているからな。せめてじゃない武藤でも呼んでくれれば、まだしも救いがあったのかもしれないが」

ちなみにフィギュアでは男女で村上が出て来ていた。
やはり派閥は重要なのか。

そうであるとしたら、この人は大変そうだ。


五郎丸歩「あちこちから引っ張りだこで仲間を探す時間がない~」

解放の8月?(J-league)


このエントリはフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ありません。


それは日本サッカー界を覆す大ニュースであった。

ボンバーゆうじ「……」
Y150俊輔「どうした? ボンバー…。何ぃぃぃぃ!?」
エジミウソン「いつも冷静なシュンさんがこんなに驚くなんて何が!?」
Y150俊輔「…ちょっと川崎方面に行ってみるか」
ボンバーゆうじ「俺も行こう」
Y150俊輔「おまえは関係あるまい?」
ボンバーゆうじ「関係大いにある。全澤会から澤様が抜けるなんてことがあれば…」
Y150俊輔「そうか」

暴れん坊嘉人「…何てことじゃ。澤様が結婚してしまうとは」
アナザーナカムラ・ケンゴ「…うん? 嘉人。今、何と言いました?」
暴れん坊嘉人「澤様が結婚したらしい」
アナザーナカムラ・ケンゴ「……」
暴れん坊嘉人「むっ? いかん! あまりの衝撃で倒れよった。早く救急車を!」

以下、しばらく治療中。

アナザーナカムラ・ケンゴ「はっ! 私は一体?」
暴れん坊嘉人「おおケンゴウ、気づいたか? おまえが気を失っている間に色々分かってきたで」

暴れん坊嘉人、事情を説明する。


アナザーナカムラ・ケンゴ「なるほど。ベガルタの育成部門の人と…」
暴れん坊嘉人「これでおまえのプランも色々狂うかもしれんな。澤様の威光を借りて中村一家の反撃をしようとしていたこととか」
アナザーナカムラ・ケンゴ「いや、まあ…。それは確かに残念ですが、あの苦しい日々から少しでも負担が軽くなるのであれば…」
暴れん坊嘉人「ほう」
アナザーナカムラ・ケンゴ「神戸と仙台を行き来しているなら、川崎には中々来ないでしょうし、子供でもできれば育児に専念してさすがの澤様も私にあれこれ指図することはなくなるはず」
暴れん坊嘉人「そんなもんかのう?」
アナザーナカムラ・ケンゴ「問題は勢力図ですが、これに関しても澤様は既に『澤様』ということで商標化してしまっている部分もありますので、今後もサッカーネームとしては澤様を使い続ける可能性があるかもしれません。となると、全澤会の名誉会長として君臨しつづけることになるでしょうから、実質組織には大きな影響はないはず」
ボンバーゆうじ「本当か? やったー! 全澤会はなくならずに済む! 全澤会は永遠に不滅です!」
アナザーナカムラ・ケンゴ「うわっ、ボンバー。それに元社長も?」
Y150俊輔「(俺社長譲ったっけな? まあいいか)派閥勢力の当面の見通しは分かった。しかし、多分お前は大きな勘違いをしている」
アナザーナカムラ・ケンゴ「勘違いですか?」
Y150俊輔「澤様に子供が出来た場合…」

生まれてすぐ
澤穂希「子供と公園で仲良く蹴るような家族がいい」

しばらくする
澤穂希「…とはいえ、この子も日本を支配しなければならない子。となるとそれなりの英才教育をほどこさなければ。フィジカルとかの鍛え方はボンバーがいいわね。全澤会を通じて連絡しましょう。技術と戦術の方は…。やはりアレが一番いいか」
澤の旦那辻上さん「そうだね。アレがいいね」


アナザーナカムラ・ケンゴ「待ってください。そのアレって言うのは…?」

一同、「おまえしかいないだろう」と一斉にANKを見る。

アナザーナカムラ・ケンゴ「ひぃぃぃ。アレ扱いならまだケンゴウの方がいいー!」
永遠の⑧風間八宏「その頃には君がフロンターレの監督になっている可能性も高い。ユースから面倒を見れるとなるといい環境かもしれないな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「ひぃぃぃ。真顔で恐ろしいことを言うのは勘弁してください」
永遠の⑧風間八宏「僕も筑波ルートを使ってチームを作っている面があるが、君もそうなると色々言われることになるかもしれん」

アナザーナカムラ・ケンゴ「嫌だー!!」

解放の日々はまだまだ遠い、のかもしれない。

後悔しないために(J-leagueシリーズ)


このシリーズはフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ありません。

ローラ・バセット「えっ?」
ガリーリネカー「あー! 何という恐ろしい得点だ」

イングランド女子代表は終了間際のオウンゴールで敗退してしまった(その後、ドイツに勝って3位になった)。

ローラ・バセット「…もう息もできない。変えられるなら何でもやりたい」
???「ふふふ、そうだろう」
ローラ・バセット「誰?」

ハラスメント・ハラ「名は体を表す! 動くハラスメント製造機! チリ代表ゴンサロ・ハラ!」
吸血鬼スアレス「目の前のことに常に150%! エネルギー補給には吸血が一番! ルイース、スアレース!!」

ローラ・バセット「……」
ハラスメント・ハラ「ローラさんよ。貴方は今後悔しているはずだ。どうしてあんなことになってしまったのだろうと。だが時は戻らない。オウンゴールをなくすことはできないのだ」
ローラ・バセット「あああ…」
吸血鬼スアレス「それは男子も同じだ! 俺達もいつも恐怖している。もし、この目の前のボールをなくしたらどうなるだろう」
ハラスメント・ハラ「もし、カバーニを自由にさせてしまってチリが早期敗退を強いられたらどうしよう。そう思うと、俺はいてもたってもいられなくなるわけだ! 挑発でも浣腸でも何でもやるとも!」
吸血鬼スアレス「その結果としてウルグアイが負けたのは不本意だが、奴の言うことは正しい。目の前にゴールに吸い込まれそうなボールがあるのに、どうして手で止めないなんてことができようか!」
ローラ・バセット「で、でも、結果としてフェアプレー違反で出場停止になったのでは。それにイングランドは発祥の地としてあまり何でもありなことはできないです」
ハラスメント・ハラ「だがライオネス(女獅子)は集団で獲物を狩るし、お腹が減ればハイエナの肉を横取りしたりして手段を選ばんぞ」
吸血鬼スアレス「食べなければいきていけない! 生きることとは勝つこと! 妥協は許されない!」
ハラスメント・ハラ「見よ! ピッチの中では普通にやっている日本にしても」

ハラ、スマホで動画を開く。

長澤和輝「すべてはSAWAのために~!」
ボンバー中澤「すべてはSAWAのために~!」
全澤会メンバー「すべてはSAWAのために~! ぬおおおおおおっ!!」

アナザーナカムラ・ケンゴ「ひぃぃぃ。澤様から祝賀会場の設置を命じられましたが、まだ全然できない」
中村北斗「大変だね」


吸血鬼スアレス「後悔しないために今を全力で生きよ! 若人共! ルールなど知ったものではない!!」
ハラスメント・ハラ「俺は出られなかったが優勝したー! やったー! 頑張った甲斐があったー!」

ローラ・バセット「いや、そんな何でもありってのは…。でも…」

日本サッカーが大躍進する日は近い?(J Leagueシリーズ)

このエントリはフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ありません。

それは突然にやってきた。

FBI職員A「御用だー! 御用だー!」
FBI職員B「お前たち! タイーホする!」

アメリカ司法省とスイス司法省が連携して、FIFA副会長らを逮捕したのである。
この事態に会長選挙が延期されるのではないかという噂も流れたが。


会長JB「この私が会長にならない等あるはずがないだろう」

当然のように選挙は行われ、あっさり再選された。
この愚挙?に欧州は怒った。


アナザーナカムラ・ケンゴ「クククク。これは大変なことになってきましたね」
Y150俊輔「大変というわりには楽しそうだな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「おや、そうですかね。にやにや」
Y150俊輔「サッカー界の政治活動に、あの人が関わっていないはずはない、とでも言いたいのだろう」
アナザーナカムラ・ケンゴ「さすがに会長は誰かさんと違って鋭い」
Y150俊輔「で、どういう絵図なのだ?」
アナザーナカムラ・ケンゴ「クククク。このままFIFAとUEFAが衝突を続けるとしましょう。いや、今後更に活動が強くなっていくものと思われます」
Y150俊輔「そうだな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「全澤会はこの衝突を拡大するように諜報活動を続けていきます」
Y150俊輔「具体的には?」
アナザーナカムラ・ケンゴ「アジアの中立地にエージェントが沢山派遣されております。インドとインドネシアを経験している米澤、カンボジアには深澤、シンガポールには野澤、タイには滝澤と海老澤がいます。彼らのコネを使い、UEFAがいかに金を握っているのか訴えるのです。UEFAとアメリカが組んだ帝国主義がサッカー界を蝕んでいると」
Y150俊輔「何というか20世紀の世界史とかと変わんないわな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「対立が続くとUEFAとFIFAは分裂するでしょう」
Y150俊輔「それを望んでいるのか?」
アナザーナカムラ・ケンゴ「もしUEFAが離脱し…といってもロシアとかは残るでしょうけれど、更にアメリカが政治力にモノを言わせてCONMEBOLを連れて行ったとしましょう。残るのは、アフリカ、アジア、ロシア等の諸国です。この面々なら日本が決勝まで行けたとしても不思議ではありません
Y150俊輔「…というか、このあたりの政治力学が影響すれば、間もなく始まる女子ワールドカップでアメリカや欧州チームが動揺するわけだし、日本は有利だな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「そういうことです。また逆に、日本は経済力ではまだ存在感をアピールできますので、中国ともどもアメリカにくっついてしまうというのも悪くありません。この場合はUEFAとCONMEBOLの中に入ってしまいますので競争力という点では非常に厳しいのですが、金という点で頼りにされるでしょうし、日本の発言力が大幅に上昇することが見込まれます。そこらへんをうまく使えば、そう遠くないうちに大躍進できるでしょう」
Y150俊輔「何故FIFA内部にメスが入ったのが今だったのか、というのが気になっていたが、女子ワールドカップに向けて他国を動揺させたい思惑があったわけか」
アナザーナカムラ・ケンゴ「と同時に女子ワールドカップに目が向いている間に、次の政治情勢を見極め、勝ち馬に乗るための時間が欲しいというのがあります。また、日本で欧州派と米国派が対立しているということは過去に触れましたが、世界ではこの対立が解消されつつあるのに中で争い続けていてはどうにもなりません。そのための交渉の時間を確保できるのも大きいです」
Y150俊輔「…ここからの一年は重要だ」
アナザーナカムラ・ケンゴ「そうです。大いなる成功に向けて、待ったなしの状況といえます」

Y150俊輔「でもおまえさぁ。すっかり中村一家から全澤会の人間になっちゃったよな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「うぐっ…」

ご意見番・ハリさん(J-leagueシリーズ)


このエントリはフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ありません。

最近・日本サッカーには明るい話がない(ということにしておく)。

佐々木監督「澤様外して、なでしこは若返るよ!」

ミスター佐々木のクーデター計画は…


記者A「あらら、デンマークなんかに負けちゃったよ」
記者B「フランス相手にもいいとこなく負けたし」

あっけなく頓挫した。
それだけではない。


ハビエル・アギーレ「八百長なんかやってねー。てか、UAEに勝てなかったのはシュート35本打って1点しか取れんかったのが問題で、監督にはどうしようもねー!」

ハビエル・アギーレもあっけなく解任された。
そうなると意気上がるのがこの男


越後屋セルジオ「全くなってないね! 協会をひっくり返すべきだよ!」
文部省代官「へっへっへ。どんどん批判してくれい。そうすればスポーツ行政が無茶苦茶なのを誤魔化せるからな」
越後屋セルジオ「批判を強めれば庶民が私の本とか買ってくれるし、いいことずくめ」
文部省代官「くっくっく。越後屋、おぬしもワルよのう」
越後屋セルジオ「いやいや、お奉行様には敵いませぬ」
二人「ワッハッハッハッハ」

協会幹部「まずい。このままでは越後屋の好きにされてしまう。どうにかなりませぬか?」
澤穂希「って、あたしワールドカップ行きたいんだけど」
協会幹部「日本サッカーの危機を救ってくれるのは澤様しかいません!」
澤穂希「…つまるところ、越後屋以外にご意見番がいればいいわけよね」
協会幹部「はい」
澤穂希「御意見番といえば、ハリさん」
協会幹部「は? い、いや、しかし、ハリさんはサッカーに対していい思いをもっていないようで、越後屋以上に批判するかもしれません」
澤穂希「そのハリさんじゃないわよ。フランスにハリさんというご意見番にうってつけのがいるわ。あれを監督にしてしまいなさい」
協会幹部「なるほど。前アルジェリア監督のハリルホジッチさんですか。あの人ならオシム・ルートを通じて」
澤穂希「あとのことは沙保里に任せておくから、よろしくね」
人類最強沙保里さん「逃げようとしたらタックルかましておきます」

かくして、蹴球界のご意見番としてハリさんが日本にやってきた。
その来日は劇的な作用をもたらした。


ハリさん「体脂肪率12%以上のが多い! 喝だ! 喝!」

ハリさん「ウズベキスタン相手に罠をしかけた。天晴!」

ハリさん「ノックアウト・ムタの成長は天晴! だけどチェルシーに行ったらすぐレンタルで出番がなくなる可能性がある。チェルシー移籍は喝だ! 喝! 本人と話し合いたい」

最強のご意見番を内に抱え、日本の向かう先はどこにあるのか。
そしてハリさんVSハリさんが実現する日もそう遠くはなさそうである。

プロフィール

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる