日本史は決着付きすぎ?


割と売れているらしいということを知らずに何の気なく『応仁の乱』を大分前に買っていたのですが、最近になってそれを読み始めて大体読み終わりました(笑)

応仁の乱の時代…というか室町時代は全体としてパッとしない時代と評されていて、まあ、そういう面もありますけれど、実際にこの手の話を見てみるとどちらかというと敵味方が色々な要素で構成されていて一定しないというヨーロッパの政治史と近い感もあるわけでして中々趣深い時代という感はあります。

で、そう思ってハタと気づいたこととしまして、日本史って決着付きすぎなんじゃないの? と。
それこそ諸勢力が入り乱れたりしてよくわからないというのはこの室町時代くらいで、それ以外ですと奈良とかそのあたりだと貴族勢力の争いとかあった感はありますが、平家、源氏と来て、室町を挟んで徳川氏、その後明治新政府と勝者がはっきり決まってしまっております。

しかし、ヨーロッパあたりですと数年単位ならともかくとして数十年百年単位で勝者がはっきり決まること自体が結構珍しい感はあります。
何かよくわからないままトルコあたりも混じってきて、勝ったり負けたりの繰り返し…というかそもそもどちらが勝っているのか怪しいケースも少なくありません。例えばプロイセンの啓蒙君主として知られるフリードリヒ2世は戦場においては中々画期的なことをしましたが、その治世でプロイセンは戦乱で消耗してしまったという部分がありました(ゆえに半世紀後にナポレオン・ボナパルトに負けた)。中東とかでも同じで諸民族入り混じって殺伐とした感じになっております。

そこからすると日本は例外が普通になっている感があります。いやまあ、実際にはそんな明快に勝ち負けが決まってなかったんではないかと見ることもできるかもしれませんが(幕末とか結局諸大名は徳川も会津も残ったしね)、とりあえず結構明快な感じです。これはこれで結構ではあるのでしょうけれど、意外とそのあたりが外交的にいかんことになっている要素もあったりするのかもしれません。

と考えると室町時代のややこしさの研究というのは、今後の日本を考えるうえで一つ参考になるのかもしれませんが、中々あの情勢を整理するのは大変そうではありますね(苦笑)
スポンサーサイト
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる