遂に11連敗(の陰で)


スワローズも引き分けを挟んで6連敗中です(苦笑)
ブキャナンが抑えても点が入らないということで、こちらも浮上のきっかけが中々なさそうな感じです。

実際に試合を見ていたのは巨人と獅子の方でしたが、途中までは完全に巨人の流れって感じだったんですけれどね。初スタメンの陽がタイムリー打って、流れに乗るはずなのですが。
そこは連敗中のチーム、一個や二個程度ではダメなのか菅野がすぐ取り返されてしまい厳しい状態に。

菅野って成績は凄いんですけれど、プレッシャーのかかる試合ではちょっと弱い感があるような気もします。WBCのアメリカ戦とか抑えている試合もありますが、昨年のカープとの試合とか、スワローズとの天王山で小川にタイムリー打たれた試合とか。

最後は中継ぎ陣が崩壊してしまってあえなく2失点。浅村のHRも食らってしまって…と書いたら何か昨年の投壊スワローズを見ているようで親近感を覚えてきます(苦笑)

で、まあ、負けが込むと生え抜き軽視だとかそういう姿勢が批判される訳ですけれど、巨人ってもともとそんな沢山生え抜きいたんかって感はあります。どちらかというとFAで来るべき大物選手が巨人ではなくMLBに行くようになってしまって重要な補強源が弱くなっていることの方が問題なんじゃないかという感はありますね。20年前くらいなら、ダルビッシュ、田中、前田のうち2人くらいは巨人に行っていたわけでしょうし、そのローテ相手なら正直他からするとお手上げな感じです。で、他のチームのアンチ巨人度が増していく流れと(笑)

だから私の印象としては、巨人の戦力が弱体化している印象はありますが、それは彼らのFA戦略がいけないわけではなく、むしろFAでもっと勝負しなければならない感覚はありますね。
スポンサーサイト

白鵬、38度目の優勝


白鵬が38度目も全勝優勝

既に優勝は決めていましたが、千秋楽も日馬富士との競った取り組を制して全勝で38度目の優勝を決めました。12年連続で年1度は優勝しているということでこれもまあ凄いものです。
強さという点では一時期に比べると明らかに落ちていますが、ここしばらくは序盤をうまくごまかしつつ中盤以降ペースアップという形で優勝をもぎ取っている感はあります。この辺は自分の型にこだわる他の関取衆とはやはり違う感はありますかね。
とりあえず来場所は1047勝という最多勝利数がかかっているようですが、これはさすがに突破しそうです。優勝40は今場所のように行けば簡単に達成できそうではありますが、順当なら優勝という時代ではなくなったのでタイミングを逃すと苦しいかもしれません。

来場所は稀勢の里が戻ってきて、高安も大関になる等より熾烈な争いを期待したいものです。


U20は決勝トーナメント進出
試合を見始めたのが前半10分でその時点でイタリアが2点取っていて、「おいおい」という感じでしたが、そこからの展開は日本がほぼ支配しておりました。特に後半はほぼ一方的で、イタリアはチャンスらしいチャンスも一度か二度くらいしかなかったイメージです。なので欲を言えばもう少し点を取りたいところではありましたが、そこら辺も日本らしいといえばそうなのかもしれません。

しかし、2-2になった終盤に「このまま両方決勝トーナメントに行こうぜ」という暗黙の合意ができたのはいいのですが、もう少し最後まで頑張って試合しているよ的な風にはならなかったものなんですかね(笑)
特にイタリアはユーロでスウェーデンとデンマークが2-2で勝ちあがった時には「恥ずべきことだ」とか言っていたわけですし(コラ)


1勝対10勝
今年の巨人は完全にカープにカモにされていて、今日も負けて巨人から見るとこんな対戦成績になりました。
歴史的に強いチームですので、巨人にこのくらいカモにされるチームとかは時折見かけるような気もしますが(特に関東の青系ユニフォームの2チーム)、その逆というのは中々ない気がしますね。


陸上と記録


アンチ・ドーピングの観点から2005年以前に作られた世界記録をいったん抹消しようとかいう試みがあるのだとかいう話がありました。
まあ、確かに一部「明らかにドーピングしていないと無理そう」という記録もあるようですが、全部抹消というのもまたかなり極端な感じはありますね。
それだったら箱根駅伝みたいにちょっと長さを変えて…例えば100.5m走とか199.65m走にして「これまでの記録は距離が違うから有効だけどこれからのものと比較すると参考記録です」みたいな感じにした方がいいんじゃないかと思えてきます。

で、そんな議論がある傍らでスポンサーが主催になって、マラソンで徹底的に記録を作ろうという試みもありました。
ペースメーカーを沢山走らせて風よけをさせたり、給水も至れり尽くせりな形にしてというここまでやるのも中々すごいなという話でしたが、残念ながらそれでも目標の2時間切りはできなかったのだとか。
「参考記録だから好きなようにやらせろ」とここまでおおっぴらにやると、特別問題ということもなさそうですけれど、おおっぴらにやってはいけないところでも記録を作るためにこれと似たような暗闘はあるのかもしれず、WADAさんとかも頭が痛いところなのかもしれませんね。

しかし、2005年以降も結構ドーピング違反が発覚しているのに、何でまたここで区切りをつけるんですかね。
血液サンプルとかがしっかり残っているということなのでしょうか。

忘れかけていた名前


良くも悪くもファイターズの斎藤佑樹は投げるだけで記事になります。
彼の現在地点は一軍・二軍当落線でしょうし、チーム自体が現在絶不調な中でそれということになりますともう少し頑張ってほしいところではありますけれども。

アマ時代にスターになると現在地からかけ離れて何時まで経っても大きく取り上げられるというのは必ずしも野球だけには限らなくて、例えば先月引退を発表した陸上の柏原竜二氏なんかも「山の神」といわれ続けて色々大変だったような感はあります。
こういうのは今に始まったわけでもないわけで、まあ日本はこういうのが好きなのだろうなぁと思っていて、それだけではブログに取り上げることもなかったのですが、先だってはティム・ティーボウの3Aか2Aの成績についての配信記事が出ていて「必ずしも日本だけでもないらしい」と思うに至りました。

ティーボウと言われても普通の人にはピンと来ないでしょうけれど、この人はカレッジフットボールのスター選手としてはかなり大きな存在でした。
ただま、斎藤と同じくプロではどうだろうといわれていて、実際入ったNFLではさっぱり。その後野球に移ってもマイナーを行き来しているだけで斎藤佑樹よりダメな感もありますが、日本のニュースにもなるくらい向こうでは話題にはなるということなのだろうと思います。

2人ともここから飛躍して、例えば斎藤が15勝するとか、ティーボウがメジャーのレギュラーに定着するかとかそういうのはなさそうな感はあります。
ただまあ、もう一度くらい彼らの意地を見てみたいとは思いますね。

監督の指標


スポーツ選手の価値というのは印象によるところが大きくて、実際どのくらいなのかというのは中々分からにくいものです。
「この人は成績的には目立たないけど影のMVPだ」とかそういうことをよく言ったりしますし。

ただし、近年はデータ等を駆使して様々な角度から見られるようにはなっております。
中でも顕著なのが野球特にMLBでWAR(Win Above Replacement)という数値があって、メジャー最低レベルの選手と比較してその選手がいることでどの程度勝利数が増えるのかが計算されています。まあ、色々なところが計算していて数字が一致しないというのはあるのですけれど。

個人的には監督とかのWARがあったりすごく楽しいことになりそうなのにというのはあります。
もちろん成績が何一つないわけで(チームの勝ち負けという数字はあるが)、データを入れようがないというのはありますし、また代表ともなると国毎にレベルがかなりまちまちで、「代表の最低レベルの監督」というのの定義自体が難しそうになってくるわけですが(苦笑)

実際にできるとすればどんなスポーツでしょう。NFLあたりですかね。シチュエーションと採用している戦術は明確ですしその相性なり何なりというのが比較はしやすいところです。
ただま、グラウンド上のミスなどによって大きく変わるわけですし、またリーグトップクラスの選手がいたりして無理無理作れるケースなどもあるわけで難しいは難しいですかね。
試合中に関しては監督の関与が少ないサッカーの方がうまくいくのかもしれません。交代のタイミングとその効率性と、あとは前後半の中身を数値化したりすればいいですからね。

スーパーコンピューターとかあるわけですし、そういうので将来的に分かったら面白いなと考えたりしたわけですが、もっとも、そこまで分かるようになると監督よりスパコンが指揮した方が強くなったりするのかも…(爆)
将棋とかチェスとかでは既に人間は苦労しているわけですが、たまに監督批判として「選手はチェスの駒じゃねえよ」というのがあったりします。チェスの駒みたいに扱うタイプの監督さんは将来的には本当に駒として扱うコンピューターに職を奪われてしまうのかもしれません(汗)
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる