結局無成果に終わった気がする日本代表2011



しばらく大人しくしていましたが、久々にサッカーで毒を吐きますよ(笑)

と言っても、何も北朝鮮に負けたというのでやるとかそういうわけではありません。そもそも時間的に試合見てませんので内容もよく分かりませんしね。
負けたとは言っても、さすがにあの環境で勝てというのは難しいでしょう。同じくらい難しいというとラパスのアウェーゲームくらいしか思いつきませんからね。中止になったアゼルバイジャンとアルメニアの試合とかも同レベルなのかもしれませんけれど。

だからこの負けについて問題にするつもりはないんですけれど、結局のところ2011年で男子サッカー日本代表はどうなったのか、というと正直分からないんですよね。ぶっちゃけいい意味でも悪い意味でも何もない状態なので。

ま、もちろんアジアカップ制覇をひっくるめれば別ですけれど、あれは前年に引っ付いていたようなところがあっただろうというのありますし、ある意味監督就任直後だったからこそ優勝できたんじゃないかと思っております。その過程でも色々ありましたしね。人選しかり。韓国戦豪州戦しかり。
とりあえずそれは置いておいて、準備期間が終わったその後というところで見た場合、例えばワールドカップを見据えたゲームとしてどうだったかというとウズベキスタンのアウェイゲームくらいしかなくて、その一試合だけで日本が成長したのかどうなったのか評価するというのは非常に難しいというのはあります。ついでにウズベク戦の内容良くなかったですしね。
もちろん、真剣勝負の舞台が少なかったのには震災の影響もあったのは間違いない。あれがなければ多分コパ・アメリカに出ていたのでしょうし、そうなれば真剣勝負の舞台が増えたというのはあるのでしょう。

だからそれがなくなったというのは不運ではあるわけですけれど、問題はそこからですよね。
それがなくなってキリンカップを開催したのはいいけれども、チェコとペルー相手にお試しで3-4-3をやってそのままおしまいになってしまったと。それは本気の南米勢とキリンカップでは違うにしろ、震災とかなければコパ・アメリカで3-4-3を試すつもりがあったのかと突っ込みたくなります。
仮にこれが南アW杯前の岡田監督がやっていたとすればどういう評価を受けていたんだろうというのはどうしても考えたくなりますよね。

それ以上にガッカリしたのは10月の親善試合とかで、ヴェトナムと試合するなんてのはどう考えても指揮官に自信がないからに他ならないからでしょう。「負けるかもしれないから準備しておこう」というね。もちろんザックは親しみやすい人で、同時に扱いやすい人でもあるのでしょうから、サッカー協会としても全面的にバックアップしているだろうという図式も浮かんできます。扱いにくい人とか予期せぬ行動をとる人が指揮官になられては彼らにしても困るというのはあるでしょうからね。
再度言いますけれど、もし岡田監督の時にヴェトナムと親善試合なんか組んでたらどうなってたんですかね。「岡田監督はタジキスタン相手すら勝つ自信がないのではないか」という批判になったんじゃないでしょうか? 
この点は監督変わってもおんなじ評価を与えるべきじゃないかと個人的に思うのですが、イタリアの監督相手だと評価三割増しにすべきというのが日本サッカー界のセオリーなんですかね。
もしそうなら常識知らなくて申し訳ありません。

ということで、それなりに真価を問われるはずだった試合で監督が自信を持ちきれていないのが試合内容に反映してしまったというのはあるのだろうと個人的には思っております。ウズベク戦にしてもホームの北朝鮮戦にしても、何をやればいいのかというのをみんな迷っていた感がありましたし。
もちろん本田圭佑がいないというのはあるのかもしれませんけれどね。しかし、本田がいなければお手上げというのなら、こんなに楽な仕事もありません。

もちろん、私は昔ウディネが好きで強かった時ウディネを率いていたザックを実像以上に評価していたから、「昔のザックはこんな監督でなかった」という僻目がある可能性はあります。むしろそうであってほしいという気持ちもあります。私の見通しだと「このままだと数年後の日本は今のアルゼンチンのようなお笑いチームになっているのでは…」というのですからね。それはさすがに勘弁してほしいから、私の見通しも根拠のないものなので外れてほしいとは思っています。
とはいえ、実際のところ強豪との試合は無かったわけなので、そのあたり全く差し引いて、「ザックは親日家っぽいから」というだけで根拠のないザック楽観論を立てるのも勘弁してほしいなぁと思うわけです。いつもは必要以上に日本代表に厳しいS山さんですら、3-4-3の本出したせいかザックには甘いですからね。
批判者が一人もいないというのは、これは非常に考え物なので、影響力皆無を承知のうえ、そして実際非常に危惧しているので毒を吐きまくってみました。

ま、結果が出るのは3年後ですけれど、来年くらいからはそれなりに実力伯仲の勝負も増えるはずですし、真価も見極められるはずですので、「私の見通しは完全に読み違いでした。すみません」くらいに言えるような状態になってほしいと思いつつ毒吐きを終了します。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ

なかまか考えさせられる一文でした。ぼくは、協会の体質が良くないと思ってます。川淵、早稲田系、などなど。オシムが倒れた時の、川淵の猿芝居がわすれらてません。ジーコという最悪の監督を、きちんとマネージせず、最期に大恥をさらした責任を、協会はとるねきだった。
しかしかれらはあのような態度。で、それを許す日本国民。
そういう意味で、まだまだ、日本は駄目です。
埼玉でトルコに負けた日から、進化していないですね.

こんにちわ

なかまか考えさせられる一文でした。ぼくは、協会の体質が良くないと思ってます。川淵、早稲田系、などなど。オシムが倒れた時の、川淵の猿芝居がわすれらてません。ジーコという最悪の監督を、きちんとマネージせず、最期に大恥をさらした責任を、協会はとるねきだった。
しかしかれらはあのような態度。で、それを許す日本国民。
そういう意味で、まだまだ、日本は駄目です。
埼玉でトルコに負けた日から、進化していないですね.

>shiai様

協会の体質的というのは世界中どこも同じなのでしょうけれど、ザックが監督になってまた影響力が強くなってきている感があるのが気になるところです。

今までは能力の有無は別にして、「日本を何とかしよう」みたいな監督が続いていたのですが、今回のザックはそこから外れるタイプなので、行く末が気になるところです。
能力や野心より協会との距離を重視した監督人選になったりしないかなと危惧しております。
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる