サーサーン朝選抜(世界史ワールドカップ・イラン)

イランは以前アケメネス朝ペルシアを選びましたが、第二のペルシア帝国サーサーン朝はスーパークラスはいないものの、バランスという点ではアケメネス朝より強いかもという気がしております。


イラン代表B(サーサーン朝) 
⑨    ⑪


⑦              ⑧


⑬       ⑤    ④       ②


①シャープール2世
②ナルセ1世
④ペーローズ3世
⑤ロスタム
⑦バハラーム2世
⑧ホスロー2世
⑨アルダシール1世
⑩ホスロー1世
⑪シャープール1世
⑬シャールバラーズ
⑰マニ

③バハラーム1世
⑥サーサーン
⑭ゼノビア
⑮ヤズデギルド3世
⑯アダルマーン
⑱マミコニアン
⑲シーリーン
⑳ホルミズド2世

COACH カルティール


攻撃★★★★★★ 守備★★  戦術★★  メンタル★★★  チームワーク★★

ホスロー1世、シャープール1世、アルダシール1世のトライアングルに加えて、ホスロー2世、ナルセ1世等攻撃能力の高い選手を多数揃え、好調時には見栄えのいい技巧的な崩しありの、パワフルな突破ありのと硬軟織り交ぜた怒涛の攻撃サッカーを繰り広げる。その爽快な攻撃サッカーを見たいというファンは多い。
反面、守備意識の高い選手が前線はおろか後ろの方にもほとんどおらず、あっという間にゴール前を脅かされてしまうことも多々。ロスタムの必死のクリアやシャープール2世のセービングに助けられるケースも多いが、ほぼ毎試合2点3点と取られてしまう。

取られれば取り返す気概は一応持っており、また監督の指示もあって気合を入れ直すのは早いが、チーム内部の仲がいいとも言い切れず、ある程度まとまったチームが相手となると単なる引き立て役のような立場に甘んじることも多い。

シャープール2世(S) 生まれる前から母親のおなかの上にキャプテンマークが置かれていたという天性のキャプテンで当然統率力に秀でている。ただし厳格過ぎてDFラインが居心地の悪さを感じるという噂も。DFラインの統率はもちろん個人としてもソツはないが絶対的なストロングポイントがあるわけではない。
ナルセ1世(A) 運動量の豊富さで知られ、そのためかなりの裁量を任されている。が、終盤極端に運動量が落ちて危険な事態を招くことも少なくない。
ロスタム(A+) いたるところから高い評価を受ける正統派CB。だが、プレーが時折消極的になって手痛い目に遭うこともしばしば。更に変な負傷をするなど運のなさも目立つ。
ペーローズ3世(B+) 能力は平凡だがしつこいマークが売り。また、CBの割に長距離のダッシュが得意で、時に予想外の攻め上がりを見せることも。
シャールバラーズ(A) 経験豊富で複数のポジションをこなせる貴重な存在だが、その手の選手にありがちなやや存在感の薄いタイプ。本人は期するところがあるようだが能力がそこまでついてきているかというと微妙で、重要なPKに志願したりすると失敗する。
マニ(S) 豊富な運動量を誇る神出鬼没の天才肌ボランチ。何でも自分で決めたがり受け手への要求がやたらうるさいため煙たがられているが、それなりのパスを出す能力はある。タバコと酒を一切たしなまず、野菜しか食べない節制の強さも評価されている。単に本人の好みという説もあるが。
バハラーム2世(A) 特筆すべき能力はないし、プレーに派手さも感じさせず物足りないがバランスがいいため監督からは重宝されている。
ホスロー2世(A+) 攻撃センスには図抜けたものを感じさせ、しばしば独力で決定的な仕事をしてのける。反面守備意識の低さは目を覆わんばかりで彼のせいで2点くらい失うのではと思わせるほど。非常に詩的センスが高いことと、恋人とのラブラブエピソードを振りまくためメディアからは愛されている。
ホスロー1世(SSS) 決定力、チャンスメーク共に一級品の中軸。それでいて戦術理解も非常に秀でていてワンマンプレーに走ることも少ないというこれ以上ない頼もしい存在。ただし熱くなりやすく、時に相手を削ったりする方向に走るのが難点か。更には試合の入り方がややまずく、開始直後に変なミスを犯すこともある。
アルダシール1世(SS) 怒涛のごとき攻め上がりでゴールに迫る。このチームの選手の例に漏れず守備意識は低めだが、彼の場合はその攻撃力で完全に相手を制圧してしまい、問題を生じさせないことが多い。
シャープール1世(SSS) チームの大黒柱で最大の得点源。馬力の強さに目を奪われるが、DFとの駆け引きも優秀で止めるのは容易ではない。ただし、戦術の制約を嫌うため守備時にポジションをおろそかにしていることもある。

サーサーン(A) 優れた能力を有するベテラン選手だが、ベンチにその姿を見た者はいない。
ゼノビア(S) スタミナには欠けるが攻撃センスには非凡なものがあり、スーパーサブとして期待されている。が、ローマに幽閉されておりベンチにたどりつけない。
シーリーン(C) いるとホスロー2世がやる気を出すらしいので登録されている。

カルティール(A+) エネルギッシュな指揮官で、その激しい激は「某騎士のヘアドライヤーなど比較にならない。まるで炎のようだ」と言われるほど。その激しいキャラクターを崇め奉るサポーターも多く、彼らは試合前に火を灯して礼拝しているとかいないとか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川の果て

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる