FC2ブログ

台風去ってまた台風


昨日、電車に乗っていたらすぐ前にいた全く知らない人が着信があってスマホを取り出したのですが、そこに知っている人の電話番号が出ていてちょっとびっくりしました。社会は狭いものです。
たまに成人サイトとか見ているのもちょっと目に入ったりするのですが、さすがにそれは知っている人に見られたりしたらどうするんだろうというようなことも感じたりします。

閑話休題。
24号は人的被害はそれほどではなかったですが、関東は電車が止まったりで大変でした。私は新宿駅で超混雑に巻き込まれたわけですが、JRの入場制限はたまに見ますが、丸ノ内線までやっているのは初めて見ました。
で、去った後10月とは思えないほどの暑さも残していったのが迷惑でしたね。佐野は34.3度まで上がったようでまさかこの期に及んでランキング変動があるのかとちょっとハラハラしておりました。

で、24号がいなくなったと思ったらもう25号が近いところまで来ていて、こちらも西日本にはかなり影響を及ぼしそうという話です。勢力は24号よりも上になるかもしれないということで、もうどうすればいいんだレベルの話ですね。
この調子だと冬は冬でものすごく寒かったり、あるいは凄い雪が降ったりするのかもという嫌な予感もしたりしまして、それは外れてくれることを祈るばかりです。
スポンサーサイト

台風一過


台風21号は何年かぶりかの凄い台風というような話でしたが、実際大きな爪痕を残していきました。
もともとは大阪に住んでいたので、知っている場所がかなり大変なことになっている動画などを見てびっくりしていました。関空も大変でしたね。

といいますか、今年はすごい猛暑ということで東京オリンピックの気温が取りざたされてもいましたが、よく考えるとその合間に台風も来ていて交通機関をストップさせたりもしていました。猛暑よりは可能性的には低いと思いますけれど、それなりの規模の台風が日本に来たら関東圏の交通網がマヒするということは十分ありえそうです。
近年のオリンピックで日程が延期されたというケースは多分ないと思いますが、暑い分には「選手や観客は覚悟しなさい」と開き直らせることもできそうですが(もちろんそれはどうなのかという話もあります)、雨風はどうしようもないわけである意味主催側には猛暑よりも怖いのかもしれませんね。

この台風の影響で3日は北九州が、4日は到来前に石川で猛暑日到来となりましたが、さすがに時期的な問題もあって勢力のより弱い20号の時みたいに40度連発というようなことはありませんでした。
ただ、北海道最北にある利尻島の中泊では極値近い気温を記録したりしていましたので、威力が低いわけではなかったのかなというのはあります。

選手権の方もとりあえず落ち着いてきて、来週末くらいには多分終焉を迎えていそうです。残念ではありますが、涼しくなってくること自体は悪いことではないですね(笑)

記録的猛暑も終盤戦へ

8月も残り1週間ですが、8月に入ってからまとめは一度もしていませんでした。

2018高温選手権・8/24時点順位
1.多治見(岐阜) 232p ☆5 ⑧6 ⑨6 ◎4 ◆1(7月)
2.美濃(岐阜)  217p ☆4 ⑧7 ⑨4 ◎4
3.久留米(福岡) 155p ☆6 ⑧7 ⑨1 
4.名古屋(愛知) 124p ☆2 ⑧5 ⑨6 ◎1
5.日田(大分)  118p ☆5 ⑧3 ⑨2
6.八幡(岐阜)  102p ☆2 ⑧8 ⑨4
7.京都(京都)  98p ☆1 ⑧11 ⑨3
8.揖斐川(岐阜) 96p ☆3 ⑧4 ⑨7
9.金山(岐阜)  90p ☆2 ⑧5 ⑨2 ◎2
10.伊勢崎(群馬)  85p ☆1 ⑧6 ⑨2
11.豊田(愛知)  82p ⑧2 ⑨7
12.岐阜(岐阜)  78p ☆1 ⑧4 ⑨6
13.熊谷(埼玉)  74p ☆1 ⑧6 ◎1 ★41.1
14.館林(群馬)  59p ⑧7 ⑨1
15.豊岡(兵庫)  58p ☆1 ⑧5 ⑨1

8月前半は完全に岐阜の天下で金山、美濃、多治見が40度を連発するという異常事態。それにつられて200万都市名古屋までも40度を超えてしまうという灼熱の東海でした。
11日までに岐阜は都道府県別で900p。これはもう1000も突破しそう…と思ったのですが、24日時点でも岐阜のポイントは900のままです。暑さの中心が九州から日本海側に行ってしまいました。
その日本海側では中条、三条、大潟の3地点が昨日40度を突破してしまいました。より北の山形、酒田の40度以上の記録がありましたが、まあ、そういうことは本当に起こりうるということを示してくれた感じですかね。

ということでランキングもかなりすごいことになっています。
前回の猛暑だった2013年(ただし9月1日時点なのでまだ今年は一週間ある)と比較すると、100p超えの地点こそ1つ少ないですが、首位多治見だけでなく2位の美濃も2013首位の江川崎(209p)を上回っています。15位の得点も10p上、20位のポイントも7p上でして、上位地点は2013年と比較しても2位一回分くらいは稼いでいます。もちろんランキングポイントには限界があるわけで、それだけ38度以上を出しているということになります(汗)
唯一の例外は館林でして、勝ちがなく、39度以上も1度しかないというやや寂しい状況です。とはいえ、伊勢崎と比べて絶対的に負けているというわけでもなさそうなので、勝ちを拾う時もあるのかもしれませんが。

各賞は以下の通りです。一番苦しいと思われていた最高圧勝は富山が達成しました。
勝利数:6勝 久留米
最高気温:41.1 熊谷
最高圧勝:1.5度 富山

都道府県別は以下の通りです。
1.岐阜900 2.愛知260 3.新潟233 4.福岡226 5.京都214 6.群馬212 7.埼玉154 8.大分130 9.熊本109 10.佐賀103
こちらに関しては2位以降は2013年とあまり変わらない…というか、ちょっと下です。ただ1位が(笑)
2013年の高知は412で、倍以上行ってしまっています。
あと、新潟は7月28日に75p、8月23日に136pで二日間でほぼ全部稼いでいます。ツボに入ったら半端ありません。

暑さは9月上旬まで続くらしく、記録的な猛暑の記録はまだ伸びる余地がありそうです。
さてはて、どうなるのでしょうか。。

記録的な7月が終了(高温選手権)


6月下旬から一気にハイスパートで駆け上がっている2018高温選手権。
長い7月がようやく終結しました。

2018高温選手権・7/31時点順位
1.多治見(岐阜) 140p ☆3 ⑧4 ⑨3 ◎2
2.京都(京都)  78p ☆1 ⑧9 ⑨2
2.美濃(岐阜)  78p ☆1 ⑧4 ⑨2 ◎1
4.揖斐川(岐阜) 70p ☆3 ⑧4 ⑨4
5.久留米(福岡) 67p ☆2 ⑧3
6.伊勢崎(群馬)  66p ☆1 ⑧4 ⑨1
7.熊谷(埼玉)  57p ☆1 ⑧3 ◎1 ★41.1
8.豊田(愛知)  55p ⑧1 ⑨4
9.日田(大分)  54p ☆3 ⑧2
9.八幡(岐阜)  54p ☆1 ⑧4 ⑨2

7月といっても初旬は何だかんだで35度に届かない日が何回かあるものですが、今年は日間1位が35度に届かなかったのは一度のみ。残りはすべて猛暑日以上で、しかも40度39度当たり前という記録的な年になりました。
そんな状況ですので10位にあたる9位タイの八幡と日田が既に54p。過去の7月終了時点の10位はといいますと、2013年を除いて16~19pしか取れていません。2013年は37pでしたが、それでも今回の10位と比べると1勝分以上の差がついています。ただま、2013年の7月終了時点の10位はその年トップになった江川崎だったんですけどね(笑)
では首位はというと、これはまあ、旧館林が2015年にひたすら勝ちまくって155pというのがありました。ただ、その時の館林は7勝していたのに対して、今年の多治見はダントツトップですが勝ち自体は3つ。同じ岐阜でも揖斐川や美濃、八幡が勝利を収めていましてこのあたりも超ハイレベルな2018の一因となっていそうです。

各賞は以下の通りです。今年はひょっとしたら最高圧勝は出ないかもしれません。
勝利数:3勝 多治見、揖斐川、日田
最高気温:41.1 熊谷
最高圧勝:該当なし

都道府県別では記録に残る2013高知を岐阜が7月の段階で追い抜きました。600くらいまで行ってしまうんでしょうか。
1.岐阜442  2.群馬150  3.京都147  4.愛知126  5.埼玉122  6.新潟97  7.福岡94  8.大分64  9.東京59  10.福島51

8月も例年より暑いという予報が出ている2018。果たしてどれだけハイレベルな争いになるのでしょうか。

あついぞ!撤回で新記録


五日前に多治見が久々となる40度を記録する等、連日猛暑が続く東海道地域。
遂に、あの地点が江川崎の記録を塗り替えてしまいました。

2018高温選手権 7/23時点順位
1.多治見(岐阜) 118p ☆3 ⑧4 ⑨2 ◎2
2.京都(京都)  71p ☆1 ⑧8 ⑨2
3.揖斐川(岐阜) 67p ☆3 ⑧3 ⑨4
4.伊勢崎(群馬)  66p ☆1 ⑧4 ⑨1
5.美濃(岐阜)  64p ⑧4 ⑨1 ◎1
6.熊谷(埼玉)  57p ☆1 ⑧3 ◎1 ★41.1
7.日田(大分)  54p ☆3 ⑧2
8.八幡(岐阜)  51p ☆1 ⑧3 ⑨2
9.久留米(福岡) 48p ☆1 ⑧2
10.佐野(栃木)  42p ☆1 ⑧2 ⑨1

2012年にこの企画を始めた当初、「夏の気温ってのは熊谷が週に1回くらいは1位になるんだろうな」くらいのイメージでおりました。
実際には週一で勝つのは館林であり、熊谷は良くて中位をうろつくか、馬群に沈んでしまう状態で「熊谷全然ダメじゃん」というネタばかり増える状態となりました。
そういう現実に嫌気がさしたのか、熊谷市自体も「暑いぞ! 熊谷」をやめてしまって(別に勝てないからということもないのでしょうけれど)、およそ1年。
遂に熊谷がやってしまいました。41.1度!

う~ん、熊谷ってひょっとすると単純に北関東が勝つ時ってのはダメで東京が高くなる状態になって熱源の中心になるくらいじゃないとダメなのかもしれません。そういう特異布陣なら強いけど実際にはそんな日は数年に一回あるかないかくらいなのかも。
週…つまり7日に1回勝つのかと思っていたら、7年目にしてようやく初勝利くらいの勢いですが、その勝利は特大のものを伴っておりました。
ただしまあ、総合では6位です(笑) 本日31p獲得しましたが総合首位多治見も二度目の40.7度で23p獲得していてほとんど差は詰まっておりません。
明日以降更に伸ばしてくるのでしょうか。

部門賞
勝利数:日田、多治見、揖斐川3
独走賞:該当なし
最高気温:熊谷41.1

部門賞も熊谷の最高気温が輝いております。
ただし! 今年に関してはこれが最高値と断言できないのが恐ろしいところでもあります。

都道府県別もこれだけ猛暑だと豪快に伸びてきます。
1.岐阜394  2.群馬150  3.京都137  4.埼玉122  5.愛知104  6.福岡69  7.大分64  8.東京59  9.福島、栃木47

話題に出てきませんでしたが突如の大覚醒を遂げて40.8度をたたき出した青梅に牽引を受け、東京が8位にあがってきました(青梅は34pで総合15位)。東京自体は39度ですが、ここは旧館林と逆の意味でズル疑惑もありまして他のアメダスと似た条件のところにあれば40度行っていても不思議ではありません。
それはそれとして、岐阜は7月も終わっていないのに過去最高記録2013高知の420を射程にとらえています。というか、8月までで考えれば群馬や埼玉にだって可能性があります。本当半端ないです。

プロフィール

川の果て

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる