サッカーとCTE


日本代表としてロシアW杯にも参加していた柏レイソルの中村航輔がFC東京戦での失点シーンで相手選手と交錯し、脳震盪を起こしました。

中村選手はW杯中断直前の名古屋戦でも相手選手と衝突して、空中で半回転して後頭部から落ちて脳震盪を起こすというシーンもあり、短い期間に二度目の脳震盪となりました。
アメフットや格闘技等では脳震盪からCTE(慢性外傷性脳症)を起こしているというケースなどがよくありまして、例えばWWEの王者にもなったクリス・ベノワが無理心中をした背景、NFLのスタープレーヤーだったアーロン・ヘルナンデスが連続殺人を起こしたのにこうした影響も多少はあると言われています。

サッカーは上の競技に比べると脳震盪の頻度は高くないので、あまりこうした側面の安全性は問われないところはありますが、だからといって実際に起こしている選手を放置しておいていいということは決してありません。

最近あまりJリーグを見ないので中村選手のプレーをそれほどは知らないのですが、昨年末のE-1選手権での代表でのプレーを見る限りだと判断の遅さを敏捷性でカバーしているようなプレーがちょくちょく見られました(FC東京戦は避け得ないものでしたが、名古屋戦のは判断が正しければそもそも起きなかったのではとも思いました)。判断が遅いということはそれだけ相手選手との距離が近づく危険性がありますし、と言って遅いから動かずにゴール決められるわけにもいかないでしょうから復帰後に同じようなプレーが起きうる可能性は否定できないところはあります。

こうしたことからしますと、コメントの中には「1年くらい休むべき」というのもありましたが、正直1年でいいという感にはとても思えず、プレースタイルを変えられないなら引退してしまった方がいいのではないかというのもあります。もちろん三度目が起きたとして即キャリア終了ということになる可能性はそれほど高くないと思いますが、回数を重ねると後々への影響がすごく大きくなりますからね。
NFLの元選手とかでもかなり後悔しているという話をよく聞きますし。

もちろん、私には中村選手の未来を決める権利など一切ありませんが、周りの人達は真剣に考えてほしいところではあります。
スポンサーサイト

フランス、二度目のワールドカップ制覇


何故かグループリーグで唯一全試合見ていたのがフランスだったのですが、正直優勝するとは思いませんでした。
試合巧者だった…と言うのはもちろんあるのでしょうけれど、スペインやドイツあたりが過渡期に入るなり何なりで自滅してしまって、南米は今や組織面で欧州に対して劣勢になっている…、実力的には唯一対抗しえたのがベルギーでしたがこちらは経験が足りなかったということで相対的にフランスが一番強かったということになるんでしょうかね。

もちろん、若手のとんでもないのが次々と出ているというのがありますし、そうした選手が更に伸びれば今後更に…ということもあるのかもしれませんが、デンベレは問題児的な態度で苦言を呈されたという話を見ましたし、エムバペはもちろんポグバにしてももう少しパーソナリティを強化しないといけないところはありそうでこれがうまくいくのかどうか。うまくいけばいったで我の強さ故に対立してまたフランスらしい内紛劇を見ることになるのかもしれませんね(苦笑)

決勝まで進んだクロアチアはよく頑張ったと思いますが、運がなかったというのもありますかね。FIFAがクロアチアよりはフランスを、と望んでいた可能性は否定できませんが、それだったらイングランドを決勝に行かせるべくもう少し頑張ったでしょうし。

ベルギーは3位を確保。おそらく今回のベストチームでしょう。スペイン、ドイツが立ち直る前に、すなわち次のEUROでタイトル取ってしまいたいところですね。

イングランドは…、まあ、他が自滅しましたから…。このチームが伸びて数年後に大輪の花を咲かせるかというと、何かそこまでは行かないような気もします。

とにもかくにも、選手も観戦していた皆さまもお疲れさまでした。
しっかり休んで、また来季いいプレーを見せてもらいたいものです。

決勝はフランス-クロアチア


う~む、アルゼンチンを倒した時に「クロアチアいいなぁ」と思いましたが、決勝までやってくるとはさすがに想像しませんでした。
といいますか、クロアチアって協会の運営力は参加国の中でも下から数えた方が早いでしょうし、長期視点とかも正直ないようなところで、そんなところが決勝まで来るわけですから、「協会がどうこう」なんていう批判はあんまり正しくはないのかもしれませんね。

逆に今まで「倣うべきだ」としていたドイツやスペインは今回早期敗退していますし、まあ、何が良くて何がダメかなんてのは一概に言えないというのがあるのかもしれません。

フランスの戦いぶりはかなり批判されていましたが、最近のフランスってそんなにかっこよく勝てていることって少ないですからね。強かった…と思われる頃でもジダンとアンリが相性悪いとか(直接のアシストってドイツの時のブラジル戦くらいらしいし)、アンリとトレゼゲが併用されなくてどうこうとかありましたし(アンリとトレゼゲは個人間は仲良しだったらしいけど)。
あとはジダンがストンピングしたり、ジダンが頭突きしたり違う意味で暴れる試合もありましたしねー。

開幕から見ていて、「うーん、フランス。フランス微妙」って感じでしたが、それこそがフランスが勝てる時のパターンなのかもというのはあります。エムバペが大活躍したアルヘン戦にしても、組織皆無のアルヘン相手に結構点取られたりと。

クロアチアはトーナメント入ってからは全試合延長戦でかなり消耗していそうですが、元来「キツそうな時は素晴らしい試合をし、楽そうな時に不甲斐ない試合をする」傾向のあるチームですので、決勝でももう一度凄いプレーを見せてくれそうです。
それでものらりくらり勝てるフランスの方がやはり優位なのかな~という気はしますけれど。

3位決定戦はルカクがハットトリックをしなければ、得点王がケインで決まるということで、どちらも真向から打ち合うでしょうから、こちらは面白い試合になるんじゃないかと期待したいですね。

W杯幕間


ワールドカップもいよいよ準決勝。間隔があいたというのもありますし、何より早い時間の試合がなくなって大変ですが、最後まで頑張りたいものです。

今年のバロンドール
メッシとロナウドが比較的早い段階で姿を消したこともあって、今年は二人の時代に終焉が打たれるのではないかという記事も出ているようです。
ただ、どうでしょうかね。選ぶ側からしてみると横のつながりとかも色々あるわけでいきなり違う選手を選ぶというのも中々難しそうな気もします。シーズンでさえなかったのなら別ですが、シーズン中はしっかり結果を出していますし。

なので、クロアチアが優勝したらメッシで(モドリッチがロナウドの票を食う)、そうでなければロナウドなのではないかと思いますけれども、ロナウドがユーヴェに行ったらまた変わってきますかね。


川島バッシング
「このままではGKになりたいという子が出てこないのでは」という話が出てくるほど、川島へのバッシングが強かったというのがありました。
うーん、あまり選手のSNSとかチェックしたりはしないんですけれどそんなに凄かったんですかね。
記事にあるような、「中村を出せ」とかそのくらいは許容範囲なんじゃないかな~というのはあります。もちろん、例えばマイナー競技の選手とかなら可哀想ですけれど、川島の場合はそれなりに年俸とかも貰っているはずですし。
で、失点の何個かについてはやっぱり責任あったんじゃないかなというのはありますし。他の発言にまでプレーの文句とか言われたりしていると問題ですけれど、プレーについて批判されるのはさすがに仕方ないんじゃないかと思います。

もっとも、E-1とか見ていて中村航輔もそこまで頼れる感じでもなかったですし、そもそも直前のリーグ戦で脳震盪やっての復帰途上ということで川島よりもギャンブル要素が強かったのは間違いなく「中村を出せ」とは全く思いませんでしたけれども。


スペインの次期監督はルイス・エンリケに
今度は任期中にバルサと契約したりして(コラ)

8強の戦い


オウム真理教の指導者・幹部が一斉に死刑執行されたというのは時代の一つの区切りを感じさせる話でした。
報復テロとか東京拘置所が聖地化されるのでは、というような危惧もあるということですが、ここしばらくの天候からして「この大雨は天の答なのだ」とかそういうこととかになったりしないかもちょっと心配なところではあります。

閑話休題
いよいよベスト8に入ったロシア・ワールドカップ。

ブラジルとベルギーについては後半だけ見ました。
前回ベルギーにかなりひどいことを言いましたが、「おまえは見る目がないのう」とばかりに素晴らしい試合をしておりました(笑)

日本戦が反省材料になったのかな~というのもありましたし、あとはまあ、ブラジルもそこまでのもんではなかった的なところがありましたかね。そろそろ多少は上げてくるのではないかというイメージがありましたが、どうにもこのあたりが限界のようでした。
国内では最後の希望的なチッチ監督でもこのくらいだったとなると、日本が今、「日本人監督か外国人監督か」と言っているところがありますが、ブラジルもそういう話になってくるのかもしれませんね。

フランスとウルグアイについては見ていませんが、事前予想では「ウルグアイの方がいいのかな~」と思っておりましたので、こちらも完全に外してしまいました(笑)
イングランドとスウェーデンは何だかんだでイングランドの方が強いのかな~という気はしていますので、これについても外れてほしいものです(爆)
クロアチアとロシアはもちろんクロアチアの方が上でしょうけれど、ここまで来たら何らかの手を使ってロシアが上に行くことも普通にありえそうな気もしています。というか、そういう目で見られかねないのでロシアの選手達も気の毒なところではありますね。

プロフィール

川の果て

Author:川の果て

最新記事
最新コメント
twitter
カテゴリ
カウンター
リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる