R.I.Pじゃない話


チリでピノチェト時代のノーベル賞作家の故パブロ・ネルーダ氏の遺体を調査するというような話があったのだそうです。
何でも公式は病死ですけれど、実際には毒殺された可能性もあるとかでそのあたりの確認なのだとか。

毒殺されたかどうかの確認という点ではパレスティナ自治政府の初代大統領だった故ヤセル・アラファト氏もポロニウムで毒殺されたとかいう話があるとかで調査するというような話がありましたね。こちらは結構前の話でしたが、その後どうなっているのかはちょっと分からないですれど。

このあたりの話はそれなりに有名な人の話ですが、昔、アメリカで特徴などからは身元不明だけど多分この人ではないかというのを確認するために親の遺体を発掘してDNA鑑定するとかいう話を見たことがあります。
それを見て、「死んで何十年も経って事件のために掘り起こされるって大変だなあ」と思ったりしたのですが、上の話も含めて真実解明のためには必要なんですかね。ま、もちろんヨーロッパなりアメリカなりの土葬の文化は真実発見のために培われたものではないはずですけれど。

日本は大抵火葬ですからそういう心配はないんでしょうけれど、証拠保全としては微妙というような見方も成り立ちうるんでしょうね。
でも科学警察とかが毛髪だけ証拠用に残しておくってのも嫌だよね(苦笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは〜。
もうすぐバレンタインデイですね。w
R.I.Pは前にも出てきた単語ですが忘れてしまったので調べました。
欧米のお墓に刻まれる言葉のようですね。
それから外国人のお墓がやけに大きいのは、そのまま土葬する為なのでしょうか。ちょっとマイケル・ジャクソンのスリラーでゾンビがよみがえるシーンを思い出しました。
それにしてもDNA鑑定の為に掘り起こされるとは、何だか推理小説のような話です。その作業に携わる人も大変ですね。
殺人事件に毒を盛るというのが欧米らしいというか、日本はやっぱり刀でばっさりというか、何だか物騒な話になってしまいました。
みなさん安らかに眠っていただきたいものです。

>アッペルシーニ様

ですね~。裁判の準備を進めてます(笑)

墓の大きさはどうなんでしょうね。スラブ系のどこかで共同墓地といいますか、まとめて投げ込むようなところがあるという話も聞いたことがありますので、土地を持っている人ならということなのかもしれません。

あくまで傾向論ですが女性の殺人犯は毒殺が多いなんていう話もありますね。

死んで尚掘り起こされるのは勘弁してほしいところですが、毒殺された人なんかは「ようやく真実を白日の下に」とか思っているのかも…
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる