内閣改造


本日、内閣改造が行われて、ある程度実績のある人が多めに選ばれたという話がありました。
ただまあ、これってある意味当然な感じがするわけで、そうでなくても最近やらかしたりしている人が叩かれて支持率下がっている状況ですから、新大臣になる人なんかは恰好のターゲットになりそうなものです。それこそ、今までは黙っていたけれどもこういう時のために取ってあるスキャンダルなんかもあるかもしれないわけで、話題性とか狙って変な人を指名するというのは無理からぬところだろうと思います。

ただま、若い政治家さんなんかで地道に勉強したり仕事していたりしていて、「こいつなら大丈夫だろう」というような人がいれば大臣は無理にしてもそれなりのところには入れそうなものです。そういうところから実績というのを積み上げていけば今は地味でもそのうちそれなりのポジションにはつけるんじゃないのかなという感はあります。
ポッと出た若い政治家さんにはウケ狙いの人が多い感もありますけれど(とはいっても、SNSなり何なり広まったからそう見えるだけであって昔もそうだったのかもしれませんけれどね)、地道にできる人とかが増えていってほしいものです。
スポンサーサイト

耐震よりも耐水かも


ここ数年、初夏から秋にかけては台風が来たりとか豪雨で街が半分水没したとかそういう話をよく見聞きします。
ただ、そういう際に何が原因か(温暖化が進んでいる?)とかは話されたりしますが、今後どうやっていくかというのはあまり聞かないようにも思います。例えば地震だとどのくらいの被害が出てどう進むのかというのが頻繁に話されますが、水に関してはそこまで徹底したものは聞きません。

もちろん、地震が発生すると大きな被害が出るわけですが、最近は毎年のように大型豪雨が起きていますので今後水対策はより必要になってくるような気がします。治水なんていうと歴史シミューションゲームみたいな話ですが。
もちろん、山間部と都市部とでは対策等が全く変わってくるわけで、ある意味地震より大変だろうとは思いますけれども。

ところで以前も触れましたが、こういう水害とかが多くなってくると次の元号というのも考えものかもしれません。
今の「平成」というのは「平らかに成る」くらいの意味だろうと思いまして、本来の意味は素晴らしいものなのだろうと思いますが、平らかになって水が流れにくくなっている要素も呼び込んでしまいましたので(コラ)

宗教学校の経営譲渡


駒大苫小牧高校というと、田中将大らを擁して甲子園優勝もしたところですが、大学も苫小牧にあったんですね。
しかし、学生が減少しているということで京都の学校法人に経営譲渡したいとしたところ、この譲渡先が儒教系のところなので「仏教系の住職になる資格を得られない」と学生が差し止めを求めたという中々ややこしい話になっているようで。

確かに学生時代に家がお寺なのでということで佛教大学以外の選択肢がないという同級生がいましたが(かなり成績が良かったので当時「もったいないな~」と思ったりした)、私個人は今まで生きてきて住職になろうと思ったことがなかったので、資格が必要というのはちょっと驚きました。
ただ、調べてみたら公的な資格というわけではなく、それぞれの宗派で学歴なり何なりが必要になっているということみたいですね。そんな制限かけんでもいいんじゃないかという気もしましたが、宗教家というと胡散臭いイメージもつきまとうわけで、何もないとインチキ宗教家に語られかねないのも事実。仕方ないところではあるんですかね。

しかしまあ、そういうのがあるのに違う宗派に経営譲渡しようという苫小牧駒大もかなり迷惑な感はあります。
ただまあ、実際に住職になるつもりの学生さんがどの程度いるのか分かりませんし、住職になるのなら別のところに行けばいいという見方もあるのかもしれませんけれども。

SNSは拠り所?


私はSNSではこのブログとツィッターを使っているわけですが、スタンスとしては自分が楽しむためにやっているという感じです。なので最近放置も多くなっているわけですが(苦笑)

その裏返しの話としまして、やたらめったにSNSにはまったりしている人に対して「そこまでするものなのかな~」と思うこともあるわけですが、ここしばらく有名人の中でも「そこまでやるのか」というような方がおりました。

まずは、松居一代さん。見るつもりもなかったのですが、見たらあれはびっくりな感じでした(苦笑)
で、もう一方は既に故人となってしまいましたが小林麻央さん。

「この二人一緒にするなよ」と突っ込まれるかもしれませんが、私とかなら絶対に書かないようなかなりプライベートなこととかも書いていたという点では共通しています。もちろん、片方はBBCが取り上げたくらいポジティヴな方向性で評価されて、もう一方はかなりネガティヴな評価を食らっているわけですが。

で、この評価の違いというのはどこにあるかというと、片方は自分のためでもあるのでしょうけれど一方で他人のためにも書いている側面があって、もう片方は完全に自分のためだけに書いているというあたりな感じなのかなと。

ということは、私があまりムキになってSNSをやり始めるとかなりよろしくないのかもしれません。いや、バイ●グラ100mlとかそういうようなことは書かないと思いますが…いや、絶対大丈夫とは言えないかな(苦笑)

都議選


NHKの開票速報を一部聞いていて気になったことがありました。
最初から聞いていなかったので、都民ファーストと自民党は見てなかったのですが、その後でてきた公明党、共産党、民進党、維新のお偉いさんが「候補者、党の方々には大変頑張っていただき」と言うわけですね。確か公明党は学会員の方々が入り、民進党はサポーターの皆様方が入っていたかと思いますが。

もちろん、候補者の人達と党のみなさんとかサポーターも頑張っているわけですが、ここで「有権者の方々もありがとうございました」みたいなのがあってもいいんじゃないかと思うんですよね。もちろん、(投票所行かなかった人も含めて)入れてくれなかった方が圧倒的に多いわけですけれど、ただ、入れた入れない関係なく今後そういうのと接していくわけですし「どうせ誰入れても同じじゃん」みたいなことを考えていそうな人達にはそういうのがあるだけで「お、この人全体を見ているな」というイメージが与えられるわけで。
首相もキレて内輪以外を敵対視するようなコメントしたみたいな話もありましたしね。
それはまあ我々は小早川秀秋のようなものなので信用できないと思われるのは仕方ありませんけれども(笑)

今回自民党は負けに負けてしまったわけですけれど、国政ではともかく地方では結構負けていることもあるので、巷言われるものだけが問題というわけでもなかったような感もあります。もちろんあの一連の問題があったから負けに拍車がかかったのは間違いないですが。

都民ファーストの新しい人達がどのくらいできるかは全く分かりませんが、都の色々な部分を浮き彫りにしてくれるくらいは期待しているので、そこは頑張ってほしいですね。
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる