投票率をあげる方法を考えてみた


衆議院選挙が先週行われて、結果が大体予想通りだったということもあってか当日や翌日には一部で盛り上がったりもしていましたが、一週間も経つともうほとんど話題にも上らなくなっております。

そんな中で一番話題になっていたことといえば、今回の選挙は投票率が過去最低だったそうで、投票率云々の問題。
個人的には投票するも棄権するも本人の勝手で他人が目くじら立てるようなことではないとは思うわけですが、仮に投票率を上げさせるとするとどういう方法がありますかね。

ということで考えてみましたが、さすがに何個も思いつくというところまでには至らず、2つくらいしかダメでした。

1.投票率で歳費が決まる
議員の給与は法律で決められていて正確な額は覚えていませんが年間2000万弱くらいで固定のはずです。
これを基本2500万として投票率を乗じたものを給与にするというのはどうでしょう。50%なら1250万円ということで。
比例区は比例投票率で、小選挙区はそれぞれの地区ごとの投票率を反映ということにすれば、皆さん給与は沢山欲しいはずなので頑張ってくれそうです。

2.使える予算は投票率分
国民全員が参加しているわけでもないのに、国民全員分の税金を使うのはおかしいんじゃないかという理屈にもっていけば、毎年の年収に投票率を乗じたものが年間の予算というようなこともできそうです。残りのお金をどうするかというのは現状を考えると借金返済にあてるとかいう方法もありますし、あるいは他の省庁に決めさせるというのもありかも。
後者ということになると「官僚にお金を使わせないためにも是非投票を!」ということになりそうで、一方官僚はなるべく選挙を盛り上げないようマスコミに働きかけたりして、これはこれでかなり面白いことになるかもしれません。
もちろん予算は国会で決まることになっているという憲法的な決まりが障壁になりますので、とっとと憲法を改正して変更してしまいましょう(コラ)


ちなみに国会というと昨今参議院の存在意義が取沙汰されることもあります。
そこで衆議院と参議院に区別をもたせるために何かないかということも考えてみました。

ここで気がついたのは都道府県知事とかだと多選規定が問題になることがあるのに、何故か国会議員に関してはそこらへんが話題になることがありません。もちろん国会議員と地方公共団体の長とで多少権限なり性質なりが違うのはありますが。
ということで、「国会議員を4期務めた人は衆議院では立候補できない」というような決まりでも作ってみたらどうでしょう。もちろん参議院ならOKです。

フレッシュな人達が衆議院に集い、酸いも甘いもかみ分けたベテランが参議院に集まり、で、ベテランに言いくるめられてばかりだとまずいので衆議院に優越性があるというのは中々バランスが取れていていいんじゃないでしょうか。

選挙も衆院は新人が増えてくるし、参院は次々と経験者が増えてくるので戦い方が全く違ってきます。これは見ている側からしても結構面白いものになりそう。
大物新人が出てくると、後々自分(や一族)のライバルになるかもしれないので参院の重鎮が支持基盤を動員してくれないとかそういう展開とかもあるかもしれません。

まあ、選挙が白熱しすぎると政治団体構成員に勝手に組み込まれている立場の人間は面倒なことになるんですけど(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ : 議会
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんにちは。

 投票率に応じて歳費や予算を決める、これまた思い切った考えですが、投票率を上げる対策としては投票を「権利」じゃなく「義務」にすることじゃないですかね。

 投票しなかったら5万円以下の罰金にするとか、次の選挙で選挙権を剥奪するとか、具体的なペナルティを課した方がいいと思います。

 自分が入れたからって変わらないと言う低い意識を正すことが何より大事だと思います。自分にも関係あることと言う意識を持つべきです。

>アジシオ次郎様

そこまでやる必要もないとは思いますけどね。まあ、そういう話もあるかもということで。

具体的なペナルティを課すという意見はよく見ますし、こちらの方が実現の可能性は高いかもしれませんね。ただ入院するとかいう不可抗力のケース等あるのでしっかり決めないといけないのかもしれません。

自分と関係のあることではあるのですが、あまり選挙で変えようという意識を持ちすぎても変な方向に走ってしまいかねず、距離感の把握は結構難しいのかなという気はします。

色々なお返事

お久しぶりで~すヽ(=´▽`=)ノ
各エントリについてちょこちょこと纏めてお返事を。

1.投票率の件
 オーストラリア等は義務投票制を導入していて
 高投票率を維持しているようですが、投票の義務化
 自体が民主主義として問題ないかという議論がある
 ようですね。私はカードの累積と一緒で投票回避
 行為が数回たまったら投票権利停止とか面白い
 かなぁと思ってます。悪質な選手(投票者)は永久に
 権利剥奪ということで(笑)。
2.かれー麺 美之和の件
 チェーン店で東京の金のなる場所にはどこでもある
 ようですね。種類を選ばず辛さには自称自信がある
 のでTryしてみたいと思います。ちなみにヒカリエにも
 臆せずラーメン食いにも行きました。
3.例の会社の映画の件
 国同士の争いは別にして、あの会社は関連も含めて
 お漏しが多いのでいい加減どうにかしろ(゚Д゚)ゴルァ!!
 って感じです。憲法抵触のレベルになってくると
 ハーグがまともに機能していない以上、そんな難しい
 話にしたら、手順に従うよりも時の勢いに流される
 感じが。ちなみに国民監視は中国のグレート
 ウォール(名前は忘れましたが普通の人には
 ググレカス等へのアクセスを表向きは禁じてるもの)
 、韓国のネット監視型社会にうんざりしてのネット
 亡命などちょっとしたところにネタは存在しています。
4.黒田について
 金は十分に貯まっているのでしょうけど、巨人の村田
 なんかよりもよっぽど男を感じました。マツダの人が
 ビビるくらいですから。

ネタを一気に埋め込むにはこれが限界でした、、、

〉Grendel様

個人的にはどこでもいいと思っている人に無理に投票させる必要はないんじゃないかというのはあります。投票したくても難しい住居要件や海外の問題からやってほしいかなぁと。

実ノ和は辛いですよ。
激辛に慣れるまで3回くらいかかりました(笑)

映画状況はあまり知らないのですが、今回のは制作側に「それはさすがに」と思ってしまいました。
現状日本でハッカー集団育成となると、プライバシー権で反抗することになりそうな気はしますが、仰る通り勢いで決まりそうですね。

来年は黒田を見に行くカープ男子も増えそうです(笑)
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる