尖閣雑感


とりあえず尖閣諸島と反日デモに関してつらつらと。最後の方は訳が分からなくなってますが。

3連休で旅行行っていた間にデモとかが相当酷くなっているわけですが、参加人数だけ聞くと日本の反原発デモの方が実は人数そのものは多いよう。規模というか単純に暴徒化してることのようが問題のようです。
ただま、これが「中国だからこうなったのか」というと必ずしもそうは言えないところもあるわけで、アメリカなんかでもハリケーン・カトリーナが襲来した後とかにニューオーリンズで略奪とか起きていたようですし、世界でも何かの折に触れて暴動とか起きたりするもの。
しかもそういう時に被害に遭うのは金持ってそうな華僑系のところが多いという因果な話もあるわけで、このあたり今回のだけが極めて特別か(日系企業がターゲットというのは特別だけどね)というとそうでもないのかもしれません。

閑話休題。
中国が南沙諸島から尖閣のあたりにかけてまで海洋覇権を取ろうとしているというのはかなりはっきりしているわけですので、「どうせこうなることは見えていたわけで、(事の発端を起こしたということで批判も出ている)石原都知事を批判するのは筋違いだ」というような意見もありますし、それが全く間違いともいえなさそうです。
追記:ちなみに購入については「阿呆か」とは思ってました。寄付求めて「尖閣を守る人養成奨学金」でも都とか石原さん名義で作るのなら賛否は別として分かろうものですけどね。所有権取って強化を強めたつもりになるんなら、対馬に土地買ってる韓国の人に希望を与えるだけですからね。

とはいえ、まあ、物にはタイミングというものがあるわけで…

①そもそも中国とサシでやりあったら極めて不利(企業の進出という意味でもそうだし、例えば経済活動が凍結してお互い120万人失業者が出たとして、日本は人口の1%だが中国は0.1%)だから、何かあった時単独でやりあうのは賢くない。
②日本は基本的にアメリカが頼りなのに、そのアメリカは大統領選があるから基本的には極東の扱いが軽くなる。しかも中東で反米デモとかが起きているので、あまり構ってくれない可能性が高い。
③韓国が既に実効支配している竹島で変なことをやって、結局損したという見本まであったのに、同じようなことをして結局同じような目に遭った。

と結果が見えているのにわざわざやったとあっては、まあ…って気はしますね。
もちろん②の後半と③については、最初購入計画が出てきた時にはなかった話でしたけれど。

で、収束点も「これ以上大きくすることは中国も望んでない」みたいな話もありますけれど、アメリカが「さすがにこれ以上は見ておれん」と腰を上げる直前くらいまではやりそうな気もしますけどね。タイミング的に中国にとってチャンスだろうというのはありますので。

じゃあ日本はどうするかというと、まあどうすることもできないでしょうから、とりあえずアメリカ大統領選が終わるのを待つくらいしかなさそうな気配ではあります。
で、今回は終わったことなのでもう仕方ないわけですが、次回以降どうするかですかね。
「固有の領土といっても、別に永久に持ち続けなければならないわけではない。固定資産税払うのが嫌という理由で先祖の土地を手放す人がいるように、管理コストが見合わないと判断したのなら、手放すという決断も視野に入れるべきだ」なんていう意見を数年後見るのはさすがにアレですしねぇ…。いや見そうなんだけれども(最近どの政党もコストカット唱えてるしね)。

もちろん大抵の国は中国の勢力拡大を警戒しているので、アメリカだけでなくオーストラリアとかも引きこんで封じ込めを図るというのが現実的なんでしょうけれど、その場合も基本的に一番近いのは日本で日本の外交力があんまり頼りにはならなさそうというのも変わらないでしょうから、根本的にどうにかなるのかという疑問は出てきます。あとは韓国あたりと共に(韓国はそのうち中国側に取り込まれる可能性もあるらしいけど)最前線でこき使われる感もありそうで、不愉快に思う人も多そうですしね。

ということで、仲間を増やしても最前線で苦労するわけで、隣接している以上仕方ないって言えば仕方ないんですが、もう少し楽な方法はないかとなる。で、二極化するからバランスが取りにくいわけで三極化すれば楽になるんじゃないかとかいう可能性はあるんじゃないかなという気はします。この場合大勝はありえないですけど、勝っても実入りがあるわけでもないですしね。
三つ目として想定するのはロシアで、最近中露で共同歩調をとっていることが多いとはいっても別に中国と仲がいいわけではないですし、極東に全く関心がないわけでもないので利益になると思えば出てきて、牽制してくれる。そうなったら、うまいこと三つの大国が牽制しあうのを利用しつつ地域に存在感を発揮できる…

…なんてなればいいんですけれど、そんな器用なことができるのなら苦労せんわというのがあるうえに、ロシアにとっては中国に日本を痛めつけてもらってからの方が近づきやすいんじゃないかというのもありそう。パイプラインとか設計してますし、温暖化のおかけで北極海ルートでタンカーが移動できる可能性も将来的には出てきそうですが、であればこそ相手が資源確保に苦しんでれば苦しんでるほどロシアは有利になりますからね。

…結局のところ、資源目当ての対立であるだけに、資源の問題を解決するのが一番手っ取り早いし日本向きなのかもしれません。最近流行りの再生エネルギーもそうですし、まあそれ以外にも地球自体が勝手に動いているわけで膨大なエネルギーはどこかにあるわけですからそのあたりの何かを利用して、「もうどこでも資源作れるよ。石油なんて黒い飲めない水だよ」的な解決を用意しておいたうえで、他所が必死に資源戦争しているのを高みの見物する的な。太平洋戦争(と言っても南米のね)でチリが勝ったのに資源的に無力化されてしまったような感じで。
もっとも、そういうのは日本よりドイツとかベルギーあたりが先に見つけそうな気はしますけど(苦笑)

そしてそんな技術が実用化になったら、中国と戦争始めるよりも遥かに多い失業者が出て、大変な社会変革とかありそうです(爆)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる