真面目な予想③

グループCの予想は天気エントリも多いこのブログらしく、天気予報も加味して行ってみます(笑)


グループC

コロンビアは元々ポツポツと出て来たタレント達が加速していってここに来て急激に強くなってきています。後ろはともかく中盤より前にかけては世界でも屈指の強豪になりつつあると言っても言い過ぎではないでしょう。
しかし、94年の例があるように急浮上したチームがプレッシャーで潰される、というケースもありえます。個人としてはファルカオの替わりはいますが(マルティネスとか)、彼らにファルカオが背負うはずだったプレッシャーを背負うまでの覚悟があるかというと疑問で、コロンビア敗退を予想するのも根拠がないとは言えません。

ユーロでは強いがワールドカップではさっぱりのギリシア。欧州ナイズ化されすぎているのか、協会のマネジメントがプアなのでコンディション調整が下手なのか、単にめぐり合わせが悪いだけなのかは分かりませんが、一時期出て来た若手有望株が伸び悩んだ結果、チーム力は確実に2004の時から落ちてきています。
ただし、弱体化している分より現実的に戦うという選択肢があるという側面もあるので、コンディションが整えばグループ最強の守備力を活かすことは可能でしょう。

主力が高齢化してきているコートジボアールですが、過去2回に比べるとややラッキーな組み合わせです。ベテランばかりではあるものの、過去2回がグループリーグ敗退ですから、まずそこを見据えて突破に重きを置けばスタミナはもつでしょう。フルパワーであればドログバやコロもまだまだできるでしょう。もちろん、トゥーレ・ヤヤが万全なら更に上も狙えます。
監督は現役時代いぶし銀としてプレーしていたラムシです。このチームにはぴったりのキャラクターといえるでしょう。

日本は果たして強いのか弱いのか。
最近のノーガードの打ち合いはこのチームの見つけた最終形態なのか。真剣モードの有力チーム相手に通用するのか。
それがはっきり分かる日は間もなくやってきますね。
ここまで来たら外野がとやかく言うべきものでもないですし、ベストを尽くしてほしいものです。


とはいえ、予想はあまり私情を挟まずに(笑)

14日25:00~
コロンビア vs ギリシア
開催地はベロオリゾンデ。当日の天気予報は晴れ。ただし雨も降る時間があるようです。気温は最高24度で最低13度とまずまずの気温で湿度も低めです。
特殊な天候要因はアウェイチームには苦しいですが、この天候状態ならばギリシアにとって十分力を発揮できる環境といえそうです。ギリシアの立ち上がりが好調ならば、コロンビアは試合が進むにつれてプレッシャーがのしかかってきて苦しむことになるでしょう。セットプレーのチャンスが増えればギリシアが更に優位になっていくことでしょうね。そして先制点を取れば以降の展開が更にギリシアに流れていくことも疑いがありません。仮にコロンビアに先制点が入っても、ギリシアのコンディションが良ければコロンビア守備陣も大したことがないので巻き返すチャンスは十分にあるだろうと思います。
初戦にギリシアがどこまでコンディションをあげられるかが問題ですが、この試合に関しては一般的な見方と裏腹にギリシアが勝つ可能性がかなり高いと見るのが妥当ではないかと思います。


15日10:00~
コートジボアール vs 日本
開催地はレシフェ。
当日の天気予報は晴れ時々曇りですが、降水確率は高いので多少は降るのでしょう。気温は最高29度で最低22度。湿度は中程度で風は6m程度。
開催時間が遅いので気温は22度くらいということでしょう。雨量は多いと重馬場になって日本にとっては厳しいですが、予報そのものは晴れということで、雨は降るけど支障をきたすほどではないということが予想できます。風も強いと日本にとって不利ですが(目測誤りそうなのが多いので)、6m程度ならそこまでの問題はないでしょう。
気候要因に左右されやすい日本としてみたら、まずまずの環境です(もちろんコートジボアールにとっても問題ないコンディションだが)。風が強かったりすると目も当てられないシーンを見ることになりそうなので、これは朗報。

ということで試合開始時点では差はなく互角の状態と予想されます。
何人か回復途上のけが人もいるので先発メンバーの予想は難しいですが、まずコートジボアールがどういう戦い方をするのかというのが注目です。
日本にとって一番怖いのがラムシが叱咤して15分くらいまでコートジボアールが猛チャージをかける展開で、足の長さやパワーの差などで最初力ずくでやられてしまう可能性があります。コートジボアールが最初猛チャージをかけたうえでカウンター狙いに切り替えたりするとかなり厳しい。
ただま、ラムシは予選の時には慎重だと批判されたくらいなので、そういう大胆なことはしないでしょう。
であるなら、時間帯によって日本がショートパスをつないだり、コートジボアールがフィジカルを利して攻める展開になりそうです。そして大問題なのが、このつばぜり合いの段階で、どちらも簡単に点を取ってしまいかねない程両者のディフェンスが弱いということ。コートジボアールは名前だけ見ると結構いいんですけどね~(苦笑)
ということで前半が終わった段階で2-0とか0-2とか1-1とか2-2とかありえそうで、0-0というハーフタイムは非常に想定しづらい。負けてたり同点なら展開的に行くしかないし、勝っていても守れるディフェンスではないので受け身になれないということで後半も似たような展開になりそうです。
おそらく先にバテてくるのはコートジボアールで、後半25分くらいから35分くらいまでは畳みかけられるボーナスタイムが来そうです。しかしその後は日本が落ちてきて、最後の何分かはコートジボアールがロングボール戦術を採用して日本がひぃひぃ言う展開になりそう。どちらが何点積み上げられるか、というあたりで勝敗が決まりそうです。

芸の多さとかドサクサ紛れにゴールを決める力はコートジボアールの方が上なので、可能性的にはコートジボアールが有利ですが、まあ、3-3のドローとかそういう派手な試合になるんじゃなかろうかと思います。
ちなみにトゥーレ・ヤヤとティオテが非常にいい状態だと、2人の力任せで完全に中盤が制圧されてしまう恐れもあるのですが、彼らが大会の最初からそこまでフルスロットルで行くこともないだろうと思います。期待込ですが(苦笑)


19日25:00~
コロンビア vs コートジボアール
開催地はブラジリア。当日の天気予報は晴れで気温は最高27度で最低14度。湿度はなく風もなし。雨もほぼ降らないようです。
ちょっと気温は高めですが湿度が低めということで、またもコロンビアには地の利の恩恵が低い感じがあります。まあ、相手のコートジボアールは環境には強そうなのであまり関係なさそうですが。
コロンビアは初戦で負けてしまいましたし、コートジボアールも勝ちきれませんでした。となると、この2試合目はどちらも勝ちに行くしかありませんので攻撃的に出ることになります。攻撃的になるとなると、どちらも守備力がそれほどではないのでまた華々しい打ち合いになりそうです。
華々しい打ち合いとなった時にどちらが有利かとなると、チャンスメークの多彩なコートジボアールということになるでしょう。仮に日本戦にトゥーレ・ヤヤが欠場していたとなれば、ここから出てきて全開で向かってくるはずで、そうなった場合にしのぎ切れるほどの力がコロンビアにあるかというと疑問です。
コートジボアールが先手を取り続けて、そのまま逃げ切るという展開が有力です。


20日7:00~
日本 vs ギリシア
開催地はナタール。当日の天気予報は晴れ時々曇りですが、雨ありで湿度は高め。気温は最高29度で最低は21度。風は初戦より強めで8m程度の予想です。時間帯は日本時間考慮で遅めではありますが、1試合目よりは早めなので24度くらいで湿度高めという感じでしょうか。
湿度はやや日本優位な感じがありますが、そこまででもないですかね。風がやや強めなのは不安点といえるでしょう。

初戦の動向は関係なく、前半のうちは日本は打って出て、ギリシアは引き気味になるだろうということは容易に予想できます。後半になるとその時点でのスコアと初戦の動向が影響するでしょう。一試合目の予想(日本△、ギリシア○)が当たっていれば同点なら日本は出ざるをえませんが、おそらく前半は0-0という展開になりそうです。
出ざるをえないとはいっても、日本に打てる手はそれほど多くありません。大久保の勢いに期待するか、柿谷(個人的には本大会のレギュラーは大迫ではないかと思っています)を入れるか。あとは長友を上げてみるという感じになるでしょう。いずれもギリシアは十分予想している展開かと思われます。
あくまでギリシアのコンディションがいいという前提ですが、きっちり耐えしのいだギリシアがセットプレーから得点する、というような形で日本が攻めきれず負ける可能性が高そうです。


25日5:00~
コロンビア vs 日本
開催地はクイアバ。エントリ作成時点で25日の天気予報はないですが、10日連続予報を見ると最高29~34度。最低は20~24度くらい。湿度は低めで雨もなさそうです。風もありません。
試合開催時間がやや早くなりましたので、27度くらいでしょうか。涼しいとは言いにくいですが、暑いとも言えないのではないかと思います。コロンビアはあんまり恩恵を受けていないですね。風は日本の試合の中では一番弱くなりそう。

さて、日本は過去の対戦成績から見て南米のチームを非常に苦手としています。粘り強いディフェンスに手を焼く傾向がありますね。
しかし、この試合に関しては後がないコロンビアに対して、やや余裕がある分日本がボールを支配できるのではないかと思います。ハメス・ロドリゲスは怖い選手ではありますが、技量を武器にする選手に対してはある程度食い下がれるのが日本の強みではあるので、カウンターに苦しみつつも何とか直前で防波堤を築くという展開になりそうです。
そんな時には監督の采配でということになりますが、ペケルマンは美学を追い求めるタイプなので日本が苦手そうな高い選手を入れて無理矢理パワープレーとかそういうことはしません。何とかパスワークで打開しようとしますが、その方法なら日本もギリギリ対応可能です。
南米相手となると中ランクのDFの守備力にも手を焼く傾向がありますが、歯を食いしばって耐え仕切り、カウンター一閃香川という流れで勝ちをゲット…
というのが、コロンビア戦の理想の展開ですかね。


25日5:00~
ギリシア vs コートジボアール
開催地はフォルタレザ。こちらも25日の天気予報はないですが、気温は最高30~32度。最低は22~24度。試合開始時間からすると28度くらいでしょうか。湿度は60%前後、風は弱そうです。
気候からするとコートジボアール優位な状況ですね。

ここまでの予想が当たっているなら、ギリシアは既に勝ち抜けが決定していますし、コートジボアールも勝ち点1で大丈夫です。となるとコートジボアール優位な感もありますが、ギリシアは順位がかかっているのでむざむざ負ける気はないでしょう。
そしてコートジボアールはドローで終えるとかそういうことができるタイプのチームでもありません。変に色気を出してドロー狙いに来るとギリシアペースになって失点を重ね、厳しい状態になるだろうことが見えてきます。中途半端な守備で失点を喫し、後は出たところをカウンターでやられ放題になり、いらだちから誰かが退場という流れまで予想できますね(本当か?)


ということで結果として、ギリシアが勝ち点9、日本とコートジボアールが4。コロンビアは0ということになりました。
コロンビアの勝ち点が0というのは極端ですかね(苦笑)
ただ、コロンビア優位の根拠がファルカオら世界的選手の存在と、南米チームゆえ南米の気温に有利だろうというあたりにあったわけですが、ファルカオはいませんし、既に見ましたコロンビアの試合会場は彼らに特別優位というわけでもありません。コロンビアの数年前の立ち位置も鑑みて、彼らが盤石というのは誤りだろうというのはありますね。
まあ、ギリシアの調整がばっちりというのも予想しづらいですし、コートジボアールも微妙。それを言うなら日本も守備崩壊の危険性とかあるわけで、あれこれ考えだすとキリはないですけれど。

ともあれ、グループCの予想としては
1.ギリシア  2.日本  3.コートジボアール  4.コロンビア
としておきましょう。

初戦の前までにワールドカップに至るまでの日本の総括的評価もしてみたいですが、色々忙しいので時間が取り切れるか分かりません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コロンビア

の選手たちは南米の地をそそくさと離れて、カルテルに狙われない安息の欧州と日本に全員移籍ですね(笑)
Jのどのチームにもコロンビア人が居ることになるかもしれないな♪

>nobuta様

半分以上の選手は既に欧州にいますから安心です(笑)

コロンビアは日本には勝ちそうな気がするのですが、そうするとさすがにって成績になるのでゴニョゴニョ(笑)
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる