倉庫の火災


オーストラリアやカリフォルニアなどで発生した山火事が数日間燃え広がる…というのは聞いたことがありますが、日本ではあまりそこまで大きな山火事の話は聞きません。
が、埼玉県三芳町にあるアスクルの倉庫で発生した火災は、3日近く経ってなお燃えているという話だそうです。

雑居ビルとかでの火災でもそうですけれど、実際問題倉庫もキチキチに物を詰めるなんていうことがありそうで、一回火が広がったらいくらでも広がってしまうようなイメージはあります。もちろんそうならないために法律とかで制限しているのでしょうけれど、中で働く側からすると物も多いしどないせよということになりそうな話とも思えてきます。クリスマスなり年末年始になると運ぶものも多すぎて延々荷物が増えていくなんていう話もありますし、そんな時に火災が起きたらもうえらいことになりそう。

今回の調査等で色々不備とか出てくるのでしょうし、それに対する改善指示も出るのでしょうけれど、物そのものについては完璧な改善は難しそうでスプリンクラーの設置なりそういう方向でないと根本的な解決にならないのかもしれません。
ただ、スプリンクラーを設置するだけの余裕があるのかというとそこも微妙ですし、そもそも「火災が発生しまして、大参事を回避するためにスプリンクラーが発動しました。結果、お客様の荷物が水浸しになりました。申し訳ございません」という話になって納得する人がどれだけいるのかという話にもなりそうですが(苦笑)
スポンサーサイト

北朝鮮・リアルな大河ドラマ?


最近の日本ではあまりないですが、中国や韓国だとおどろおどろとした宮廷モノの歴史ドラマなんてのがよくあります。
でもあれ、歴史上のものでもフィクションでもなく現実のドラマでもあるようです。

というくらい唖然としてしまう北朝鮮の内部抗争劇ですが、マレーシアまで工作員送り込んでってのは何ともすごい話です。
あ、まあ、日本も40年以上前には一度やられたことがありましたか。こちらは韓国の方で、暗殺までには至りませんでしたが。

ただま、ディズニーに行きたいという理由で逮捕されたことがあるせいかやや親しみがある?(とりあえず現在の正恩よりは)、金正男氏でしたが彼が仮に金正日の後継者となっていたら北朝鮮がよりよくなっていたかというとそこはまあ疑問ではあります。
ぶっちゃけどちらもトップに立ったら本人よりも取り巻きとかがでてくるわけですし、現在の北朝鮮の状況だと余程とんでもないことでもしない限りは国家状況が改善するわけがないわけで、うまくいかない状況だと相手方の巻き返し(すなわち自分達の粛清を意味する)が怖いから弾圧するしかないって話になってきます。正男氏がトップになっていたら残る二人の方がどこかで細々暮らすことになったり、暗殺されたりしていたんじゃないかなとなるわけで結局のところ行き着くところまで行きつくしかないような感もあります。
精々暗殺される場所が国外ではなく、北朝鮮国内であった可能性が高いくらいな感じでしょうか。

どのくらいのスパンでそうなるかは分かりませんが最終的には「そして誰もいなくなった」的な状況になりそう。
隣国としてはとにかく巻き添えをできるだけ小さくする方向性で色々考えていくしかなさそうな感もありますね。。

出家で引退


戦国時代とかで出家して家督を譲るみたいな話はよく聞きますが、出家して女優を引退するという話は中々目新しいものと感じました。

という件ですが、例によって私は芸能界には疎いので引退した方については全く存じ上げませんでした。
ただま、実のところこの話を聞いて昔の縁切り寺の話を思いだしてしまいました。
江戸時代とかでは女性の側から何かしらのアクションを起こすことはほとんどできなかったわけですが、離縁についてはそこに駆け込めば成立しうるというような場所ですね。

ニュースなどで出ている「引き受けている仕事があるのに放りだすなんて」というのはもちろん非常にうなずける面もあるのですが、それを全肯定してしまうと某電通さんではないですが仕事仕事と強要して社員を自殺させるようなことも正しいというようなことになりかねませんので、話半分というようなところもあります。待遇面とか色々あげられていますが、縁切り寺に駆け込んだ女性の中にもそういう待遇以外の部分に不満があった人もいたでしょうな~ということも思ったりするわけで、まあこのあたり人生の中で夫婦関係も大切ながら仕事も大切なわけで第三者があれこれ言い難いところはあるのかもしれません。

最近は仕事が流動的になりつつあるわけですが、それによって逆に心理的強制が強くなるという側面もあるわけで中々難しいところです。ぶっちゃけ労働基準監督署とかが縁切り寺と言いますかきちんと裁定できればいいわけですけれど、どうもそういうのは期待しづらい感じはありますからね。
ただま、あんなところに駆け込まれないようには頑張ってほしいなとも思ったりした次第ではあります。

国民と国家


フランスで日本人留学生が行方不明になっていて、チリ人の男が指名手配されているものの、チリが積極的に捜査をしないという事件が現在進行形で進んでいます。

被害側にいる日本側としては、チリの煮え切らない態度にイライラしているところがあるわけですが、これ、逆の立場だったらどうなるんだろうというのも気になるところです。
日本人がそういう感じで潜伏している場合とか。

この場合、日本政府がどうするかというのは正直分かりませんが、少なくとも世論的には「そんなとんでもない奴は相手に引き渡してしまえ」という風になりそうな気はしますし、仮に政府が「正式な手続きがない以上、日本国民を引き渡すことはしない」と毅然と言った場合にも「日本の恥だから渡してしまえ」みたいな文句が結構出てきそうです。

と言いますか、チリの公的機関の返事などはニュースになっているわけですが、チリの世間はどう考えているのかというのも気になるところではありますね。そもそも知らんというのが多いような気もしますが、仮にアンケートを取った場合に政府や警察と同じく「同国民を理由なく引き渡すなんてナンセンスだ」という矜持を示すことになるのか、「えぇ~、そんなはた迷惑な奴いらないよ」という風になるのか。

そういう国民性がどうなっているのかというのも調べだすと面白いかもと別の方向に考えがいきがちな事件ですが、なるべく早く解決してほしいものです。

慈善事業の本音


白組のクリスティアーノ・ロナウドがシリアに多額の寄付をしたというニュースがありました。
彼に限らず、この手の慈善事業に対してはやっかみ半分で「売名行為だ」とか「税金対策だ」とかいうような声があがり、ロナウドに対してもコメント欄にはそういうのも散見されたりする側面があります。

ただ、この税金対策という点については誰の話か忘れましたけれど、実際にそういう側面があるということを認めていた人もおりました。といっても、自分が払うのが嫌とかそういうのではないみたいなんですけどね(もちろん本心がどうかは知らない)。
税金を払うとそれは国が使うわけですが、まあ、古今東西問わず役人はあまり税金の使い方が上手ではないというような印象があります。上手でないだけならまだマシで、自分のために使ってしまうようなことだってありえますね。

そういう認識はもちろん大富豪の方々にもあるわけで、「あんな役人に自分の金を変に使われるのなら、自分で慈善事業起こした方がより有意義に金が社会に回る」というような認識があって、だから慈善事業起こしたり寄付するというような話なのだそうです。

日本でも消費税増税は社会保障対策だとかいう話がありましたけれど、実際に上げてしまった後本当にそうなるかという保証はないわけですね。もちろん公だろうと民だろうと組織になってしまうと完全に効率的な金の使われ方というのは存在しないはしないでしょうけれど、せめて使途くらいは決めたいというのはあるんだろうなとその時妙に納得したものでした。
ま、例えば孫さんとか柳井さんとかがいて、この人達を「胡散臭い人達」という人はいるかもしれませんが、「実のところ彼らは役人や地方議会の議員よりバカだ」と思う人はまずいないでしょうからね(と思うのだけど、Wさんとか見ているとあまりそうでもないのかも[コラ])。

私もそういうお金の使い方とかできるようになりたいですが、なりたいと思うだけで実現することはまずありえないでしょう(笑)
プロフィール

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる