君よ夢はあるか


ちょっと長いですが、中々面白い話なので元記事全文掲載します。

「夢をあきらめた」時期は平均で24歳、約半数が才能の限界を感じたから(@DIME)

キリンビール株式会社(社長 磯崎功典、以下:キリンビール)は、2005年4月の発売以来、新ジャンル市場で圧倒的な販売量を誇る「キリン のどごし生」にて、1月より夢をテーマにした「のどごし 夢のドリーム」キャンペーンを実施。その一環として、「日本人の夢調査」を行なった。同調査は、2012年12月12日~12月14日の間、20代~50代の男女各100人、2013年新成人の男女各100人の合計1,000人に対して調査を行い、有効回答を得た。調査の結果、2013年新成人の約85%が夢を持っており、どの世代よりも夢の保持率が高いことがわかった。

<調査結果トピックス>

■日本人の約76%が夢を持っている。 さらに10年前と比べて夢の価値は変わらない、さらに上がったと答えた人が約9割

現在叶えたい夢があると答えたのは全体の約76%と、半数以上の人が現在夢を持っていることがわかった。さらに、持っている夢自体の価値が、年数を経ることで変わるかどうかを聞いたところ、10年前と比べても夢の価値は変わらないと答えた人が半数、さらに時間が経つことで夢の価値が上がったと答えた人が4割と、大多数の人が自身の夢に対して前向きな考え方をしていることが明らかになった。景気が厳しく不安定な状況が続いたり、政局不安が叫ばれる世の中でも、現在の日本人はしっかりと夢を持って生きていることがわかった。実際に夢の内容を具体的に聞いてみると、「ロボットを作る」「家族でオーロラを見に行く」「宇宙旅行に行ってみたい」「カラオケ大会で優勝」「有名パティシエのケーキ食べ放題」といったことから、「伝統工芸職人として伝統工芸品を作り続けることで生活できるようになる」「製造業で自分にしかできない製品を作る」といった現在の仕事に直結するようなこと、「今の彼と結婚」「子どもと将来お酒を飲むこと」など、家族に関する夢まで、幅広い夢があった。

■2013年新成人で夢を持っている人は約85%。どの世代よりも夢の保持率は高い

2013年新成人にも調査を行なったところ、現在夢を持っているという人は約85%と、新成人の約9割は夢を持っているという結果に。世代別で見てみると、夢の保持率はどの世代よりも高いという結果になった。色々と不安な世の中だからこそ、長期的な目標とも言える夢を持ち、自分の将来を見据えて動く若者が多いのかもしれない。

■夢を諦めるのは平均24歳から、諦めた理由は「才能の限界を感じたから」が約半数。

夢を持っていたことはあるが、現在は夢が無いと答えた人の約78%は、夢が叶ったからではなく、諦めたからと回答。さらに夢を諦めた時期は平均24歳で、諦めた理由は「才能の限界を感じたから」が約半数、「金銭的問題を感じたから」が約2割といった結果に。その他の回答では、家族を説得出来なかったなどの、環境的に諦めざるをえなかったという回答があった。夢を持って社会人になり、社会の荒波にもまれることで夢を諦めてしまう人が多いのかもしれない。

■夢が無いと答えた人も約67%は夢を持ちたいと回答。 一方、現在夢を持っていない人の共通点は「趣味が無い」という傾向も。 お金では叶えられない夢があると約9割、ほぼ全員が思っている。

現在夢が無いという状況でありながらも、夢を持ちたいと思う人は約7割。そして、現在夢を持っていない人の共通点を探った所、 「趣味が無い」という傾向が見えた。現在夢が無いという人は、まずは打ち込める趣味を探すと、自分の夢が見えてくるかもしれない。さらに、お金で叶えられない夢があると答えた人は約9割とほぼ全員という結果となった。



夢をあきらめた時期の平均が24歳というのは、実のところ普通なんじゃないですかね。おそらく人生の最初の方に抱いた夢なんてのはそのくらいの時期、というかもっと早い時期に確定しているでしょうから。

例えばお医者さんになりたい人は現実的には大学の医学部に入れない時点であきらめるわけで、24歳であきらめるということは平たく言えば6浪くらいしてるわけですらね。
もっと言えば「甲子園に出たい」とかだと17、8で確定するわけですしね。

もちろん初志貫徹の少数派もいるでしょうけれど、そこからどう修正するかということなるわけで余程ストイックあるいは特殊なを生活していない限りは色々とやりたいこととか出てくるでしょうしね。
最近はさっぱり冴えないですが、もう少し前くらいは私も「毎日オリジナリティあるブログを書く」程度の目標はあったわけですし。

そういう夢というには大げさにしても目標みたいなのが全くなかった時期というのは幸運にも私の場合はなかったですし、おそらく大半の人はそうなんじゃないかなとは思います。

なので、夢が全く持てないというのはちょっとイメージが持てないわけですが、上にあるような趣味とかはあまり関係ないような気もしますね。実際私の現在の夢というか大きな目標は趣味とは全く関係ないレベルの話なわけなので。それに趣味や嗜好自体も変わりますしね。
実際「ケーキ食べ放題」は嗜好はともかく打ち込む趣味とは全く関係ない話で、「腹いっぱい食いたい」とか「思い切り寝たい」とかいうあたりも形を変えれば夢になりうる(単に「ぐっすり寝たい」だとちょっとさびしいかもしれないけど、「ハワイのビーチで寝たい」になるとそうではないだろう)わけで、このあたりは当人の中での夢の定義の差なのではという気もしてきます。

と書く私も「どのレベルから夢でどこまでが目標なのか」と考えてみるとこれが中々難しいわけで、人によっては夢といえるものがあるのに、それを自分でそう思っていなくて「自分は夢のない不幸な人間だ」と思っているケースなんてのもあったりするのかもしれません。

という夢の話でしたが、そういえば今年になって寝てる最中の夢は全く見ていないような…
これはいいことなのか良くないことなのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる