FC2ブログ

日本以上に少子化な韓国


個人的なイメージとして「日本の色々な面を極端にしたら韓国になる」というようなものがあります。
「うーん」というような話も多いのですが、ただ、「日本を更に進ませたらそうなるかも」というような理解もできるところがあるわけで。

そんな韓国ですが、日本を更に極端にしたら…というイメージ通りといいますか出生率が大変なことになっているらしいというのを先日たまたま目にしました。
去年が1.05で、今年は下手したら1を切るかもしれないのだとか。

1.3とか1.4くらいの日本が現状厳しくなってきていて、「労働力を海外から呼ぼう」というような話になっているわけですが、1前後とかなると社会維持の危機を招きかねない数字であります。

もちろん韓国の専門家とかではないですし、好きも嫌いも含めて韓国関係の本とかもあまり読んだこともないので正確な実情は把握できていないのですが、そういう状況だと北朝鮮との関係強化を考えるというのはありがちな感はありますかね。一応民族は同じという認識なのでしょうし、現状合併したら政治はともかくとして経済社会の部分では多分韓国側が主導権を握れるでしょうから、とりあえず北と一緒になって問題先送りにしようぜと。
以前の日本の入管法でも触れましたが、一見大きな変化に見えることが実は政治家にとっては「現状維持にはそちらの方がまだマシ」というケースが多そうなのは今後気を付けた方がいいのかも。

ただま、付近の国々が認めるとも思えないわけで合併というのはこれは相当難しいところではありそう。そうなった時には韓国も社会維持のために大規模な移民受け入れとかそういう話にならざるをえなさそうなところはあります。人口減が日本より鮮明なのでそうなるスピードも速そうではあります。
とは言っても日本を更に極端にしたのが韓国でして、かのアンネシュ・ブレイビクが「外部からの閉鎖性ということで日本と韓国が最高だ」とか言っていたくらいなわけです。当然反発はものすごそうなところですが、繰り返しになりますがスピードが速いので(そういう点でも極端だ)最初さえ終われば意外と落ち着くのかもしれません。

そうなった時には、日本としてみると結構面倒かもしれないな~と思うわけで、結局民族的には大分薄れてくるところが出てくるわけですが、そうなる分「理念としての韓国人」に移行していくのかもしれないというのがあります。
イメージとしてユダヤ人みたいな人が出てくるわけでしてあちらも民族としてのユダヤ人というのは想定しづらくて、基本的にユダヤ教なり旧約聖書なりのユダヤの価値観を受け入れている人がユダヤ人ということになっています。韓国もそんな感じになっていくのかもしれないと思えるわけですね。音楽とか芸能を見ていると、そういうのの売り込みはうまいみたいな印象はありますし。しかもユダヤ人と同じでいい感じに苦難に溢れていて、「今は苦しくても乗り越えればパラダイスだ」的な部分があるので比較的受け入れられやすそうなところがあります。
ただ、これは日本にとっては非常に困った感じになりそうではあります。韓国にとっての苦難、となると真っ先にやり玉にあげられそうですからね(苦笑)
せめて聖書みたいに666とか暗示レベルにしてくれればいいのですが、そういうのしてくれなさそうなイメージがあるので中々大変そうではあります。

まあ、理念としての、あたりは「そうなりそう」というだけで別に根拠もないのですけれど、日本よりも更に過激な少子化に立ち向かうことにはなるわけで、日本も今後の参考にしたいところではありそうです。
ただ、さっきも言いましたが、スピードが比較にならないので、参考にしづらい部分があるかもしれませんけどね。。

あと、理念としての日本人に行く場合には、日本は明確な困難に立ち向かったことがないというのが売り込みには苦労しそうな気がするなーとか思ったり。
スポンサーサイト

南北朝鮮首脳会談


今日はNFLドラフトがあったり、ハリさんの会見があったりしましたが、やはり一番重要なニュースはこれになるでしょうか。

北朝鮮については今までも前言を翻してきたことがあるので、全面的に信用することはできないでしょうけれど、反面、一回経済交流などを始めると今度は北朝鮮の失うものも大きくなってくるわけでとりあえず何もないよりはいいんじゃないですかね。これで文大統領と金書記長にノーベル平和賞を、というのは勘弁してほしいですけれど。

北朝鮮の問題については、この国をどう処すべきかというのがある一方で、いかにこの問題でババを引かないようにするのかというのも結構重要な気はします。例えば潰すにしてもその費用は誰が出すのとかいうような話で。
日本は半分部外者になりつつある一方で、強硬措置になった場合には結構な負担を強いられそうということで、ババだけ引かせられかねない側面もありましたのでとりあえず時間稼ぎができたというのは悪いことではないんじゃないですかね。

事故と犯罪


吉祥寺で高齢者の運転する自動車が突っ込んで負傷者が多数出たという話がありました。
こういう話は定期的に聞いたりするわけで、その度に「もっと厳しくすべきだ」という話になったりします。

道路上での煽り行為も最近多数報道されていて、下手すれば銃より車の方が被害が大きいのではというような感すらあります。
もちろん日本は銃がダメなので世界ではどうなのだろうかということでちょっと調べてみました。

ネット上の統計サイトですが、これによると人口10万人あたりの交通事故死亡者は世界平均が16人、一方殺人・傷害致死は22.368人ということで犯罪被害の死亡者は交通事故死亡者の1.5倍弱でした。犯罪被害者の種別統計はないですが意外といい勝負かもしれません。

また、犯罪被害者についてはシリアとかソマリアとかむべなるかなというところがかなりいて、それ以外の国についてはあまり違いはないような感があります。
といいますか、国による事情などが顕著なケースもあったりします。
例えばタイ。
犯罪の方は日本とほぼ同じで低いレベルですが、交通事故死亡者率は実質世界2位です。道路事情とか色々あるようですがかなり危なそうです。

世界各国について、治安は色々言われますが交通状況について耳にする機会は少ないような気はします。
が、実際のところ犯罪被害率と交通事故被害率とで極端に違うわけではないので、旅行の際に交通事情と調べるのも大切なのかもしれません。

事件の映画化


昨日新宿駅の地下街を歩いていたら、ボストンマラソンでのテロ事件についての映画の広告が出ていました。
調べてみたら昨年の映画だったようですが、3年前の事件についての映画を作るというのはすごいな~と思うと同時に、「逆に日本ってこういう感じの映画はあまりないな~。というか、できないか」とも思いました。

例えば、『オウム』とかいう映画を作ったりしようものなら、かつてオウムだった組織からも、おそらく被害者からも大クレームが来そうです。宗教絡みがやばすぎるということで『秋葉原の史上最悪の一日』みたいなものを作ってもこれまた大変なことになりそうです。
もっとも、大分昔に起きた三億円事件とか阿部定事件などに関してはそういうのを取り上げた映画があったと記憶しておりますので、そういうものを映画にする意欲が全くないというわけでもなさそうで、やはり関係者の記憶が生々しい状態で取り上げるというのは問題だという認識なのだろうと思います。
考えてみれば私も以前やっていた世界史ワールドカップに関して近現代は関係者もいるのでなるべく取り上げないようにするみたいなことを言っていました。

なので、リアルに存在するであろう他人の不幸のことはあまり考えずに映画などにしてしまうというのはどうだろうと思う部分はありますが、反面、出獄した犯人が手記を書いてそれが大ヒットしたりして犯人が儲けてしまうというような事態もありえます。
また、世田谷事件など犯人が捕まらないまま時間が経った事件について取り上げる時に「風化が怖い」というような話もよく見かけるところ。
アメリカのようにバンバンエンタメにしてしまうのもやりすぎな気もしますが、全く手をつけないというのもそれはそれで問題なのかもしれません。

Tokyoファースト


地元のネタなのですが、今日ちょっと家の近くを歩いていたら国会議員の若狭勝氏のポスターに目が留まりました。
と言いましても、そのポスター自体はよく見かけるわけですが、今回たまたま中身をちらっと見て、「む?」となったのですね。何に「む?」となったかというと、『東京を変える。東京が変われば日本が変わる』と書かれていたのです。

これの何が気になったかと言いますと、これを例えば他の地域に変えたらちょっと違和感を感じると思うのですね。
『北海道を変える。北海道が変われば日本が変わる』
みたいなのは「北海道生意気じゃね?」というような印象を与えます。
もちろん、東京は首都ですし経済的にも大きな部分を占めているのでしょうけれど、「東京が変われば日本が…」とまでいくと「ちょっと東京生意気じゃね?」というような感に見えてしまいました。
ま、別にそういうことを考えて書いたのではないと思いますし、だからダメとかそういうことでもないのですけれど、これが例えば他の地域の議員だったら、『高知から日本を変える』とかそういう風になるんじゃないかなと思ったりして、そこがちょっと個人的に面白いなと思った次第です。

あ、でも、『沖縄を変える。沖縄が変われば日本が変わる』はどこかの活動家が使っていそうですね(コラ)
プロフィール

川の果て

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる