Tokyoファースト


地元のネタなのですが、今日ちょっと家の近くを歩いていたら国会議員の若狭勝氏のポスターに目が留まりました。
と言いましても、そのポスター自体はよく見かけるわけですが、今回たまたま中身をちらっと見て、「む?」となったのですね。何に「む?」となったかというと、『東京を変える。東京が変われば日本が変わる』と書かれていたのです。

これの何が気になったかと言いますと、これを例えば他の地域に変えたらちょっと違和感を感じると思うのですね。
『北海道を変える。北海道が変われば日本が変わる』
みたいなのは「北海道生意気じゃね?」というような印象を与えます。
もちろん、東京は首都ですし経済的にも大きな部分を占めているのでしょうけれど、「東京が変われば日本が…」とまでいくと「ちょっと東京生意気じゃね?」というような感に見えてしまいました。
ま、別にそういうことを考えて書いたのではないと思いますし、だからダメとかそういうことでもないのですけれど、これが例えば他の地域の議員だったら、『高知から日本を変える』とかそういう風になるんじゃないかなと思ったりして、そこがちょっと個人的に面白いなと思った次第です。

あ、でも、『沖縄を変える。沖縄が変われば日本が変わる』はどこかの活動家が使っていそうですね(コラ)
スポンサーサイト

退位希望?


一昨日からでしたっけ、各メディアが「天皇陛下は退位を希望されている」というような話を一気にばらまいてきました。

もちろん、実際に話とかしたようなこともない人なので本音がどうなのか知る由もないのですが、政府関係者が「退位は憲法上の問題があって難しい」というようなコメントをしたとかいうのは何かギャグかと思える話です。むしろ、「陛下の真意を重く受け止め、憲法4条等が改正できるかを国民に諮っていきたい。(その後9条とかも改正したいな~)」というようなコメントとかすべきなのに、憲法を理由に難しいとか言ったのであれば「おたくらの言う憲法改正って結局エセなんじゃないの」というような話になってしまいます。

まあ、私としてはこれだけの年齢になって希望するのなら退位を認めてもいいのではないかな~とは思います。

というより、今上天皇の治世というのは経済は停滞しているわけですし、近年はでっかい災害とかも起きています。今、「退位しろ」とか言う人はまずいないでしょうけれど、昔であれば「これだけ色々よろしくないことが起きるということは改元するか、退位していただくか」というような話になっても不思議ではありません。
もちろん今はそこまで古くはないわけで、こういう話をわが身のこととして考えられているとは思わないですけれど、象徴という立場なわけですから災害等に関して何らかの責任を感じているとしても不思議ではありません。実際コメントにも伺われるところがあるわけですしね。
その辺を踏まえるとどこかの元都知事が「私は一つ年上だが苦労している」とかいうのはナンセンス極まりない感じはありますね。「あんたは東京で起きたことにもまともに責任感じてなかったろうが」みたいな話になるわけですので。

憲法改正とにしろ、皇室典範にしろ、何らかに極端に固執するつもりもないですけれど、どちらの立場も浅薄な議論が幅を利かせているのはあるわけですし、今回のとかを契機にきちんと損得勘定とかしたうえで考えたいところではありますね。

イギリスがEU離脱に


今日は朝からイギリスの国民投票一色でしたが、結局EUから離脱するということになったようです。
実際に離脱するのにはまだ時間がかかるようですが、EUが「やめたは認めん」ということらしいのでとりあえず時期を見て離脱は確定のようで。

少し前にはロンドン市長にカーン氏が選ばれたというのもありましたので、何だかんだ言って残るのかな~という気もしておりましたが、どこの国も田舎の方が意見がまとまりやすい分強いということなのかもしれませんね。
もっとも、これでスコットランドとかは独立しようという動きが強くなるのでしょうし、色々ありそうな感じです。離脱派の大きな主張には移民反対というのがあったようですが、経済的に魅力がなくなって移民希望者も少なくなるなんてファクターに進んでいったりするのかもしれませんね。

ただ、これでEUを離脱する地域も増えるかもしれないということで、例えば離脱しそうなギリシアとかポルトガルとイギリスが何かしら連帯するかというとそんな感じでもないでしょうし、ロシアとかと組んで対立軸になるというのもなさそう。
EUも程度の差はともかくとして移民制限をかける傾向もありますし、ISが消滅したりする等の要素があれば案外離脱したけれどもまた復帰、なんていうことにもなるのかもしれません。

欧州なんてくっついたり離れたりで歴史を作っているわけですしね。

銃社会は規制できるか?


アメリカのフロリダ州オーランドで歴史上最悪規模の乱射事件が起きたことはわざわざ言うまでもありませんが、毎度同じようにといいますか銃規制論が出てきています。
ただ、一方でこの手の事件が起きる度に銃の購入件数が増えるという話もあるようです。

後者の話についてはもっともと言える部分はあるわけでして、銃規制と簡単に言っても、人間誰しも後手を踏みたいというのはないわけです。日本は銃が一般的ではないわけですが、例えば分かりやすい護身術とかがあれば、そういうのは人気が出るだろうという社会環境という空気はあります。

もっと分かりやすい例をあげますと例えば、東南アジアでは緊張が高まっているわけですが、「戦争が起きるかもしれないから、戦力を規制しよう」という話が出たとして、「はい、分かりました。戦力を減らしましょう」という意見に賛同するのは、「アメリカは銃とか野放図だ」とか批判している人にも数少ないことでしょう。
でも、これって図式的には「乱射事件が多いから銃規制をしよう」というのとあまり変わらない状況ではありますから、アメリカくらいの社会状況となるとやっぱり難しいのかな~というのはあります。

これを打破できるとなると、警察官が人間ではなくなり機械式のドローンとかになって、ある一定状況を感知すると無条件で対象を射殺するとかそういう感じの状況にならないと難しいのかもしれません。

都知事が辞職


何だかんだと逃げ延びるのかな~とか思いましたが、ダメだったようですね。

しかし、「都民にも責任」とか書いておりますが、実際のところどうなんでしょう。一応都民なのでちょっと反省しつつ振り返ってみましょう。

あの時立候補していた中で、とりあえず田母神氏は既にお金の問題で逮捕されてます。これはもう問題外です。
というか、舛添氏が調査の中で「不適切ではあるが、違法ではない」と弁護士に言わせたのはひょっとするとこのあたりの布石という側面もあったのかもしれませんね。

殿というイメージがある細川氏ですが、こちらも以前お金の問題が指摘されておりました。まあ、wikipediaで見ると実は一番マシだった案件なのかもしれませんが、やはりあまり良くありません。

となると、当時立候補していた中で残っているのは宇都宮氏くらいですが、こちらはこちらでそもそも言っていることに問題がありすぎるということで、ちょっと厳しい感じはします。

この中で選べと言われると正しい選択肢は「棄権する」しかないのかもしれません。

もちろん、立候補していた中には家入氏やドクター中松みたいにそこそこ知名度がある人もいましたし、こういう人達の中には非常に都知事の資質に溢れた人がいたのかもしれません。
そこは反省すべきところかもしれませんが、他の道府県の人達がこういう人達の政策をきちんと読んでいるのかというとそんなことは絶対ないだろうは言うまでもないですね。

ということを踏まえてみると、まず思えてくるのは「ひょっとしたら選挙制度そのものが悪いんじゃないか」というのがあります。
大体からして、今回の中から一人選べというのは無理なものですが、それでまた都知事選やり直しというのはおかしいんじゃないかと。

都知事選の中で、1位票と2位票、3位票あたりまで決めておいて、2位票が一番多かった人が「補欠知事」として常に控えておき、今回みたいなケースで辞職した場合に繰り上げ知事になるということにすべきではないでしょうか。こうすれば組織力とは無関係にそれなりに資質のありそうな人とか残る可能性はあります。
例えば前回みたいなケースで「結局組織力とかで決まるから、泡沫候補とか入れても仕方ないよな~。勝ちそうなのに入れておくか。あ~、でも2位票があるのか。2位票は無難なのにしておくか。3位票もそうだな」となり、こういうケースで生きてきたのかもしれません。

というのは半分冗談ですが、次の知事もすぐに撃沈しても不思議ではないわけですし、選挙費用とか考えても補欠知事選べるようにしておいた方がいいのではないでしょうか。

プロフィール

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる