オーストラリアがアジア王者に


7時半くらいにテレビをつけたらアジアカップの決勝がやっていたので、何となく見ていました。
後半20分くらいから見始めて、その時点ではオーストラリアが1-0とリード。で、どちらも攻め手を欠くまま時間が経過している印象でロスタイムに。韓国はDFを前に出してパワープレー気味に行こうとはしているものの、それほどクロスが上がらずに何かギリシアとやっていた時の日本っぽい感じでした。
オーストラリアも頑張って前からディフェンスを続けていましたし、このまま1-0で終わるのかなと思ったら、ハイボールを落としてワンツーで抜け出したソン・フンミンが一閃。同点に追いついて延長戦に入りました。

延長戦では韓国の選手が足をつるシーンがあり、オーストラリアが攻める時間は長いもののレッキーは運動量は凄いもののプレー精度は低く、前線のユーリッチは高さと強さはありそうですが足元がイマイチな印象で崩すことができない。トロイージが頑張ってサポートしていますが中々そこにボールが出ません。
なのでソン・フンミンに渡ると雰囲気が出る韓国の方がやや優勢なのかな~と思っていたら、ゴールライン際でボールを受けたユーリッチが粘りに粘ってサイドを切り崩し、折り返したボールにトロイージが詰めてオーストラリアが勝ち越しました。

再び追いかける展開となった韓国は、何というか日本とよく似た試合運び。ある程度まで行けても中に人がいないし、プレー精度も低い。最後はチャンスらしいチャンスも作れないまま試合終了となってしまいました。

韓国はやっぱりソン・フンミン次第って感じでしたかね。他に何かできる選手は少ない印象でした。ク・ジャチョルがいたら多少は変わったのかもしれませんけれど。
オーストラリアはソン・フンミンみたいに何かしてくれる選手もいなかったのですが、頑張って前からディフェンスをしていて最後までしっかり頑張っていました。スタメンではケーヒルが出ていたようですが、私が見始めた時点ではいなくて、やはりケーヒルがいないと色々物足りないかなというのはありました。ただ、ルオンゴの詰める間合いみたいなのは面白かったですし、レッキーの運動量も光っていました。ユーリッチも高さと強さは豪州FWらしいしということで、この辺の選手はまだ若いですし何かのきっかけで変わるということもあるのかもしれません。
でも、そうならないとアジアではともかく他ではキツイかなというのはあります。ま、そこは日本も全く変わらないのですが(笑)

しかし、アジアからオーストラリアを追いだす動きもあるということらしいですが、チャンピオンチームを追いだすのは中々難しそうな気もします。
と言いつつ、昔イスラエルにヨーロッパに行ってもらったわけですけど。

スポンサーサイト
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる