アイルトン・セナ没後20年


F1の世界に王者数あれど、最も愛されていた王者というとやはりアイウトン・セナということになるんでしょう。
そのセナの没後からちょうど20年ということで、「Number」もセナの特集号を組んでいたり、他でも色々取り上げられております。

実のところ私は彼の生前に関してはアンチ・セナでした(苦笑)
ただ、これはセナ本人がどうというよりも当時ジャンプでやってた漫画の影響によるものでした。何故かというと漫画の中は当然全部セナにいいように描かれていたので、「そんな完璧超人がいるのか」みたいな懐疑的な反感があったわけですね。
なので、マクラーレンが弱くなってウィリアムズが強くてプロストとかマンセルが優勝した時の方がちょっと嬉しかった感がありました。
没後に実際のセナの逸話とか聞くと、結構難しい人間で勝つために手段を選ばなかったらしいことが分かって、「ああセナってこんな感じの人だったのか」とその時になってむしろ好感をもつようになりました。実在人物の漫画というのも中々難しいものです。

閑話休題。
マンセルとプロストが勝ったその次の年くらいにセナがウィリアムズに移籍したので、「ちっくしょう今年はセナが勝つのかよ」と思っていて、とはいえそんなに毎試合見るほどのファンでもないので、その年最初に見たのがイモラの決勝でした。当時は岡山でもレースやってたってのはちょっと驚きでしたが。

そのイモラにしても、予選2日目でラッツェンバーガーが事故死したということも知りませんでした(放送中言ってたとは思うけど、多分聞き逃したのかと)。
で、掃除したりしていたら突然例の事故シーンとなってました。川合氏か運営責任者か忘れましたが首を横に振って「ダメです。もうダメです」みたいなことを言っていたのを見て、「これはエライことになった」と茫然となりました。
で、死亡のテロップが出て、「うっわ~。セナでも死んでしまうのか~。F1恐ろしいな~」と。

ただま、アンチだったのでそれ以上のものはあまりなかったのですけれど。しかもアンチの理由が走行とかそういうのではなく漫画の影響なので、レースにおけるセナの存在を実感していたわけでもないので、その後特別喪失感を感じたこともなかったかなと。
喪失感という点ではシューマッハーの方が大きかったかなぁ。とりあえずフェラーリで悪戦苦闘していた頃と、その後の黄金時代を続けて見ていたので、強さ凄さがセナよりは分かったので。ま、年代によるものかもしれませんが。

最近はほとんど見ていないですが、好き嫌いというより単に見る時間がないということに尽きます(汗)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる