日田の初Vが濃厚?(2016高温選手権)

台風が次々に上陸するという異例の8月も本日で最終日。
今年の高温選手権は中盤以降も九州中心で展開されました。

2016年高温選手権 8/31終了時点
1.日田(大分)  147  ☆6  ⑧3
2.犬飼(大分)  121  ☆7  ⑧6  ◇6  ◆1(8月)
3.久留米(福岡) 102  ☆2  ⑧1
4.勝沼(山梨)   78  ☆4  ⑧2  ◇10  ◆1(7月)
4.館林(群馬)   78  ☆2  ⑨1  ◇14
6.多治見(岐阜)  75  ☆3  ⑨1  ⑧1  ★39.7
7.熊本(熊本)   69  ☆3  ⑧2
8.菊池(熊本)   65  ☆2  ⑧2
9.江川崎(高知)  62  ☆3  ⑧2
10.岱明(熊本)  45  ☆1  ⑧1
11.揖斐川(岐阜)  42  ☆1
12.佐賀(佐賀)   41  ☆1  ⑧1
13.甲府(山梨)   32  ⑧2
13.豊中(大阪)   32  ⑧2
13.大宰府(福岡)  32
16.尾鷲(三重)  28  ☆1  ⑧2  ◇6
17.西米良(宮崎)  27  ☆2  ◇7
17.豊岡(兵庫)  27  ☆1  ⑧1
18.京都(京都)   26  ☆1
19.鳥取(鳥取)   25  ⑧1
20.加久藤(宮崎)  24  ☆1
20.堺(大阪)   24  ☆1

8月後半一気にポイントを伸ばしたのは昨年3位の犬飼。正午前にドーンと記録を伸ばして38度前半という展開で一気に勝ち星を稼ぎました。ここから日田を逆転までするのは難しいでしょうが、昨年に引き続いて強い追い込み型というイメージを植え付けました。
それ以外は熊本勢が一気に伸ばしてきた感じです。後に見ますが都道府県別でも2位に浮上しました。
東日本は相次ぐ台風で思うように伸びませんでした。合間を縫って館林が39.6度まで上げると、一日だけでも盛り上げる展開があったのはさすが絶対王者というところでしょうか。

個別タイトルは以下の通りです。
勝利数:犬飼 7
最高気温:多治見 39.7
最高圧勝:勝沼 1.5度
前回は総合と勝利数が日田でしたが、今回勝利数は犬飼が首位になり、総合も含めすべてバラバラになるという中々異例の展開となりました。今年が混戦であった証明ともなるでしょうか。

都道府県別は以下の通りです。ちなみに大分は日田と犬飼ですべてのポイントをたたき出しております(笑)
例年ですとたまに院内あたりが入ってくるのですが、今年は大エース二人が完全に支配してしまいました。

1.大分 268
2.熊本 173
3.福岡 170
4.山梨 152
5.岐阜 145
6.群馬 88
7.高知 82
8.宮崎 81
9.大阪 81
10.鹿児島 64
11.京都 62
12.佐賀 61
13.新潟 50
14.鳥取 47
15.三重 47
16.兵庫 35

9月上旬も大阪は猛暑日予想が出ている等多少の動きはありそうですが、総合という点では犬飼にどれだけの余力が残されているかが焦点になりそうです。

九州が完全に支配(2016高温選手権)


8月も半分近くが過ぎましたが、ほぼ九州が勝ち続ける状況で推移しております。

2016年高温選手権 8/13時点
1.日田(大分)  133  ☆6  ⑧3
2.久留米(福岡)  86  ☆1  ⑧1
3.勝沼(山梨)   78  ☆4  ⑧2  ◇10  ◆1(7月)
4.多治見(岐阜)  69  ☆3  ⑨1  ⑧1  ★39.7
5.館林(群馬)   51  ☆2  ◇6
5.犬飼(大分)   51  ☆3  ⑧2
7.揖斐川(岐阜)  42  ☆1
8.菊池(熊本)   36  ☆1  ⑧1
9.江川崎(高知)  35  ☆2  ⑧1
9.佐賀(佐賀)   35  ☆1  ⑧1
11.甲府(山梨)   32  ⑧2
12.西米良(宮崎)  27  ☆2  ◇7
13.大宰府(福岡)  26 
13.京都(京都)   26  ☆1
13.熊本(熊本)   26  ☆1  ⑧2
16.鳥取(鳥取)   23  ⑧1
17.加久藤(宮崎)  22  ☆1
18.米子(鳥取)   20  ☆2
18.豊中(大阪)   20  ⑧2

日田が完全に抜け出し、その後を久留米が追う展開になりました。過去5年で4度王者になっている館林は、今年は中々伸びない印象です。昨年強かった犬飼と並んでいる形。

各賞はこうなっております。
勝利数:日田  6
最高気温:多治見  39.7
最高圧勝:勝沼  1.5
部門はバラバラになりました。多治見の39.7度を超えるのはかなり難しそうで、2年連続多治見が取ることになりそうです。

都道府県別はこうなっております。犬飼が出てきたことで大分がだいぶ有利になってきました。
1.大分 184
2.山梨 146
3.福岡 142
4.岐阜 139
5.宮崎 77
6.熊本 72
7.京都 62
8.群馬 60
9.鳥取 45
10.高知 45
10.佐賀 45
12.三重 36

今後も西日本が暑いという展開のようですが、体調維持に注意して推移を見守っていきたいと思います。

勝負の8月がスタート(2016高温選手権)


極端に暑い日はないものの、今年の7月はかなり激しい戦いとなりました。

2016高温選手権8/1時点総合順位
1.日田(大分)  82  ☆4
2.勝沼(山梨)  75  ☆4  ⑧1  ◇10  ◆1(7月)
3.館林(群馬)  51  ☆2  ◇6
4.久留米(福岡) 49  ☆1
5.多治見(岐阜) 43  ☆2
6.西米良(宮崎) 27  ☆2  ◇6
7.甲府(山梨)  25  ⑧1
8.揖斐川(岐阜) 22
9.米子(鳥取)  20  ☆2
10.尾鷲(三重)  19  ☆1  ⑧1  ◇6
11.赤江(宮崎)  18  ☆1
11.大宰府(福岡) 18
13.木頭(徳島)  16
13.加久藤(宮崎) 16  ☆1
13.佐賀(佐賀)  16
16.鳩山(埼玉)  14  ☆1  ◆1(6月)
17.京都(京都)  12  ☆1
17.菊池(熊本)  12  ☆1

7月終了時点、つまり昨日の時点では勝沼がトップでした。もっとも、10位までポイントを与える方式ですと日田が首位になっていたようですが。こちらの計算法ですと、6位を3回取っても0点ですが、10位式(キングスレ式)では15点ですから、かなり変わってきます(笑)
ま、ともあれ、大差勝利とか38度ボーナスで勝沼が優位に立っていたわけですが、本日終了時点で日田が首位に立ちました。九州優位の中でもう少し勝つのではないかというのがありましたが、それでもここまで4勝をあげており、やはり強いのは間違いありません。
今年頑張っている地点としては久留米もあげられます。元々日田とくっついてそれなりの順位にいることは結構あったのですが、今年は日田を出し抜いたりすることもあって、いい結果を出しています。
その他ランクインは2回ながら独走ボーナスを得て好順位につけている西米良など、全体的には九州が強い印象があります。ただ、ここ二日はそんな中に多治見率いる岐阜勢も食い込んでいて、今後都道府県別で激しい争いになるかもしれません。

各賞はこんな感じ。
勝数:日田、勝沼4
最高気温:勝沼  38.8
最高圧勝:勝沼  1.5

部門賞では勝沼が依然として強いです。

都道府県別はこうなっております。
1.山梨 106
2.福岡 93
3.大分 82
4.宮崎 71
5.岐阜 69
6.群馬 60
7.鳥取 34
8.三重 29
9.熊本 29
10.京都 26
11.富山 24
12.沖縄 23
13.高知 22

大分は全ポイントを日田がたたき出している状況でいかに首位とはいえこれでは苦しい。事実久留米、大宰府、前原、朝倉と多数を送り込んでいる福岡に負けています。今後犬飼や院内のランクインも期待されるところでしょう。
トップは山梨で、勝沼、甲府、大月の3枚が強い感じです。宮崎、岐阜も定期的にポイントを取っています。群馬はこのところちょっと音無しな感じ。

しばらくは西日本優位の状況ですが、絶対王者館林がこのまま終わるとも思えませんし、今後の展開が気になるところです。

山梨勢がリードの展開(2016高温選手権)


すさまじく暑い…という感じでもなく、関東だと涼しい日もありますが、高温選手権は有力どころが少しずつ姿を現してきています。

2016高温選手権 7/21時点
1.勝沼(山梨)  65  ☆4  ⑧1  ◇10
2.館林(群馬)  51  ☆2  ◇6
3.日田(大分)  38  ☆2
4.多治見(岐阜)  33  ☆2
5.甲府(山梨)  25  ⑧1
6.尾鷲(三重)  19  ☆1  ⑧1  ◇6
7.赤江(宮崎)  18  ☆1
8.木頭(徳島)  16
9.鳩山(埼玉)  14  ☆1
9.加久藤(宮崎)  14  ☆1
11.京都(京都)  12  ☆1
12.川根本町(静岡) 11  ⑧1
13.伏木(富山)  10  ☆1
13.金沢(石川)  10  ☆1
13.桑名(三重)  10
13.前原(福岡)  10  ☆1
13.青島(宮崎)  10  ☆1
13.江川崎(高知)  10

7月中旬を優位に進めたのは山梨・勝沼。あの館林を1.5度突き放すという離れ業を演じて首位に立ちました。相方の甲府はあまりポイントを重ねていませんが、それでも6位につけています。
館林は依然として安定していますが、ここにきて関東がやや涼しい感じなので日田と多治見が順位をあげてきました。ということで、5位までが常連どころとなってきました。関東上位の展開だと出てくる伊勢崎、桐生あたりはまだ中位に沈んでいる感じです。

他の部門賞です。
勝数   勝沼  4
最高気温  勝沼  38.8
最高圧勝  勝沼  1.5

部門も全て勝沼が握り、現在四冠王です。

都道府県別も山梨がリードしています。
1.山梨  96
2.群馬  60
3.岐阜  41
4.宮崎  40
5.三重  29
6.大分  28
7.富山  24
8.沖縄  23

ここからしばらくは西日本優位な気配ですので、特に日田あたりがどこまで伸ばしてくるかが焦点となりそうです。
8月頭は大体館林が圧倒的に強いので、できれば館林をかなり突き放しておきたいところですかね。

恒例の展開?(2016高温選手権)


7月も10日が過ぎ、暑い日もあればやや雨模様の日も続いています。
そんな中、高温選手権では恒例の地点が上位に固まりつつあります。

2016高温選手権 7/12終了時点
1.館林(群馬)  43  ☆2  ◇6
2.勝沼(山梨)  27  ☆2  ⑧1
3.尾鷲(三重)  19  ☆1  ⑧1  ◇6
4.甲府(山梨)  19  ⑧1
5.多治見(岐阜)  17  ☆1
6.木頭(徳島)  16
7.鳩山(埼玉)  14  ☆1
7.日田(大分)  14  ☆1
9.京都(京都)  12  ☆1
10.川根本町(静岡) 11  ⑧1
11.伏木(富山)  10  ☆1
11.金沢(石川)  10  ☆1
11.赤江(宮崎)  10  ☆1
14.伊勢崎(群馬)  8
14.揖斐川(岐阜)  8

館林が独走ボーナス等もゲットして2位に16p差をつけての首位。2位も上位常連の勝沼。さらにその下に甲府、多治見が控える布陣は定番ともいえるようなところです。
唯一の例外は尾鷲ですが、ここは38.6度のうえに独走pを稼いでの1日のみの結果でこの位置。毎年2度3度ほど上位に来ますが、定番地点という感じでもないので、この後どこまで踏ん張れるか。

他の部門賞です。
勝利数  2  館林、勝沼
最高気温  38.8  勝沼
最高圧勝  1.1  館林、尾鷲

都道府県別では、
1.群馬  52
1.山梨  52
3.岐阜  25
4.富山  24
5.沖縄  23
6.三重  21

今年は北海道の総取りがありませんでした。
ここから本番モードに入っていきますが、果たして最高気温等はどのように推移していくのでしょうか。


プロフィール

川の果て

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる