東京をスポーツの覇者に・前編(J-League series)


このエントリはフィクションであり、実在の団体・人物とは関係がありません。

2016年。東京都は揺れていた。


栃路益三A(とちじ ますぞうえー。面倒なので以下『とちじますぞえ』と表記[爆])「何ということだ。過去の使い込みがことごとくバレてしまって大変なことになっている」
謎の第三者「こうなっては、過去の使い込み分をすべて公表したうえで、きちんと返金することですな」
とちじますぞえ「無茶を言うな。一体どれだけ使いこんだと思いこんでいるんだ。とてもではないが私の収入の5年や10年で返せる額ではない」
謎の第三者「(こいつは…)ならばいい方法があります」

イタリア・ミラン

ミラノ守シルビオ「昨年はタイ人にふられたが、今年は中華資本で立て直しを図るぞ。愚民どもはわしを横暴と批判するが、金さえあれば、わしの望むままのサッカーで結果はついてくるものよ」
家老アドリアーノ「ですが殿、中国人はあまり信用を守らないと言いますぞ。それに御しにくい。もう少しコントロールしやすいのがいいのではないですか?」
ミラノ守シルビオ「しかし、そんな都合のいい買主がいるかな?」
家老アドリアーノ「実は…」


東京都庁会見室

記者A「重大発表って何だろ?」
記者B「やっぱ辞任かね?」

とちじますぞえ「みなさん。本日東京都はACミラノを買い取ることを決定いたしました」
一同「何ぃー!?」
とちじますぞえ「2020年を控えた東京は、スポーツの都として世界的なビッグクラブをいくつももっていなければならないという結論に達しました。現在、セントルイス・カーディナルズやグリーンベイ・パッカーズ、クルセイダーズ等の実績の割に市場規模の小さなチームに声をかけておりますが、まずはACミラノと契約にこぎつけました」
記者A「し、しかし、地方公共団体が公然と他所の国のスポーツクラブを買収していいものなんですか?」
とちじますぞえ「現状の法体制では何点か乗り越えなければならない壁がありますが、政府与党からは『スポーツ王国日本を確固たるものとするためにそのような方向も一理ありだ』という回答を得ております」
記者B「だからといって、税金を地域のものでもない一チームに使うというのは都民の合意を得られるのでしょうか? 仮にOKだとしても都民はFC東京にいた長友ゆうと選手の所属しているインターミランの方に親近感を抱いているのではないかと思いますが」
とちじますぞえ「出資金についてはもちろん一部は東京都からも出ますが、大半はデンツー等の東京五輪スポンサー、あるいはごもっとも圭佑のスポンサー等から出ます。それでも諸々の問題はありえますが、先ほど言った通りしっかりと法改正をして対応する方向で与野党とも調整を進めております」
記者C「た、大変なことになった」
記者D「早く情報を送らないと」

記者たち、続々と退席。

とちじますぞえ「ついでに私の調査発表もいたします。…(中略)…これら資金については法的に問題ないものではありますが、都民の皆様の不信を受けてもやむをえない類のものであることを認めまして、ただちに返金する次第です」

かくして、東京都はACミラノのオーナーとなった。その買収額は4億ユーロであり、インドネシアのオーナーがインターミランを買収した額より5000万ユーロ高かった。

とちじますぞえ「これにつきましては、欧州に何人かいる代理人や関係カンパニーへのコンサルタント料として支払っております」
記者A「…五輪の時の失敗があるから、あらかじめ発表しておいたわけか」
記者B「にしても、コンサルタントっていい商売よね」
コンサルタントK「あんな謎の代理人達が許されたのだから、私もそろそろ復帰させて(涙)」


とちじますぞえ「フフフ。うまく行った。いくつかのコンサルタント契約の中に、私の関係するペーパーカンパニーを紛れ込ませ、これをケイマン諸島に投資したうえで手元に戻し、返済額に充当しよう。幸い今までこの手のロンダリングをやっていなかったから、パナマ文書に私の名前は記載されていないからな」
謎の第三者「これで解決ですな」
とちじますぞえ「まあ、それでも全額返済にはあと3年分くらい私の収入を充てなければならないのだが」
謎の第三者「どんだけ使いこんでんねん」


後編へ続く。

ヒマラヤソータ「ぞー!? Jリーグシリーズと銘打っているのに選手達の出番が全くないぞー。ごもっとも圭佑と長友ゆうとの名前が出ただけだぞー」
アナザーナカムラ・ケンゴ「それも問題ですが、作者は後編の展開をきちんと考えているんですかね?」

指摘の通り、何も考えておりません(爆)


時代の終焉(J-Leagueシリーズ)


このエントリはフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ありません。

「もしワンバックが男として生まれたら、デサイーやヴィドゥカやイブラヒモビッチよりパワフルだっただろう。いや今でもそのクラスに匹敵するかもしれない」
「ワンバックと対峙して競り合いに3回勝てたら奇跡だね」

各方面からその圧倒的強さをたたえられたアビー・ワンバックだったが、今シーズンをもって引退することになった。
しかし、激震はそれだけではとどまらなかった。


中村北斗「北斗だよ! 僕は今、猛烈に感動している!!」

実況『中村シュートー! 決まったぁー!! 中村のゴールでアビスパ、J1昇格に向け前進しました』
実況『試合終了! 中村北斗のゴールで追いついたアビスパ。規定によりJ1昇格を決めました!』

中村北斗「古巣の昇格に貢献できる。こんな素晴らしいことが他にどれだけあるだろう…」
アナザーナカムラ・ケンゴ「はぁ…」
中村北斗「うわっ! 何で人が喜んでいるのに重い溜息なんかつくんだ」

アナザーナカムラ・ケンゴ「今年の漢字ですか…。『厳』ですかね」
中村北斗「こいつ。僕に喧嘩を売っているのか?」
アナザーナカムラ・ケンゴ「フロンターレはタイトルに絡めませんでしたし、それに何より…」
中村北斗「何より?」
アナザーナカムラ・ケンゴ「あのお方が…」

続きを読む

裏切り?(J-League series)


このエントリはフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません。

中村北斗「久しぶり登場の北斗だよ。いよいよJ2も大詰め。大変な時期にさしかかってきているけど、リラックスも必要だし刺激も受けたいから野球とかフィギュアを見ることにするんだ」
城後寿「…誰に言っているんだ?」
中村北斗「…むっ? こ、これは…何だと!?」
城後寿「どうした?」
中村北斗「急いで横浜に行かなければ!!」

北斗、いきなり駆け出す。
横浜


ボンバーゆうじ「俊さん、月間MVPおめでとうございます」
Y150俊輔「うん? ああ、先月は良かったね」
中村北斗「社長ー!」
Y150俊輔「おや? 北斗。福岡からわざわざ祝いに来てくれたのか?」
中村北斗「そうじゃない! これを見てよ!」
Y150俊輔「これは…今やっている野球のスタメン表?」 

けげんな顔で眺める俊輔、突然目を見開く。

Y150俊輔「!!」

プエルトリコ戦・日本のスタメン
(中)秋山
(右)中村晃
(二)山田
(DH)中村剛也
(左)筒香
(一)中田
(三)松田
(遊)坂本
(捕)中村悠平

Y150俊輔「サッカーより人数が2人少ない野球の日本代表で、中村が3人…」
中村北斗「これはアレだよ、きっと…」

北斗の回想
アナザーナカムラ・ケンゴ「もう私は絶望しました。争いを嫌いなあなあ主義ばかりで過ごしたザック、体脂肪率のことにしか興味のないハリさんみたいな人しか選べない日本サッカー界に…」
小久保監督「サッカーは大変やな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「日本人の小久保監督なら、派閥の結束というものがいかに大切かお分かりでしょう?」
小久保監督「もちろん。俺も大久保、久保と一緒にトリプル・クボーをやりたかったんやが、あれだけ理解のある王さんからも『それだけはやめてくれ』と言われてしまった。派閥を組めん悔しさはよう分かる」
アナザーナカムラ・ケンゴ「サッカー界からも間接的に支援をしますので、どうか有能な中村をそろい踏みさせていただければ」
小久保監督「お安い御用や。そのかわり、デーブ大久保と、久保(康生)さんをうまくコラボで乗せてくれな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「もちろんですとも」
二人「ククククク、アハハハハ、アーッハッハ」


中村北斗「遂に自棄になって、野球界の方に乗りだしてしまったんだ!」
Y150俊輔「今回も完璧に一姓一人制度を踏襲しているからな。せめてじゃない武藤でも呼んでくれれば、まだしも救いがあったのかもしれないが」

ちなみにフィギュアでは男女で村上が出て来ていた。
やはり派閥は重要なのか。

そうであるとしたら、この人は大変そうだ。


五郎丸歩「あちこちから引っ張りだこで仲間を探す時間がない~」

解放の8月?(J-league)


このエントリはフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ありません。


それは日本サッカー界を覆す大ニュースであった。

ボンバーゆうじ「……」
Y150俊輔「どうした? ボンバー…。何ぃぃぃぃ!?」
エジミウソン「いつも冷静なシュンさんがこんなに驚くなんて何が!?」
Y150俊輔「…ちょっと川崎方面に行ってみるか」
ボンバーゆうじ「俺も行こう」
Y150俊輔「おまえは関係あるまい?」
ボンバーゆうじ「関係大いにある。全澤会から澤様が抜けるなんてことがあれば…」
Y150俊輔「そうか」

暴れん坊嘉人「…何てことじゃ。澤様が結婚してしまうとは」
アナザーナカムラ・ケンゴ「…うん? 嘉人。今、何と言いました?」
暴れん坊嘉人「澤様が結婚したらしい」
アナザーナカムラ・ケンゴ「……」
暴れん坊嘉人「むっ? いかん! あまりの衝撃で倒れよった。早く救急車を!」

以下、しばらく治療中。

アナザーナカムラ・ケンゴ「はっ! 私は一体?」
暴れん坊嘉人「おおケンゴウ、気づいたか? おまえが気を失っている間に色々分かってきたで」

暴れん坊嘉人、事情を説明する。


アナザーナカムラ・ケンゴ「なるほど。ベガルタの育成部門の人と…」
暴れん坊嘉人「これでおまえのプランも色々狂うかもしれんな。澤様の威光を借りて中村一家の反撃をしようとしていたこととか」
アナザーナカムラ・ケンゴ「いや、まあ…。それは確かに残念ですが、あの苦しい日々から少しでも負担が軽くなるのであれば…」
暴れん坊嘉人「ほう」
アナザーナカムラ・ケンゴ「神戸と仙台を行き来しているなら、川崎には中々来ないでしょうし、子供でもできれば育児に専念してさすがの澤様も私にあれこれ指図することはなくなるはず」
暴れん坊嘉人「そんなもんかのう?」
アナザーナカムラ・ケンゴ「問題は勢力図ですが、これに関しても澤様は既に『澤様』ということで商標化してしまっている部分もありますので、今後もサッカーネームとしては澤様を使い続ける可能性があるかもしれません。となると、全澤会の名誉会長として君臨しつづけることになるでしょうから、実質組織には大きな影響はないはず」
ボンバーゆうじ「本当か? やったー! 全澤会はなくならずに済む! 全澤会は永遠に不滅です!」
アナザーナカムラ・ケンゴ「うわっ、ボンバー。それに元社長も?」
Y150俊輔「(俺社長譲ったっけな? まあいいか)派閥勢力の当面の見通しは分かった。しかし、多分お前は大きな勘違いをしている」
アナザーナカムラ・ケンゴ「勘違いですか?」
Y150俊輔「澤様に子供が出来た場合…」

生まれてすぐ
澤穂希「子供と公園で仲良く蹴るような家族がいい」

しばらくする
澤穂希「…とはいえ、この子も日本を支配しなければならない子。となるとそれなりの英才教育をほどこさなければ。フィジカルとかの鍛え方はボンバーがいいわね。全澤会を通じて連絡しましょう。技術と戦術の方は…。やはりアレが一番いいか」
澤の旦那辻上さん「そうだね。アレがいいね」


アナザーナカムラ・ケンゴ「待ってください。そのアレって言うのは…?」

一同、「おまえしかいないだろう」と一斉にANKを見る。

アナザーナカムラ・ケンゴ「ひぃぃぃ。アレ扱いならまだケンゴウの方がいいー!」
永遠の⑧風間八宏「その頃には君がフロンターレの監督になっている可能性も高い。ユースから面倒を見れるとなるといい環境かもしれないな」
アナザーナカムラ・ケンゴ「ひぃぃぃ。真顔で恐ろしいことを言うのは勘弁してください」
永遠の⑧風間八宏「僕も筑波ルートを使ってチームを作っている面があるが、君もそうなると色々言われることになるかもしれん」

アナザーナカムラ・ケンゴ「嫌だー!!」

解放の日々はまだまだ遠い、のかもしれない。

後悔しないために(J-leagueシリーズ)


このシリーズはフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ありません。

ローラ・バセット「えっ?」
ガリーリネカー「あー! 何という恐ろしい得点だ」

イングランド女子代表は終了間際のオウンゴールで敗退してしまった(その後、ドイツに勝って3位になった)。

ローラ・バセット「…もう息もできない。変えられるなら何でもやりたい」
???「ふふふ、そうだろう」
ローラ・バセット「誰?」

ハラスメント・ハラ「名は体を表す! 動くハラスメント製造機! チリ代表ゴンサロ・ハラ!」
吸血鬼スアレス「目の前のことに常に150%! エネルギー補給には吸血が一番! ルイース、スアレース!!」

ローラ・バセット「……」
ハラスメント・ハラ「ローラさんよ。貴方は今後悔しているはずだ。どうしてあんなことになってしまったのだろうと。だが時は戻らない。オウンゴールをなくすことはできないのだ」
ローラ・バセット「あああ…」
吸血鬼スアレス「それは男子も同じだ! 俺達もいつも恐怖している。もし、この目の前のボールをなくしたらどうなるだろう」
ハラスメント・ハラ「もし、カバーニを自由にさせてしまってチリが早期敗退を強いられたらどうしよう。そう思うと、俺はいてもたってもいられなくなるわけだ! 挑発でも浣腸でも何でもやるとも!」
吸血鬼スアレス「その結果としてウルグアイが負けたのは不本意だが、奴の言うことは正しい。目の前にゴールに吸い込まれそうなボールがあるのに、どうして手で止めないなんてことができようか!」
ローラ・バセット「で、でも、結果としてフェアプレー違反で出場停止になったのでは。それにイングランドは発祥の地としてあまり何でもありなことはできないです」
ハラスメント・ハラ「だがライオネス(女獅子)は集団で獲物を狩るし、お腹が減ればハイエナの肉を横取りしたりして手段を選ばんぞ」
吸血鬼スアレス「食べなければいきていけない! 生きることとは勝つこと! 妥協は許されない!」
ハラスメント・ハラ「見よ! ピッチの中では普通にやっている日本にしても」

ハラ、スマホで動画を開く。

長澤和輝「すべてはSAWAのために~!」
ボンバー中澤「すべてはSAWAのために~!」
全澤会メンバー「すべてはSAWAのために~! ぬおおおおおおっ!!」

アナザーナカムラ・ケンゴ「ひぃぃぃ。澤様から祝賀会場の設置を命じられましたが、まだ全然できない」
中村北斗「大変だね」


吸血鬼スアレス「後悔しないために今を全力で生きよ! 若人共! ルールなど知ったものではない!!」
ハラスメント・ハラ「俺は出られなかったが優勝したー! やったー! 頑張った甲斐があったー!」

ローラ・バセット「いや、そんな何でもありってのは…。でも…」
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる