アジアとオセアニアは決着


日本はサウジアラビアに負けてしまって、結果、サウジアラビアが2位通過となりました。
結果的にはイラン以外の国はそれぞれが取りこぼしてワタワタしてしまって、強いチーム同士が戦うというより、強いのか弱いのか判断しにくいチーム同士が戦ったという、まあ何というかアジアらしい戦いになってしまった印象です。

他の地域を見ると、アフリカ予選ではカメルーンが早々に敗退してしまったとか。とはいえ、エトーがいなくなって以降はスペシャルな選手はいなくなった感もあるわけで、それほど驚きの結果というわけでもなさそうな感はあります。
ただ、このグループではアルジェリアが勝ち点1で早々に負けてしまっていますし、もう1チームがザンビアなわけですから、そもそも組み合わせが酷すぎたということになりそう。

アルゼンチンの動向が気になる南米予選ですが、6位チリの最終戦がブラジルで、これは勝てそうにないですからアルゼンチンが5位以内に残る可能性は高そう。5位ならニュージーランドなので、まあ大丈夫なんじゃないですかね。

欧州は上の方はここで取り上げるまでもなく話題になっていますので、下の方を見てみますと、これまで最低レベルなイメージのあった国が結構健闘しています。
まずグループAではルクセンブルクがフランスと引き分けるなどして、ベラルーシより上。ベラルーシは時々CLにもチームを送り込んでいるのに。
もっと驚くのがグループBでフェロー諸島がアンドラやラトビアを上回り4位につけています。アンドラはまだ分かるのですが、ラトビアはユーロに出たこともあるのにこの体たらくというのはどうなんでしょうね。
グループCのサンマリノは全敗で、これはまあ仕方ないところでしょうか。Dのモルドバもまあそんなところでしょう。
Eはカザフスタンが最下位で、戦力的に見ると妥当なところでしょうか。とはいえここが一番強い最低ランクな感もあるわけで、中々厳しいグループになったようです。
Fのマルタ、Gのリヒテンシュタイン、Hのジブラルタルも全敗。ドイツワールドカップ前に日本がマルタと引き分けてしまったのはジーコにとっては最大級の誤算でした。
最後のI、コソヴォは勝ち点1です。与えてしまったのはフィンランドでブービー。むべなるかなというところでしょうか(苦笑)

北中米は盟主アメリカが苦戦しています。メンバー見てみると相変わらずのメンバーがそろっていて馴染みはありますが、逆に世代交代が進んでいないともいえるのかも。
アメリカの上の3位にパナマがいるのがびっくりで選手を見てみましたが、こちらは知っている選手がいませんでした(笑)
スポンサーサイト

継続か、解体か


とりあえずワールドカップ進出を決定させたということで、監督や選手も安心しているというような記事が多くなりました。
ただまあ、ハリさんを招聘したのは「ワールドカップに出るため」だけではなかったような気もしまして、ここ2年のマッチメーキングを見ても次に向けての準備が遅れているような感も否めないところではありますが…

ただ、実のところ準備はそんなにしない方がいいのかもしれません。
と言いますのも、日本って南アフリカ大会見てもわかりますように急造チームでもそんなにパフォーマンスが落ちるわけではないからです。むしろじっくり作ったチームの方がイマイチな感があります。

普通ですと急造チームというのは、連携等で大きな問題を抱えるという大きな問題点がありますが、一方で相手にとって読みにくいチームになるというメリットもあります。
じっくり作ったチームはこの逆で、連携面はバッチリですが、逆に相手からすると読まれやすいという問題になりがちです。

で、じっくり作ったチームの方がいいと一般に言われがちなのは、そこに選手のオリジナリティーが加わるからというのが多分あるだろうと思います。ただ、日本人選手の場合はあんまりオリジナリティーというか我意がありません。中田英寿氏や本田のように日本では「わがまま」といわれがちな選手でも海外行けば「プロ意識の高い模範的な選手」ということになるわけですし。

で、模範的な選手が多いということは、急造チームで問題になりがちな連携面についても短期間で非常に頑張るので他国に比べるといい点数が出そうです。
逆に継続路線は相手が(カメルーンとかカメルーンみたいに余程メタメタな状況にない限り)徹底調査して対策を練ってくるわけですから、日本にとってはメリットよりデメリットの方が高いとも言えそうです。

ということで、実のところ日本の場合、常に新しいチームを作り続けて継続路線など採らない方が好チームになりやすいのかもしれないという可能性が出てきます。

私は昨年「原口が調子いい時に強いチームと対戦して鉄を熱いうちに打て」と思いましたし、一昨日も「井手口が調子いい時に(以下略)」と思いましたが、ひょっとしたら1年後だと井手口より下の世代を使うくらいの方がいいのかもしれません(コラ)

オーストラリアに勝利し、ワールドカップ決定


月末スケジュールで随分遅れたわけですが、昨日の試合は一応見ていました。
飲みながらなのでメモとかまったくありませんでしたが。

全部の試合を見ていたわけではないですが、見ていた中では一番いい試合ではありましたね。オーストラリアの惜しいシーンは数えるほどしかなかったわけですし。それもどちらかというと長友がさくっとかわされたりしたシーンが多かったイメージでチームとしてはうまくできた感じに見えました。
逆に長友はどうなのかな~。まあ、長友というか乾も含めて前がかりすぎて不用意なプレーがあったのかもしれませんけれど。

井手口はとても良かったですが、昨年今頃原口がブイブイ飛ばしていて、今は「……」という感じなので、鉄を熱いうちに打てるような親善試合メーキング等をしてほしいところです。

あと、何となく次の大会でもケーヒルはオーストラリア代表にいそうな気がするのですが、果たしてどうでしょうかね(笑)


史上2位はデンベレ


ボーナス込みでほぼ1億5000万€
いや~、出しましたね。バルセロナ。
ポテンシャルは凄そうとはいえ、MVP取ったわけでもない若手選手にここまで出すというのは凄いというか何といいますか。

ただま、これはある意味ネイマールよりも今後の移籍に与える影響は大きいかもしれません。
というのも、例えば白組がアザール狙っているとかいう話がありますが、「デンベレが180億なのにうちのアザールが80億なんてちゃんちゃらおかしいぜ」というようなことになりそうなわけですし。
となると、今後はどこのチームもPSGやらシティ絡みでないと大きな利益が出せないので、その分PSGやシティはやりやすくなる(出費はデカくなるけど)ことになりそうな気配です。

デンベレ本人については、ドルトムントでの態度がよろしくないということで「あんな態度ではダメだ」という声もありますが、前回も書いたデブール兄弟も普通に活躍していましたし、フランス人の我意を甘く見てもいかんでしょう。
ただし、移籍金が移籍金なだけに20点くらい取って当然くらいの立場で見られそうですから、大変は大変そうではありますけどね。


ペレスも負けられない?
ということで、いいのか悪いのかは別にして移籍市場では完全に主役になったバルセロナですが、この状況をペレスが甘んじて受け入れるということはなさそうで、ここから僅かな期間で何かしらすごいことをやってきそうです。
で、話として出ているのはベンゼマ出して、ムバッペを取るのではという話。

これについても「ベンゼマ出すのはどう」という声を見ましたけれど、ぶっちゃけかなりベンゼマ出したいんじゃないかな~という気もしないではありません。選手としてはというのはありますが、何といいましても少し前まで刑事裁判やっていたわけで、しかも「悪意はなかったんだ」的な脱税事件ではなくて、セックステープで同僚を脅迫したとかいうような話なわけですからね。無罪になったとはいっても、イメージはよくないですよね。
私はこういう選手こそ白組やバルサにぴったりだと思うのですが、ペレスはそうは思わんでしょう(コラ)

というか、巨人の山口が酒飲んで暴れた事件で「クビにしろ」と言っていたりする人でも、「ベンゼマ出したらダメだ」という人もいたりするわけで、このあたりは中々面白いといえば面白い話です。


ズラタンはユナイテッドと再契約
1年間の再契約をしたそうで。
まあ、他の選択肢も少なそうな感じでしたからね。アメリカ行にしてもリハビリ明けだと話題にもならないでしょうし。
終盤ルカクが落ちてもズラタンがいるというのは魅力的でしょうけれど、二人とも元気な場合はモウリーニョは頭が痛いことになりそうです。

オーストラリア戦メンバー


は大体予想通りな感じになったんでしょうかね。
このところ、原口、大迫と呼ばれた面々が活躍しているので柴崎あたりには期待したいところですが、先達の二人については調子が落ち気味というか片やケガもしてしまっているのが気になるところではあります。
また、今から短期間で柴崎の良さを活かせるチームにできるかというのも不安なところ。まあ、ここはハリさんに頑張ってもらうしかないということになりそうですが。

ここに来て暑さが戻ってきた関東と、サウジアラビアでプレーすることになりそうで、終わった後のコンディションとかも気がかりなところではありますが、ラストスパートを頑張ってほしいものです。


二段モーション
ライオンズの雄星が二段モーションをしていたということでボークを受けまくっていたという話。
審判団からの注意が行っていたそうなので、何だかなぁという結論になったようです。
実際かなりフォームも変わっていたようですし。

二段モーションを取る必要があるのかというのは中々難しいところで、誰か解説も言っていましたがMLBなら取らないとは思います。ただ、取らないからいいのかという問題もあるわけで逆にこういう細かいところで妥協しないのも日本らしい話なわけで難しいところではあります。


薬物陽性
この前山中をKOしたルイス・ネリでしたが、禁止薬物に陽性反応が出たという話がありました。メキシコなので肉なのではという話も出ていて、私もそんな気がしたわけですが、どうなるんですかね。
無効試合になった場合には一応連勝記録は続く…ということになりそうですが、何だかすっきりしない話であるのも事実です。
私が山中の立場だったらかなり気になりそうです(苦笑)

リンク
もあぱそ

のぶたと南の島生活in石垣島

のぶたと南の島生活

off  the  ball

スコログ

地理屋の思いつき

ふぉるてブログ~小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然~

UMATOTO2号館・本館

Ali della liberta (in Stadio)

スポーツ井戸端会議+α

オレンジころころ

ユーロな日々

スカンジナビア・サッカーニュース

なんでも。

コグログ

おちゃつのちょっとマイルドなblog

◆ Football Kingdom ◆

kaizinBlog

田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

サッカーへ

めぐりあいズゴ

あれこれ随想記

アロマサロンを開いてみて

わたし的ちょこっとだけシアワセ♪

とんま天狗は雲の上

浦和レッズの逆襲日報

大阪から♪Backpackerかく語りき♪

ごった煮

Star Prince JUGEM

Backpacker's♪快晴じゃーなる♪




休止中

阿呆LOG

がちゃの『のっぺ汁』的ぶろぐ。~サッカー中心~

CLUB☆ZECIKA

路上の風景~landscapes on the road

Too Much Information(3?歳のつぶやき...改)

加賀もんのブログ

フットボール問わず語り



【しろうとサッカー研究所】

ごったでざったなどぶろぐ

Renaissance 復興の記

思いつくまま

キングのオキラク蹴球記

破壊王子流勝手日記

What's on

ニセモノのくせに生意気だ

雨雲日和

環境や人生に関するブログ

西ちゃん日記2013

しろくろひつじの見る夢は

あんとんきちなダンナ

漠々糊々

大門の日常

店主のつぶやき

マスドライバー徒然日記

ペッタンコ星人

やっぱり★タムラ的永久崩壊日記

スポーツ瓦版

EMBAIXADA サッカー・フリースタイルフットボール動画館

流れ星におねがいするのニャ!



RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる