都羅戦争 ~走れトッティ(前篇)~


このエントリはフィクションであり、実在の人物・団体とは関係ありません。

トッティは激怒した。

トッティちゃま「トッティおこったのらー! あんなはんていはないのらー!」

必ず、彼の邪智暴虐な貴婦人を取り除かなければならぬと決意した。

トッティちゃま「せかいじゅうのシマウマをみなごろしにしてしまうのらー!」

トッティはサッカー界の政治が分からぬ。というか簡単な単語すら読めぬ。
トッティはローマの王子である。唾を吐き、クッキアイオをして遊んでいた。
けれども不当な判定については人一倍敏感であった。
トッテイには父も、母もない。女房はいるが、あまり関係ない。31の二重人格の弟と二人で暮らしていた。
この弟は、そのうち青いチームのキャプテンに選ばれることが濃厚であった。トッティはそれゆえ、彼の主将祝いの品を買いに町(リーグ)に来ていた。
トッティには竹馬の友があった。スティービーである。今はこの町でアイス屋になっていた。その友をこれから訪ねるつもりなのだ…(中略)…何だかリーグの様子がやけに寂しい。いつの間にかヨーロッパ5位になっているとかいう話がある。
トッティは途中で会ったデルピエロを捕まえて、「前はこのリーグはもっとにぎやかだったはずだが」と尋ねた。デルピエロは首を左右に振って離れていった。トッティは納得できず、そばを走ったナガトモを捕まえて激しく尋ねた。

ナガトモ「貴婦人は試合を買います」
トッティちゃま「なぜかうのらー?」
ナガトモ「優勝のための邪魔になるから、と言うのですが、誰もそんな邪魔できるほどの力は持っていませぬ」
トッティちゃま「たくさんのしあいをかったらのか?」
ナガトモ「はい。はじめはキエーヴォを。それから次にウディネーゼを。それからマルメを。それからチェゼーナを。更にアタランタを。唯一ミランとの試合だけは別でした。ミランの殿も試合を買おうとしていたので実力で倒したのです」
トッティちゃま「おどろいたのらー。きふじんはらんしんしてるのらー」
ナガトモ「いいえ、乱心ではございませぬ。選手を信じることができぬのです。最近では自分の選手すら他のチームに買収されているのではとお疑いになり、全員に人質を出させているのです。今日は勝ち点6を買いました」

聞いて、トッティは激怒した。貴婦人を生かしておけぬと誓った。
トッティは単純な男であった。そのままペナルティエリアの中までズカズカと入り込んだ。たちまち彼はDFに削られた。調べると「PKはクッキアイオできめてブッフォンをばかにするのらー」とメモしていたので、騒ぎが大きくなった。トッティは貴婦人の前に引き出された。


ゆヴぇんとす「おまえは何をするつもりだったのだ!? 言え!」
トッティちゃま「リーグをきふじんのてからすくうのらー」
「おまえがか?」貴婦人は憫笑した。「仕方のない奴じゃ。おまえにはわらわの孤独が分からぬ」
「いうでないらー!」トッティは反駁した。「せんしゅをうたがうのはさいていなことなのらー。きふじんはチームのちゅうせいをうたがっているのらー。らー? ちゅうせいっていみがわからんのらー」
「疑うのは正当なのだ。人の心はアテにならない。あれだけ中心選手として優遇したのにズラタンもカンナヴァーロも出て行ってしまった。選手は私欲の塊さ。信じてはならぬ」貴婦人は溜息をついた。「わらわとて、同じチームで優勝をめざしたいのだ」
「なんのためのゆうしょうら? じぶんのちいをまもるためらか?」今度はトッティが嘲笑した。「しあいをかって、なにがゆうしょうなのら!」
「黙れ、南部の馬鹿者が」貴婦人はさっと顔を挙げて報いた。「口では何とでもいえる。おまえだって、沢山の金を貰えばそそくさと移籍するし、チームから給料を貰えなければ泣いて移籍を求めるに決まっている」
「きふじんはりこうなのらー。だけど、ぼくはそんなみっともないことはしないのらー。ろーまのためにしぬかくごもできているのらー。いのちごいなどしないのらー。ただ…」
言いかけてトッティはためらった。
「だけどぼくになさけをかけるつもりなら3かほしいのらー。おとうとがアズーリのキャプテンになるのをみたいのらー」
「馬鹿なことを。逃がしたファンタジスタが守備に戻ってくると思うのか?」
「もどるのらー。ぼくはデ・ロッシがキャプテンになるのをみたらかならすもどるのらー。そんなにぼくをしんじられないのなら、いいのらー。このリーグにスティービーというアイスやがいるのらー。あれはぼくとおなじゆいいつむにのバンディエラなのらー。あれをひとじちとしておいていくのらー。ぼくがにげて3かめのゆうがたまでもどられなければ、スティービーをすきにしていいのらー」
「良かろう。願いを聞いた。そのスティービーはファギー親爺にくれてやろう。ちょっと遅れてくるがいい。おまえの罪は永遠に許してやろうぞ」
トッティは馬鹿にされたと感じて地団太を踏んだ。物も言いたくなくなった。
その日のうちにスティービーはCLの間に召された。佳きバンディエラと良きバンディエラは6年ぶりに逢った。トッティはスティービーに全てを話した。スティービーは全てを理解し、頷いてトッティを抱きしめた。バンディエラとバンディエラの間はそれでよかった。


長くなりそうなので次回に続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これは

長くなりそうですね。しかも、解読できる人も限られそうです(笑)

>nobuta様

メロスの長さについてかなり甘く見てました(笑)

こういうのばかり書いているので、数はともかく比率的には結構な人が理解いただいているのではないかと期待しています(笑)
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる