監督と薬物


直接は見ていないのですが、清原和博氏が薬物について語ったシーンがテレビで放映されていたのだそうです。
その中で「当分野球から離れる」みたいなコメントをしていたという話もありましたが、「集中できることがあると薬物とか断ち切るにはいいのでは」と思う反面、「監督なりコーチなりもプレッシャーがすごいからそういうのを緩和させたいとまたやるかもしれないのでどちらがいいのか分からないな~」とも思ったりしました。

と、ここまで考えてふと気づいたのですが、競技を問わなければ現役選手が薬物なりアルコールに手を出して散々な目に遭ったとかいう話は聞きますが、監督についてそういう話を聞くことはほとんどありません。
選手が手を出す理由の大きなものとして、「日々のプレッシャーから少しでも抜けたい」というのがあるそうですが、それは監督とかも共通するはずでむしろ監督の方が成績に対するプレッシャーはより強いケースもあります。
アメリカンスポーツ…例えばバスケなりアメリカンフットボールの監督をする場合にはフィルムスタディが半端ないということで睡眠時間が3時間という人もザラにいるということですが、こういう疲れた時に何らかの薬物に手を出したりするということも考えられないではありません。

選手も監督も同じ人間なのだから選手だけこういうものに手を出すが、監督は大丈夫と考えるのは腑に落ちないところがあります。
単純に選手はパフォーマンスのことがあるから定期的に検査してその結果摘発されているけれども、監督は検査がないので余程のヘマをしない限りは明るみに出ることがないという可能性はありそうです。

海外のスポーツだと執拗に審判等を批判したりする監督がいて、時に「いや、試合ちゃんと見ていたの?」という時とかもあったりします。勝利への執念がそうさせているのかな~と思ったりもしましたが、ひょっとしたら違うものの影響下に置かれている(Coaching Under the Influenceとでも言うべき?)こともあるのかもしれません(汗)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる