(再び)江戸ベストイレブン


このカテゴリも(何故か一個間違って入っているのがいるが)半年くらい空いてしまっております。

超大昔に別ブログでやったことのある江戸選抜ですが、再度選定してみました。


日本代表候補A(江戸選抜)

⑧           ③

⑤         ④
⑦                        ⑰
⑪       ⑥

①徳川家康
③徳川家光
④徳川光圀
⑤徳川綱吉
⑥松平信綱
⑦伊能忠敬
⑧徳川吉宗
⑪大岡忠相
⑭大石良雄
⑰遠山景元
⑲井伊直弼

②徳川秀忠
⑨水野忠邦
⑩松平定信
⑫田沼意次
⑬由井正雪
⑮徳川慶喜
⑯長谷川宣以
⑱春日局
⑳勝海舟

COACH 松尾芭蕉

寸評 攻撃☆☆  守備☆☆☆☆  戦術☆  チームワーク☆☆  メンタル☆☆

GK徳川家康を除いて攻守ともタレント不足は否めないが、運動量豊富な選手を多数そろえており、全体守備の意識の高さには定評がある。
ただ、メンタルはそれほど強くないのと戦術も古いため先制点を取られると一気に苦しくなる。

攻撃は家光の崩しから井伊直弼が決めるパターンか、大石の意表をつく飛び出しがメイン。左の吉宗は運動量の割に貢献度が低いのが気になるところ。
守備は黄門様も綱吉、遠山、伊能の4人がピッチのいたるところに出没するが、全員個人技がやや低いのが気がかりか。最終的には家康のファインセーブに救われることも多い。

徳川家康(S) このチームでは神として祭られる経験豊富な守護神。非常に我慢強く、攻めっぱなしでもやられっぱなしでもいつも落ち着いている。1対2の場面ではゴールマウスからワザと離れて、「これは空城の計か?」と相手FWを混乱させることもある。
伊能忠敬(A+) ベテランだが運動量豊富。ピッチのデコボコを完璧に測量しており、バウンドに合わせて行う守備は脅威。しかしスピードがやや欠けるため、攻撃の貢献度は低い。
遠山景元(A) 前半はぼさぼさドレッドヘアでラフプレーを繰り返しては桜吹雪のタトゥーを見せびらかしている。後半一転してちょんまげカットのきっちりした格好になって優れた判断から攻め上がり、相手チームが「選手交代してるんじゃないのか」と抗議したところで「お前の主張が無駄なのは、この桜吹雪がご存知さ」とおもむろにユニをたくしあげる。前半警告をもらっていると、偶に2回目になることもあるらしいが…。
松平信綱(A+) 頭脳的なプレーが得意…という定評だが、「おまえの足元に犬の糞が」とか叫んで相手FWをどかせるなどどちらかというとセコい印象がある。
大岡忠相(A) 行くも下がるも判断を誤ることはまずない。しかし、判断が正しくとも能力の前にもろくも敗れ去るということも多い。
徳川綱吉(B+) ピッチ上いたるところに現れては野良犬…じゃなく野良ボール…ではなくこぼれ球を収容する。しかしそこからの展開がまずいと評判。博愛主義者と見せかけて、結構えぐいファウルを見せたりする。
徳川光圀(A) これまたピッチ上を漫遊…ではなく走り回り、美味しいコースに入ってインターセプトを繰り返す守備の名人。ただしボールを取ったら「これにて一件落着」と満足し、全く攻めてくれないのが玉に瑕。試合は楽ありゃ苦もあるさと展開を気にしないメンタルは時に頼りになり、時にやきもきさせる。
大石良雄(A) チーム最大のポイントゲッター。このチームにしては例外的にふらふらと遊びまわっており、全く守備や責務を負おうとしない。しかし、ひとたび好機や大ピンチ到来となるや果敢に動いて決定的な働きをする。
徳川吉宗(A+) 運動量を維持するために、いつも食事に気をつかっているほど走り回る。フィジカルの強さも中々のもので、ロングボールに対して数的不利でも1「どけどけ。わしの顔を見忘れたか?」と言いながら果敢に切れ込んでいく。世界の列強が吉宗を知っているかは定かではないが。
徳川家光(A+) 「余は生まれながらのストライカーであるぞ!」と主張してやまない生粋の点取り屋。人から名手のゴールの話を聞くのが好きで、相手にいいFWがいるとぼけ~っと眺めていることも多い。そのまま衆道の道に誘うことも多く、これを嫌った相手が自ら交代を申し出ることで相手の戦力を殺いでいるといううわさも。
井伊直弼(A+) どんな困難にも果敢に立ち向かうCF。邪魔するDFには容赦ないタックルを見舞わせることも厭わない。1対1の能力も高いが、相手の強烈なクリアなどを食らって昏倒することも。

徳川秀忠(A+) 悪くはない。しかし全てが無難すぎて影が薄い。
松平定信(A) 堂々としたフェアプレーが持ち味の貴公子。ただしアイデアが単調で攻撃的選手としてはやや物足りない。
田沼意次(A) どんなことをしても構わないというダーティーさがウリ。八百長がバレて出場停止になることも多々。
長谷川宣以(B+) 乱闘要員。

松尾芭蕉(A) 無駄な動きはいらない。シンプルにいこうが持ち味で分かりやすい監督である。いつかは5-7-5で戦ってみたいと思っているらしいが、FIFAの許可が得られる見込はない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アンバランス

やっぱり家光・信綱のあたりを過ぎると、勝海舟の辺まで戦力が落ちるような感じがしますね。
関が原の辺りから江戸と定義できるのであれば、井伊直正・本田正信・大久保長安とか良くも悪くもキャラが強烈で戦力比較が容易なのがゴロゴロしてますけど。
でも5-7-5-(1・字余り)だとラグビークラスの大渋滞になりますね(笑)

>Grendel様

太平の時代だと傑出した選手(?)というのは出てこないものなのかもしれませんね。
上杉鷹山とかを入れれば多少良かったかもしれませんが。

「下に~、下に~」と言いながらプレスかけてくるんです、きっと(笑)
プロフィール

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる